江戸文化が詰まった浮世絵の世界を最新デジタルアートで体感できる展覧会

PC

江戸時代の庶民にとって身近な娯楽だった「浮世絵」を、最新のデジタル技術で体感できる展覧会が開催中。江戸文化の面影が感じられる日本橋の茅場町で、浮世絵の中に入り込んでアートなタイムトリップを楽しんで。

更新日:2017/04/11

  • LINEで送る

江戸の「イケメン」を描いた役者絵など、100点以上の貴重な浮世絵がデジタルアートで登場

2017年5月21日(日)まで、日本橋茅場町の特設会場で開催されている「スーパー浮世絵『江戸の秘密』」展。この展覧会は、江戸の生活や文化が色彩豊かに表現された「浮世絵」をデジタルアートにして、絵の中にある江戸文化をひも解いて行こうというもの。

100点以上の貴重な浮世絵の名作を、最新の映像技術で動かして空間デザインと組み合わせているので、まるで絵の中の世界に入り込んだような気分を味わえる。使用する浮世絵は、世界で最も保存状態のよいボストン美術館のコレクションを超高精細のデータにしているので、美しさもそのまま。

会場は、「日本橋」「女性ファッション」「イケメン」「バケモノ」というふうに、私たちにも親しみやすい名前のゾーンで構成されている。写真は、江戸時代の歌舞伎で「二枚目」とよばれるかっこいい役者の絵を集めた「イケメン部屋」のゾーン。

イケメン部屋

二枚目役者(イケメン)の表情が変化する「イケメン部屋」

今回は、歌舞伎役者の六代目片岡愛之助さんがボイスキャストとなって展覧会のガイド役を務める。

ここでは当時のスターだった役者の浮世絵が、愛之助さんの大見得(おおみえ)に合わせて32インチスクリーンの中で表情豊かに変化するそう。江戸の女性たちに見せてあげたら、歓声があがるかも。

人気浮世絵師のコラボも!巨大スクリーンの中で北斎の荒れる波と広重、国芳の跳ねる魚が夢の競演

「グルメ」のゾーンには、実際の浮世絵サイズの約60倍(幅22m)に拡大された、葛飾北斎の名画「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」が登場。荒れ狂う描写の印象的な大波が、現実の波のように激しく動く迫力の映像には、誰もが「すごい!」と立ち止まるそう。

ここでは、歌川広重、歌川国芳の絵に描かれた魚が跳ねるなど、現実ではありえないコラボレーションも。デジタルデータを使っているので、北斎と広重、国芳など有名な浮世絵師の作品が一つの画面の中で動き出すという、夢の競演が見られるのも魅力のひとつ。

グルメ

巨大スクリーンでは、北斎の描いた海に広重、国芳の魚が跳ねる夢のコラボレーションも実現

江戸の女性たちがランウェイを歩く? さらにフォトジェニックな書き割りフォトスポットも

「日本橋」のゾーンでは、浮世絵に描かれた日本橋の様子を、立体の造形と映像で再現。実際に渡れる橋の下にはデジタルの川が流れていて、いろいろな浮世絵からピックアップした魚や亀たちが泳ぐ姿を見られる。

このほかに、見た目も華やかな「女性ファッション」ゾーンや「花街」ゾーンも人気だそう。当時の平均身長に拡大された江戸の女性たちが、ランウェイを歩く様子を見れば、当時の文化やおしゃれ、流行なども分かるはず。

展示の最後には、さまざまな浮世絵の書き割り(舞台背景)を合わせた撮影スポットもあるとか。ここで撮影すると自分自身が浮世絵の中に入ったような写真が撮れるから、SNSの投稿にもぴったり。

「ここでの撮影を目当てに、和装でご来場になる女性もいらっしゃいますよ」と、広報担当者さん。

花街

格子の向こうから、来場者の動きに合わせて美しい女性が微笑みかける「花街」のゾーン

日本橋

浮世絵に描かれたデジタルの風景の中で、実物の橋を歩く体験も

同じ会場では、世界が注目する“和食”を通じて日本の食文化を知る「食神さまの不思議なレストラン」展も同時開催。こちらもデジタルアートを使って四季の食材や和食の調理法などを紹介するもので、最後には一流料理人の特別メニューが味わえる。

最新のデジタルアートで江戸の文化や日本の食文化を知る展覧会は、等身大の江戸を巡る特別な体験になりそう。

「スーパー浮世絵『江戸の秘密』展」の招待券を5組10名様にプレゼント

抽選で5組10名様に「スーパー浮世絵『江戸の秘密』展」の招待券をプレゼント! この機会にぜひ、応募して。

スーパー浮世絵『江戸の秘密』展

外観写真

問い合わせ.0570-063-050 (ローソンチケット 受付時間 10:00~20:00)
東京都中央区日本橋茅場町1−8−1 茅場町1丁目平和ビル 特設会場
アクセス:東西線・日比谷線「茅場町駅」6番口より直進徒歩1分

開催期間:2017年1月28日(土)~5月21日(日)
開催時間:平日10:00~21:00、金・土・祝前日10:00~23:00、日・祝日10:00~19:00
※最終入場は、終了の1時間前
入場料:大人(高校生以上)1600円、子ども(3歳以上~中学生以下)1000円
※「江戸の秘密展」×「食神さまの不思議なレストラン展」セット券(神様のおいなり付)3400円

NAOKO YOSHIDA (はちどり)

アート、ミュージカル、クラシック・・・特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

あなたへのおすすめ記事

TOP