恋する歌舞伎

更新日:2017/08/10

強い、だけじゃない男。師匠と許婚のため、敵討ちの旅がいま始まる。

恋する歌舞伎:第26回『彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)』

第26回 恋する歌舞伎は、『彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)』の九段目『毛谷村(けやむら)』に注目します! 日本の伝統芸能・歌舞伎。興味はあるけどちょっと難しそう・・・なんて思ってない? そんな歌舞伎の世界に触れてもらうこの連載。古典ながら現代にも通じるストーリーということを伝えるために、イラストは現代風に超訳してお届け。

【1】剣術の達人が試合に負けた、そのワケは。

恋する歌舞伎

主人公の六助は剣術の名手であり、その実力は領主から仕官の誘いを受けるほど。しかしその申し出はなかなか受け入れられないので、「六助に勝った者には知行(武士に支給された土地)を与え、召しかかえる」という触れ書きまで出ている。これに名乗りをあげたのは弾正(だんじょう)という男。大勢が見守るなか立会いが行われ、六助はこの試合に負けてしまう。しかしこの勝負、実は六助が弾正に勝ちを譲った八百長試合だったのだ。

六助は数日前に偶然、弾正と出会っており、「余命幾ばくもない母親のために孝行がしたいので勝ちを譲って欲しい」とあらかじめ頼んでいたのだ。心優しい六助はその孝行心に感じ入り、約束通りわざと試合に負けたのだった。

【2】突然現れた怪しい虚無僧。その正体は女性でしかも・・・!

恋する歌舞伎

六助は独身であるが、弥三松(やそまつ)という幼い子どもと暮らしている。この男の子は、ある日見知らぬ老人を助けたとき、その死の際に託された子なのだ。六助は不器用ながらも懸命に子育てをし、ここで匿っていると身寄りの人が気づけるよう、弥三松の着物を門口に掛けて暮らしている。

ある日、その着物に気づいた怪しげな虚無僧が、六助に向かって「家来の敵!」と言いながら斬りかかってくる。虚無僧が偽物だと見破っていた六助は余裕の体でかわし、更には女性であると悟る。この不審人物の正体、実は弥三松の叔母であったのだ。素性がわかり安心した六助は、彼女にこれまでの経緯を一部始終説明する。それを聞いた女はこれまでと態度を一変、急にしおらしくなり「私はあなたの女房です」と申し出る。

【3】次々発覚する新事実。そして予想もしなかったスピード婚!

恋する歌舞伎

実は、この女性は吉岡一味斎(よしおかいちみさい)の娘・お園。一味斎とは六助の剣術の師匠であり、彼は六助の人柄と能力を見込んで、娘の結婚相手にしようと決めていた。つまり、六助とお園は顔を合わせたことはないが、許嫁という間柄だったのだ。

突然の思いがけない事実に戸惑いながら、まんざらでもない二人。それはそうと、六助はお園に一味斎の安否を尋ねると「父は同じ家中の者に殺害され、父親の敵を打とうとした妹も返り討ちにされました」と語る。悲しみにくれる二人に、奥の一間から声をかけたのはお幸という、最前、六助に一夜の宿を求めこの家に通されていた老女。これまた偶然にも、このお幸は一味斎の妻、つまりお園の母親であったのだ。お幸は六助に夫の形見の刀を与え、お園と祝言させるのだった。

【4】運びこまれた老婆の遺体。孝行息子のフリをしていた男は因縁の敵だった!

恋する歌舞伎

折からここへ、杣(そま:きこり)の斧右衛門が仲間たちと共に、母親の死骸を運びこみながら「この敵を討って欲しい」と懇願する。その死骸をよく見ると、なんと弾正が孝行したい母だと言い同行していた老女であった! 弾正は六助の優しさにつけ込み、斧右衛門の母を自分の母だと嘘をつき、六助に勝ちを譲ってもらうという計画を実行。用済みとなった老女を殺害したのである。しかもお幸の所持していた人相書と、お園が所持する妹の死骸に落ちていた臍緒書(ほぞのおがき:今でいう出生証明書)から、弾正こそ、一味斎を殺害した京極内匠という男であることがわかる。怒りにうち震える六助は、一味斎とその家族であり妻となったお園の敵討ちを遂げるため、衣服を改め、敵の後を追うのだった。

『彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)』とは

天明六年(1786)年、人形浄瑠璃として大阪竹本座で初演。原作は梅野下風、近松保蔵の合作。歌舞伎では九段目に当る『毛谷村』の上演頻度が高い。六助は実在した「毛谷村六助」、または宮本武蔵をモデルにしているなどの説がある。許嫁のお園は「女武道」と呼ばれる、女性ながらにして武芸に秀でる役柄。女性らしい優しさや艶やかさも併せ持つのが特徴。

監修・文/関亜弓
歌舞伎ライター・演者。大学在学中、学習院国劇部(歌舞伎研究会)にて実演をきっかけにライターをはじめ、現在はインタビューの聞き手や歌舞伎と他ジャンルとのクロスイベントなども行う。代表を務める「歌舞伎女子大学」では、現代演劇を通して歌舞伎の裾野を広げる活動をしている。

イラスト/カマタミワ

『恋する歌舞伎』バックナンバー

TOP