【元タカラジェンヌに教わる幸せの秘訣】VOL.2 純花まりいさんインタビュー

純花まりいさん

華やかで美しい宝塚歌劇団の世界。オズモールでは卒業されたOGの方々へお話を伺いました。宝塚の道を選んだきっかけ、在団中の思い出、退団後のことなど・・・その中にはきっと私たちにも共感できるエピソードがあるはず。元タカラジェンヌたちのインタビューを通して、充実した毎日を送るためのヒントを探ります!

YUKI HORIE

更新日:2017/11/21

純花まりいさん

元宝塚歌劇団 星組(第87期生)

純花まりいさん

◆宝塚で好きなミュージカルは?
『スカーレット・ピンパーネル』音楽が素敵で衣装やヘアスタイルもかわいくて、観ているだけで楽しい気持ちになれます。

◆出演した作品の中で思い出に残っている公演は?
『太王四神記 Ver.Ⅱ』退団公演であり、皆さんとの思い出がたくさん詰まった作品です。

◆現在の観劇頻度は?
年に数回程度。おしゃれをしたり、夫婦で出かけるきっかけにもなっています。

小学生のときに観劇した作品がきっかけで、タカラジェンヌの道へ

宝塚歌劇団を目指したきっかけは何ですか?

小学校3年生のとき、涼風真世さん主演の『PUCK』という作品を観劇しました。その場で母に「こういう舞台に立つにはどうしたらいいの?」と質問をして、それを聞いた母も興味があるのかな?と感じたそうです。小学校を卒業するときに皆の前で将来の夢を発表する機会があったのですが、そこでも「私はタカラジェンヌになりたいです!」と答えたことを覚えています。そして、中学生になって宝塚音楽学校を目指すための受験スクールに入り、バレエや歌などの稽古を始めました。最初のきっかけである『PUCK』は、たまたまチケットをいただいて観に行ったものでしたので、今考えると運命的だったなと思います。

宝塚時代の思い出を教えてください。

パレード(ショーのフィナーレ)では男役のトップスターさんがいちばん大きな羽を背負って大階段を降りられますが、普段は触れることができないその羽を、退団する私に特別に背負わせてくださったんです。それが、倒れそうになったくらいとても重たくて。こんなに大きなものを背負いながら歌っていらっしゃるのだと分かり、あらためて感動しました。そして自分がOGとして客席から観る立場になり、大切な存在である同期がトップスターに就任したのですが、その羽を背負って階段を降りてくる姿を見たときは心が震えるほどに感動して涙が出ました。

純花まりいさん

辛く苦しい思いをしたときこそ、あとで振り返ると笑い話になっているんです

純花さんは在団9年目で退団されましたが、なぜ卒業を決意したのでしょうか?

自分でも不思議ですが「今卒業しよう」という感覚が降りてきたんです。そのときの自分の立場や状況などを考えたときに、今がいちばんいいときかなって。私は、いちばん楽しくて離れがたいっていう“いいとき”に辞めたかったんですね。そうした時期に決意したので、退団公演である『太王四神記 Ver.Ⅱ』の稽古場では、皆が何かをやってくれるたびに感動して大泣きしていました。組長さんにも「この子は、この世界が好きなんだなと思った」と言っていただけたことが嬉しかったです。そして退団の日の朝は、まずファンの皆さんが劇場前で待ってくれている姿に泣いて・・・。楽屋では仲間たちが全員揃って迎えてくれたのですが、「もう泣いてるの!?」とびっくりされました(笑)。宝塚は独特の世界だと思いますが、本当に入団できてよかったなと実感しています。

宝塚時代に得たものは何でしょう?

本当にたくさんのことを学びましたが、やっぱり同期であり友人であり、家族みたいな存在である仲間を得られたことがいちばんだと思っています。それから、メンタルも鍛えられて強くなりました。もちろん泣いたこともあるけれど、その経験があったからこそ強くなったと思います。なにか嫌なことがあると辞めたくなっちゃうじゃないですか。でもそれを支えてくれる仲間がいるから、またがんばろうと思える。辞めたあとで振り返ってみると、嫌だったこととか辛かったことの方が笑って話せるんですよね。

退団後はどういった活動をされているのでしょうか。

結婚して今は2人の息子がいます。それと同時に、集英社の雑誌「MAQUIA」で美容モデルをやらせていただいてます。宝塚の舞台メイクは自分たちで行うのですが、学生のときに一回だけ教わる機会があるものの、あとは先輩から教わるなどして自ら学ばなくてはいけません。そうして現役時代からいろいろと試して、やっと自分のことを理解できたのかなと。私は元々メイクが大好きなので、今も毎日楽しみながらやっています。

純花まりいさん

好きなことへの気持ちを忘れず、一緒に毎日を楽しみましょう!

最後に、同世代のオズモールユーザーへメッセージをお願いします。

私は、大好きな朝のメイク時間から1日が始まります。そのあと気分や肌の調子に合わせて服を選んだり、仕上げていく段階が楽しいんです。そんな私も子育てに集中するあまり、そういう事を省いていた時期があるのですが・・・その生活がずっと続いた時に全然楽しくなくてストレスも溜まってしまって・・・。そこで外へ出る機会を作ってみたら、今までの自分の姿や本当に好きだったものを思い出して、『子供のためだから』という気持ちだけではうまくいかないと気づきました。これからも自分の時間とのバランスを大事にしながら、ベーシックにとどまらず色んなカラーに挑戦していくことをみなさんと一緒に楽しみたいと思ってます!

純花まりいさん

宝塚時代から現在のことまでさまざまなお話を聞かせてくださった純花さん。いつまでも好きなことへの気持ちを忘れずに、自ら楽しむ姿勢が大切だと感じました。たくさんの素敵なメッセージをありがとうございました!

元タカラジェンヌによる、パーソナルカラー診断&ファッションチェック+フルコースディナー開催決定!

セミナー

パーソナルカラー資格を持つ元タカラジェンヌによる、パーソナルカラー診断+ファッションorメイクチェックとフレンチ老舗のフィガロのフルコースディナーとフリードリンク(2時間)がセットになった夢の企画を2018年4月より実施予定。詳細はオズモールで2018年1月より告知します。お楽しみに!

詳細は2018年1月に発表!

エンタメ情報が満載。特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

TOP