天文・博物から芸術まで究極の趣味人が集めた一大コレクション!「ルドルフ2世の驚異の世界展」

PC

神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルグ家のルドルフ2世は、稀代のコレクターとして、また芸術の支援者として知られる人物。16世紀末から17世紀初頭、プラハの宮廷には世界各地から優秀な人物や芸術作品、当時の最先端の品や珍しい自然物が集められたそう。そんな驚きのコレクションの中から、選りすぐりの逸品を紹介する展覧会が開催される。究極の趣味人だった皇帝のワンダーランドを観に行こう!

更新日:2017/11/27

  • LINEで送る

皇帝の壮大なプライベートミュージアムから芸術作品や貴重な資料を中心に120点以上

2018年1月6日(土)から3月11日(日)まで、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムでは「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」を開催する。展覧会では、ルドルフ2世が愛好した芸術家の作品を中心に、版画を含む絵画約80点と、当時の工芸品や天文学に関する道具など約20点、さらに天文学や錬金術についての貴重な資料など合わせて120点あまりを展示。皇帝が好奇心のままに集めた、壮大なプライベートミュージアムとは?

また、この時期は、望遠鏡による天体観測が始まったり、ガリレオ・ガリレイが地動説を唱えたりと、人々が宇宙に大きな関心を寄せた時代でもある。ルドルフ2世もお抱えの天文学者を雇うなど、天文学や占星術に高い関心を示したそうで、今回は当時の天体観測の道具なども紹介する。

ルドルフ+アルチンボルド

左:ハンス・フォン・アーヘン作のコピー 《ハプスブルク家、神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の肖像》 1600年前後、油彩・キャンヴァス、スコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden 右:ジュゼッペ・アルチンボルド 《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》 1591年、油彩・板、スコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden

植物や動物などを組み合わせて人物像を作り上げる奇想の画家、ジュゼッペ・アルチンボルドは、ルドルフ2世が寵愛した画家のひとり。右の作品は、アルチンボルドが四季を司るローマの神・ウェルトゥムヌスとして皇帝を描いた異色の肖像画で、皇帝の力を神になぞらえて表現しているというから、まさに最大の賛美と言えそう。

生きた動物を集めた動物園まで所有! 自然の博物を細密に描いた日本初公開作品も

自然の中にある珍しい植物や鉱物の収集はもちろん、ルドルフ2世は生きている動物を集めた動物園も所有していて、特に馬はお気に入りの動物だったそう。写真はお抱え画家のひとりであるルーラント・サーフェリーの作品で、絵の中には馬やライオン、ダチョウやコンゴウインコなど、実にさまざまな動物が描かれ、にぎやかな動物園の様子がうかがえる。

サーフェリー 《動物に音楽を奏でるオルフェウス》

ルーラント・サーフェリー 《動物に音楽を奏でるオルフェウス》 1625年、油彩・キャンヴァス、プラハ国立美術館、チェコ共和国 The National Gallery in Prague

博識だったルドルフ2世は、ラテン語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、チェコ語を話し、かなりの蔵書家でもあったそう。それほどのインテリジェンスの持ち主なら、植物や動物、鉱物など自然界の知識についても豊かだったはず。写真は、そんなルドルフ2世の注文に応じて描かれたもので、自然の博物をモチーフとした細密画が得意なヨーリス・フーフナーヘルの日本初公開作品。描かれている花や虫は繊細で華麗なタッチだけど、どこか小さな命に対する温かいまなざしが感じられる。

フーフナーヘル

ヨーリス・フーフナーヘル 《人生の短さの寓意》(花と昆虫のいる二連画、部分) 1591年、グアッシュ、水彩・ヴェラム、リール美術館 Photo(C)RMN-cliché Stéphane Maréchalle

当時ヨーロッパ随一といわれた素晴らしい「驚異の部屋」を追体験

15世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパの貴族の間では珍品を集めるのが流行して、数々の「驚異の部屋」が作られたという。しかし、ルドルフ2世は同時代のあらゆるコレクターを寄せ付けないほどの圧倒的なコレクションで、ヨーロッパ随一の「驚異の部屋」を築き上げた。

写真はそれぞれ、アメジストやメノウなどで彩られたフタ付きの豪華な杯、オウム貝を使い技巧を凝らした杯、そして精緻な装飾で飾られた真ちゅうの時計。こうした品々を見ることで、美しいものや、ちょっと奇妙なもの、異国趣味など、ルドルフ2世の好きなものがいっぱいに詰まった空間が想像できるかも。

驚異の部屋

左:《蓋付き杯》 1600年代、瑪瑙、銀、月長石、アメジス
中央:《貝の杯》 1577年、貝、銀
右:《時計》 1584年、真鍮に鍍金、鋼
いずれもスコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden

特別出品作は絵画作品を立体的に仕上げた現代アート。広がる世界観を楽しんで

また、今回は特別出品作として、映画監督で現代美術家のフィリップ・ハースの作品も登場する。こちらは、アルチンボルドの作品にインスパイアされて制作したもので、野菜や果物、花をファイバーグラスなどの素材を使ってリアルに表現。2次元の絵画を立体的に仕上げている。海外では、4~5メートルにもおよぶ巨大彫刻にして展示され、大きな話題を集めた作品もあるそう。会場には、《四季》シリーズの模型4点(各高さ約1m)を特別に展示予定で、絵画から飛び出したような不思議な感覚も楽しめる。

皇帝の大いなる知識と好奇心を原動力にして集められた、膨大な趣味のコレクション。文字通り、当時の「驚異」が詰まった世界を、タイムスリップ感覚で堪能しよう。

 フィリップ・ハース

フィリップ・ハース 《春(模型、アルチンボルドに基づく)》 2010年、ファイバーグラスに着彩、作家蔵 (C)Philip Haas

「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」の招待券を5組10名様にプレゼント

【応募方法】
① OZmall東京体験公式Twitterアカウント「@OZmall_TOKYOex」をフォローしてください。
② 下記の「Twitterで応募する」ボタンからツイートしてください。
【応募期間】
2017年11月27日(月)10:00~12月4日(月)09:59まで
※上記期間以降の応募に関しましては抽選の対象外となります。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

【注意事項】
プレゼントにご応募される前に、下記【プレゼント応募条件】【当選者への通知・お願いについて】をよくお読みいただき、同意のうえ、ご応募いただきますようお願い申し上げます。
【プレゼント応募条件】
Twitterアカウントをお持ちでない方は、Twitterサイトにてアカウントを作成してください。なお、応募受付の確認、当選・落選についてのご質問は受け付けていません。
【当選者への通知・お願いについて】
OZmallより当選者の方には、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)でご連絡をさせていただき、プレゼントの発送先に関する個人情報をご登録いただきます。DM内に記載の期間中に、個人情報のご登録をいただけない場合は当選を無効とさせていただきます。
※当選の権利を他人へ譲渡、あるいは換金することはできません。フォーム記入には会員登録(無料)が必要となります。ご了承ください。

神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展

外観

TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
アクセス:JR、東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩7分、東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」3a出口より徒歩5分
※渋谷駅・宮益坂口(東急東横店)より無料シャトルバス運行(9:50~20:15)

会期:2018年1月6日(土)~3月11日(日)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
※毎週金・土曜は21:00まで(入館は20:30まで)
休館日:1月16日(火)、2月13日(火)
入館料(前売):一般1600円(1400円)、大学・高校生1000円(800円)、中学・小学生700円(500円)
※「グッズ付きチケット」1700円(一般のみ)3Dクリアファイル(非売品)1枚付き、会期中は1枚につき1人1回限り有効

NAOKO YOSHIDA (はちどり)

アート、ミュージカル、クラシック・・・特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

東京体験

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

TOP