日本美術の歴史がよくわかる!国宝も登場する特別展「名作誕生ーつながる日本美術」が上野の東京国立博物館で

特別展「名作誕生-つながる日本美術」仙人掌群鶏図襖

重要文化財 仙人掌群鶏図襖 伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀 大阪・西福寺蔵

古典から近代洋画まで、日本美術史上に残る数々の名作。その名作が「どんなつながりで誕生したのか」にスポットを当てた特別展「名作誕生ーつながる日本美術」が、上野の東京国立博物館 平成館で開催される。会場には、国宝や重要文化財を含む選りすぐりの名作が約130件も集結。ジャンルや時代を超えて日本美術の成り立ちがひとめでわかるから、入門編としてもおすすめ。華やかな名作とともに、作品につながるドラマを楽しもう。

更新日:2018/04/02

特別展「名作誕生-つながる日本美術」 第1章 祈りをつなぐ 仏像2
左/国宝 普賢菩薩騎象像 平安時代・12 世紀 東京・大倉集古館蔵 右/重要文化財 伝衆宝王菩薩立像 奈良時代・8 世紀 奈良・唐招提寺蔵(撮影:森村欣司、提供:奈良国立博物館)

古代から中世へ、人々の祈りがつないだ仏教美術の名作

2018年4月13日(金)から5月27日(日)まで、上野の東京国立博物館 平成館では、 特別展「名作誕生-つながる日本美術」を開催。日本美術の名作を集め、仏教美術を中心とした第1章、巨匠の名作を集めた第2章、古典文学にちなんだ第3章、モチーフでつなぐ第4章という4つの章に分けて紹介する。

第1章は「祈りをつなぐ」として、仏像や仏画など仏教美術の名作を展示。左の国宝「普賢菩薩騎象像」は平安時代後期の木彫像の名作で、優美な姿と今も残る鮮やかな彩色が美しい。普賢菩薩像が合掌するようになったのは、平安時代前期に日本の高僧が唐から持ち帰った図像によるもの。このスタイルは、当時としては進化系だったのかも。

右は重要文化財「伝衆宝王菩薩立像」で、8世紀に中国の高僧・鑑真(がんじん)とともに日本へやってきた仏師の作品と言われている。1本の木から彫り出した重厚な仏像は、この時代の中国でも最新の表現だったという。

特別展「名作誕生-つながる日本美術」 第2章 巨匠のつながり 雪舟
倣夏珪山水図 雪舟等楊筆 室町時代・15世紀 山口県立美術館寄託【展示期間:5月8日~5月27日】

雪舟、宗達、若冲ら、過去の作品に学んで生まれた巨匠の名作も

第2章は「巨匠のつながり」。ここでは雪舟等楊、俵屋宗達、伊藤若冲の3人に焦点を絞って、それぞれの代表作が生まれたプロセスに迫る。

15世紀に生まれた雪舟は、南宋時代(12~13世紀)の夏珪など過去の作品に学ぶだけでなく、実際に中国へ旅して同時代の明(みん)の画風も取り入れ、独自の水墨画を確立した禅僧。「倣夏珪山水図」は、線で区切られた画面の内側に「雪舟」、外側に「夏珪(圭)」の名前があるけれど、これは雪舟が夏珪風に描いたことを示すという。この作品は、1933年(昭和8年)以降に所在が分からなくなっていた幻の名品で、2017年になって84年ぶりに再発見され、今回東京で初めて一般公開される。

このほかに、古典文学を主題にした絵画を多く手がけた宗達や、中国の宋や元の時代の絵画を模写した若冲の名作も展示する。トップ画像の若冲筆による重要文化財「仙人掌群鶏図襖」は、自分の描いた初期の作品を模倣した上に大胆なデフォルメを加えた作品。それぞれに、過去の作品とのつながりから生み出した名作を堪能できる。

特別展「名作誕生-つながる日本美術」 第3章 古典文学につながる 光琳・箱
国宝 八橋蒔絵螺鈿硯箱 尾形光琳作 江戸時代・18 世紀 東京国立博物館蔵 【展示期間:4月13日~5月6日】

古典文学に登場する有名なシーンは工芸デザインの定番に

平安時代の歌物語『伊勢物語』や小説『源氏物語』など、日本を代表する古典文学とのつながりを見る第3章。心に残る場面は、特定のモチーフとの組み合わせで、絵画や工芸品などにも受け継がれている。

尾形光琳作の国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱」は、『伊勢物語』の第九段にある情景をもとにデザインされたもの。八つの橋が架かった川にかきつばたが咲いているのを見て、京に残した恋人への想いを詠んだ歌があり、このシーンを描いた「八橋」は工芸デザインの定番に。花は螺鈿(らでん)、葉は金の平蒔絵、橋は鉛板と、素材と技法を使い分けた表現も絶妙。

『源氏物語』からも、垣根に咲く夕顔と御所車を組み合わせた「夕顔」や、梅とウグイスを表す「初音」などをモチーフにした名品を展示。物語は知らなくても、デザインには見覚えがあるかも。元になった情景が分かればさらに納得できそう。

特別展「名作誕生-つながる日本美術」第4章 つながるモチーフ 人物をつなぐ
左/見返り美人図 菱川師宣筆 江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵 右/重要文化財 湯女図 江戸時代・17世紀 静岡・MOA美術館蔵 【展示期間:4月13 日~5月13日】

山水や花鳥、人物など、さまざまなモチーフやイメージでもつながる

第4章「つながるモチーフ/イメージ」では、「山水」「花鳥」「人物」というよく知られたテーマと近代洋画の名作から、人と美術のつながりを紹介する。

左の菱川師宣筆「見返り美人図」は切手にもなった有名な作品で、当時流行のファッションに身を包んだ女性が描かれている。右の重要文化財「湯女図」にも、色とりどりの衣装を着た女性たちが並ぶ。これらの作品は、17世紀のはじめに「現世を楽しもう」という風潮が高まったことで描かれるようになった、同時代の風俗などをテーマにした人物画(風俗画)。ここにも、古典文学からの図柄が転用されている。

名作が誕生した背景にある「つながり」を知れば、新しい魅力にも気付かされるはず。春のトーハクで、名作がいっぱいの贅沢な時間を楽しんで。

特別展「名作誕生―つながる日本美術」の無料観覧券を5組10名様にプレゼント

【応募方法】
1: OZmall東京体験公式Twitterアカウント「@OZmall_TOKYOex」をフォローしてください。
2: 下記の「Twitterで応募する」ボタンからツイートしてください。

【応募期間】
2018年4月2日(月)10:00~2018年4月9日(月)09:59まで
※上記期間以降の応募に関しましては抽選の対象外となります。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

【注意事項】
プレゼントにご応募される前に、下記【プレゼント応募条件】【当選者への通知・お願いについて】をよくお読みいただき、同意のうえ、ご応募いただきますようお願い申し上げます。

【プレゼント応募条件】
Twitterアカウントをお持ちでない方は、Twitterサイトにてアカウントを作成してください。なお、応募受付の確認、当選・落選についてのご質問は受け付けていません。

【当選者への通知・お願いについて】
OZmallより当選者の方には、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)でご連絡をさせていただき、プレゼントの発送先に関する個人情報をご登録いただきます。DM内に記載の期間中に、個人情報のご登録をいただけない場合は当選を無効とさせていただきます。
※当選の権利を他人へ譲渡、あるいは換金することはできません。フォーム記入には会員登録(無料)が必要となります。ご了承ください。

特別展「名作誕生 つながる日本美術」 ポスター ロゴ

イベントDATA

イベント名
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生ーつながる日本美術」
開催場所
東京国立博物館 平成館
開催日程
2018/4/13(金)~5/27(日)
開催時間
9:30~17:00
※金・土は21:00まで、日・祝は18:00まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日(ただし4/30は開館)
入館料(前売)
一般1600円(1400円)、大学生1200円(1000円)、高校生900円(700円)
ホームページ
特別展「名作誕生-つながる日本美術」HP
東京国立博物館 平成館

東京国立博物館 平成館

電話番号
0357778600 0357778600 ハローダイヤル
住所
東京都台東区上野公園13-9 Map
交通アクセス
JR「上野駅」公園口・「鶯谷駅」南口より徒歩10分、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」・東京メトロ千代田線「根津駅」より徒歩10分、京成電鉄「京成上野駅」より徒歩15分

アート、ミュージカル、クラシック・・・特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

美術展ニュース

今しか見られない、おすすめの美術展をご案内。見どころをわかりやすく紹介します。

NAOKO YOSHIDA (はちどり)

  • LINEで送る