心躍るような恋がしたくなる!劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人』鑑賞レポート

『パリのアメリカ人』感想

撮影:荒井 健

夢を追いかける若者たちのパリでの恋をガーシュウィンの名曲と美しいダンスで描いた劇団四季の新作ミュージカル『パリのアメリカ人』。3月19日(火)からは「KAAT神奈川芸術劇場」にて横浜公演が開幕する。それに先駆けて東京公演で同作品を鑑賞してみたところ、洗練されたお洒落な世界観にときめき、揺れ動く恋心に共感し、夢に向かって挑戦したくなるミュージカルだった。夢や恋に悩んだ時、元気をチャージしたい時におすすめ!

更新日:2019/03/12

撮影:下坂敦俊

華やかなパリの風が吹く!めくるめくダンスとガーシュインの名曲で心が躍る

「アイ・ガット・リズム」など聴いているだけで心が弾むガーシュウィンの名曲にのせ、恋の予感、友情、夢への想いなど若者たちの心情がダンスで活き活きと表現され、時に“舞台セットまで踊る”斬新な演出に夢中で見入ってしまった。ダンスはトゥシューズを履いて踊るバレエから、ジャズダンスやタップダンスも楽しめ、見ごたえたっぷり!

撮影:下坂敦俊

エッフェル塔、パリの街角が出現!パリへ旅した気分になれる美しい舞台セットが圧巻

エッフェル塔、セーヌ川、アパルトマン、カフェといったパリの街をプロジェクションマッピングで臨場感たっぷりに再現。まるで本当にパリの街にいるかのような気分に。終盤のナンバー「パリのアメリカ人」では、モンドリアンの幾何学アートをイメージさせるビビッドな舞台セットと衣裳がマッチし、あまりの美しさにハッとするはず。夢のようなひと時に浸って。

撮影:下坂敦俊

揺れ動く恋心、夢への挑戦、素直に生きること・・・共感し勇気をもらえるストーリー

若者たちが新しい時代へ向かって一歩を踏み出し、夢と愛の光を見いだすさまが描かれたストーリーも印象的。1人の女性を同時に愛してしまう3人の男たち。求められていることに応えるのか、心の声に従うべきか揺れる女心。悩み、衝突しながらもひたむきに生きる若者たちの姿。自分自身に重ね、共感しながら楽しめ、前向きな気持ちに。そしてクライマックスでは思わずキュンとなるはず。

画像左 @hatase_ai
画像右 @kiri____amongout

今回特別に「東京女子部」の体験レポーターも鑑賞!東京女子の生感想をお届け

OZmall読者が集うおでかけ発信コミュニティ「東京女子部」の体験レポーター、@hatase_aiさん、@kiri____amongoutさんが横浜公演に先駆けて、東急シアターオーブでの公演を鑑賞。おすすめのシーンや鑑賞後の印象などを教えてくれました。
(@hatase_aiさん)
「全編ダンスシーンが多く、キャストのみなさんが華やかに踊っている姿に終始クギ付け。特にジェリーが二人の仲間に出会った時に流れる曲「アイ・ガット・リズム」では、とても楽しい気分になり、たまに入るコミカルな振り付けも楽しめました」
「夢を追いかける若者の姿や恋愛模様が描かれていて、自分自身に対して活力を得られる作品でした」
(@kiri____amongoutさん)
「カップルで行くのもオススメだし、とってもお洒落な世界観なので女子だけで行ってもワクワクすると思います。ファッションなども、最近少し流行っているテイストで、お洒落な映画のようなイメージでした」
「『愛は育てられる』ってフレーズを聞いて、少し恋愛に前向きな気持ちになりました(笑)」

※東急シアターオーブでの東京公演は2019年1月20日~3月8日まで

劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人』横浜公演をランチ付き特別プランで

めくるめくダンスと名曲で若者たちの恋と友情を描く『パリのアメリカ人』はオズモールで予約可。横浜中華街のブッフェや話題のモッツァレラ専門店のランチ付き特別プランをご用意。観劇とお食事でロマンティックな1日を過ごして。

劇団四季『パリのアメリカ人』あらすじ

劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人』あらすじ

第二次世界大戦直後のパリ。アメリカの退役軍人ジェリーは、友人で作曲家のアダム、ショーマンに憧れるアンリとともに、暗い時代に別れを告げ、パリで画家としての新たな人生を歩もうと夢見ていた。ある日、戦後の混乱が収まりきらない街中で、ジェリーは一人の女性リズに出会い、恋に落ちる。後日、アダムに連れてこられたバレエスタジオで、ジェリーはリズと再会。オーディションでの彼女のダンスはその場の全員を魅了し、アダムもまた彼女に恋してしまう。しかし、リズは、すでに彼らの友人アンリと婚約していた。ナチス占領下のパリでアンリの一家に匿われた過去を持つリズはアンリへの恩義と、自由な世界へ自分を連れ出そうとするジェリーとの間で、激しく揺れ動く。求められていることをすべきなのか、心の声に従うべきなのか――。悩み、衝突しながらも、ひたむきに夢を掴もうとする彼らの恋と友情の行方は・・・。

スポット名
KAAT 神奈川芸術劇場 <ホール>
住所
神奈川県横浜市中区山下町281
交通アクセス
みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口より徒歩約5分、みなとみらい線「元町・中華街駅」1番出口より徒歩約8分
公演日程
2019年3月19日(火)~2019年8月11日(日・祝)
料金(すべて税込)
S席11880円、A席8640円、サイドA席8640円、B席6480円、サイドB席6480円、C席3240円、サイドC席3240円、サイドイス付立見3240円
※公演当日3歳以上有料(膝上観劇不可)/2歳以下の入場不可
ホームページ
『パリのアメリカ人』作品紹介

OZmallがプロデュースする東京女子部とは?

東京女子部

「東京女子部」は、東京を遊びつくす女性たちが集うInstagram上のおでかけ発信コミュニティです。@tokyo_joshibu、#東京女子部で投稿いただいた写真を公式アカウントでご紹介していくほか、「体験レポーター」にご登録いただいた方は、試食会やトラベルツアーなど、OZmall・OZmagazineのイベントに特別ご招待! 詳しくは東京女子部の特設ページをチェック。

WRITING/NORIKO KAMON

  • LINEで送る