【おうちで鑑賞】天使の歌声に癒される『ウィーン少年合唱団』

『ウィーン少年合唱団』

『ウィーン少年合唱団』

本拠地ウィーンでは王宮礼拝堂で聖歌隊として活動し、ウィーン・フィルやウィーン国立歌劇場でのコンサートのほか、世界中で年間約300もの公演を開催するウィーン少年合唱団。10~14歳の少年たちが響かせる優しく清らかな歌声を聴いた観客は、「澄み渡る声に涙した」「もっと早く聴いておけばよかった」などと大絶賛。そんな「天使の歌声」とも言われる合唱がオンラインで特別に鑑賞できる! おうち時間にぜひその感動を味わって。

更新日:2020/05/12

美しく澄みわたる歌声に癒される!500年以上の伝統を誇る「天使の歌声」

ウィーン少年合唱団 2019年来日公演/アストル・ピアソラ「リベルタンゴ」:Astor Piazzolla「Libertango」

心がスカッと晴れやかに!リズミカルな「リベルタンゴ」

残念ながら2020年5月から6月の来日公演が10月まで延期になってしまった『ウィーン少年合唱団2020年来日公演』。その美しい歌声がおうちでも鑑賞できるように人気の2曲をオンラインで特別に公開! 1曲目は、“踊る”タンゴではなく“聴くためのタンゴ”と言われている「リベルタンゴ」。CMでもお馴染みのテンポのいい曲を優しい声でリズミカルに歌い上げているので、心がスカッと晴れやかになりそう。

ウィーン少年合唱団 2019年来日公演/アドリアーノ・バンキエリ「3声のためのカプリース」:Adriano Banchieri「capricciata a tre voci」

うっとりと聴き惚れる狂騒曲「3声のためのカプリース」

2曲目は2019年の来日公演でも歌われたイタリアの作曲家バンキエーリの「3声のためのカプリース」。500年以上の伝統を誇り、2017年にはオーストリアのユネスコ無形文化遺産に登録されたウィーン少年合唱団。歴史と実力、人気を兼ね備えた合唱団の透き通るような歌声と、神々しく歌う姿を鑑賞すれば、心が癒されるはず。秋の来日公演が待ち遠しい!

■ OZの東京体験・エンタメ予約とは

東京体験・エンタメ予約

歌舞伎、ミュージカル、クラシックコンサート・・・東京にはさまざまなエンターテインメントがあふれています。OZの「東京体験・エンタメ予約」では、歌舞伎や能・狂言などの伝統芸能や、劇団四季のミュージカル、世界的演奏家や名作映画のコンサートほか、売切必至の人気公演チケットを特別リザーブ。さらに、舞台裏見学やレクチャーの貴重な体験付きや、ディナーやランチの贅沢な食事付き、お菓子やグッズの嬉しいお土産付きといった、“いい一日”を過ごせる、とっておきの鑑賞プランをラインナップ。大切な人と一緒に、新たな感動に出会って。

WRITING/MAKIKO FUNASAKA

  • LINEで送る