バレエダンサーであり振付家でもある「岡崎隼也」とおうちでダンス!

岡崎隼也

Photo Kiyonori Hasegawa

バレエダンサーとしての活躍だけではなく、振付家でもある東京バレエ団のソリスト、岡崎隼也。2020年1月には、バレエ『カルメン』の振付に挑戦し観客を魅了した。また、オペラと舞台のコラボレーションなどにも取り組み、活動の幅を広げている。今回は、そんな岡崎隼也が振付をしたダンス「みんなで踊ろう!」動画をご紹介。やさしい解説付きなので、一緒に踊って気分をリフレッシュしてみて。

更新日:2020/08/20

感情を込めて、思いっきり体を動かせば、気分がスッキリ!

東京体験・エンタメ予約
(C)Nobuhiko Hikiji

岡崎隼也(おかざきじゅんや)とは

9歳からモダン・ダンスを習い始め、14歳でクラシック・バレエとコンテンポラリー・ダンスを始める。2008年東京バレエ団に入団し、同年『ドナウの娘』で初舞台を踏む。おもなレパートリーに、ブルメイステル版『白鳥の湖』のチャルダッシュのソリスト、『ジゼル』のパ・ド・ユイットなどがある。2017年2月には世界的振付家である勅使川原三郎(てしがわらさぶろう)の海外ツアーに参加し「Sleeping Water」などに出演。また、創作活動にも積極的に取り組み、東京バレエ団の振付プロジェクト「Choreographic Project」で多数の作品を発表している。

白鳥になりきって羽ばたいて。やさしい解説付きでダンスに挑戦!

星野源の「うちで踊ろう」に岡崎隼也が振付をした「みんなで踊ろう!」を動画でご紹介。『白鳥の湖』の白鳥になりきって羽ばたいたり、『ドン・キホーテ』に出てくる娘・キトリのポーズを真似したり・・・。岡崎隼也のやさしい解説に合わせて、感情を込めて体を動かせば、バレエダンサー気分が味わえるうえに、背筋がスッと伸びて気分もスッキリするはず! おうち時間に、ぜひチャレンジしてみて。

OZの東京体験・エンタメ予約とは

東京体験・エンタメ予約

歌舞伎、ミュージカル、クラシックコンサート・・・東京にはさまざまなエンターテインメントがあふれています。OZの「東京体験・エンタメ予約」では、歌舞伎や能・狂言などの伝統芸能や、劇団四季のミュージカル、世界的演奏家や名作映画のコンサートほか、売切必至の人気公演チケットを特別リザーブ。さらに、舞台裏見学やレクチャーの貴重な体験付きや、ディナーやランチの贅沢な食事付き、お菓子やグッズの嬉しいお土産付きといった、“いい一日”を過ごせる、とっておきの鑑賞プランをラインナップ。大切な人と一緒に、新たな感動に出会って。

WRITING/MAKIKO FUNASAKA

  • LINEで送る