人気作家の作品も手に入る!うつわの祭典「青山陶器市」が開催|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 人気作家の作品も手に入る!うつわの祭典「青山陶器市」が開催|ニュース
OZニュース

【おでかけ】 イベント

人気作家の作品も手に入る!うつわの祭典「青山陶器市」が開催

2016年6月23日(木)時計アイコン10:00コメント 195

人気作家の作品も手に入る!うつわの祭典「青山陶器市」が開催

大切に使いたくなる特別なもの、こだわりのある手仕事のものに出会いたい。そんなときに行きたくなるのが、東京・表参道にある「coto mono michi at TOKYO」。職人の技術や、それによって作られる逸品などを生み出す“産地”。そんな産地の魅力を伝えようと、“産地ごとGallery”をコンセプトに展示や販売、イベントを行っているショップ。
現在は、「陶器と使う人の距離を縮めたい」という思いから企画された「青山陶器市」が7月5日(火)まで開催中。うつわだけでなく陶器でできたアクセサリーなどもあるので、週末のショッピングにぜひ出かけてみて。

人と人とのつながりが生んだ、陶器と人をつなぐイベント

明治時代から続く、窯元「三峰園窯」の6代目当主・加藤達伸さんと器

このイベントに参加するのは愛知県瀬戸市の窯元や作家が中心。
「以前から、瀬戸市の原型職人さんと共同開発したニット柄のカップを扱っていました。その職人さんたちが今回参加する作家さんを紹介してくれたので、自然と瀬戸市の方がメインになったのです」とショップマネージャーの縫恵美さん。
「coto mono michi at TOKYO」と職人の強いつながりや信頼関係があったからこそ、今回のイベントが実現したそう。また、陶器と使う人をつなぐため、縫さんたちは「手に取りやすいものを」と窯元や作家へオーダーしたそう。
「私たちはお客様が求めているものなどの声が直接聞けるので、作り手へ伝えることができます。自分たちが窓口となって、新しいものが生まれるのも楽しみですね」(縫さん)。

並ぶ陶器は数100点以上! さまざまな世界観に触れられる

穴山大輔さんの作るカレー皿。「持ちやすい。すくいやすい。冷めにくい。」がこだわり

瀬戸市の作家が中心とはいえ、黄瀬戸、織部、貫入など、種類や技法もさまざまなうつわが揃い、その数はなんと数百点。伝統的な瀬戸物らしい作品を作る加藤達伸氏や、食卓を彩りながらもなじむうつわが人気の穴山大輔氏など、作家ごとの個性も光る。開催期間中は作家も店頭に立つ日があるので、どんな人たちがどのように作っているか直接話を聞くこともでき、うつわへの愛着がますます湧きそう。
さらに嬉しいのが、作家たちの作品がこのイベント限定のお得な価格で手に入るということ。また、500円からの均一コーナーもあり、価格の面でも陶器との距離がぐっと縮むはず。

お気に入りのうつわを使うと、普段の食事がいつもより少しおいしそうに、特別に感じるはず。食生活はもちろん、毎日を豊かにしてくれる陶器を探しに出かけよう。

そのほかの「OZネタ」を見る

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

なーみん 2018/01/07 01:12:03
ステキな食器ですね!是非彼と同じのを揃えたいです
まさよん 2017/12/22 10:11:15
素敵な器だと、料理するのも楽しいですよね。
カーミン 2016/06/23 22:51:22
素敵な器ほど食洗機不可(^◇^;)ですよね… 手洗いのゆとりもなく 上質器生活からは遠いのが現実。 ヤマザキの白い皿くらい丈夫で 素敵な陶器が欲しいです.(つД`)ノ
honeypie 2016/06/24 21:33:41
食器大好きで、笠間や益子はよく行きます。最近焼き物だけでなく漆器にも興味湧いてきて、青森まで津軽塗を買いに行ってきました。都内では三越でさえ品揃えが良くなくて選ぶことができないので。やはり現地に買いに行くのが一番です。現地では、新人作家さんの作品にも会えますしね。
ハンナ 2016/06/23 10:37:38
知人に陶芸家がいらして、折節いただきますし、陶器市なんかも行きます。けっきょく、焼きしまった、少しぽってりしたお皿やお茶碗が一番使い勝手がいいですよね。写真のお皿は使い勝手も耐久性もよさそう!
しおん 2016/06/23 20:31:19
陶器市楽しそうですね!素敵な食器見つけると気持ちが弾みます♪HPを見てみたのですが、ひとつ前の雪駄のイベントもとても面白そうでした。終わってしまっているのが残念です…
キーコ 2016/06/23 17:40:59
お料理は、器一つで見た目も変わり、美味しさも倍増します!お料理を作ったら、器にも気をつかえる、そんな余裕のある女性になりたいです。青山陶器市行ってみようと思います。
ケタコ 2016/06/24 22:51:45
作家さんの作品1枚がとても高くて絶対買うぞ!!って気持ちで行かないと結局何も買わず帰ってきてしまいます。益子によく行きますが青山なら行ける距離だし行きたいです!!
azuki 2016/06/23 14:24:25
食器1つで食事が美味しい見えますよね!和食器が好きで集めたいのですが、なかなか難しく集められません。統一された食器で食事を楽しめるようになりたいです。
ショコラ♪ 2016/06/25 20:33:23
器でそこまで変わらない、と思ってみたりしますが、やはり、器によって美味しさがアップする事がありますよね。 料理によって、器を選べる余裕が欲しい。
ボンボン 2016/06/24 00:09:25
器大好き、料理も二割り増しで美味しく見えるし。でも増えすぎてグッと我慢してきました。今年はGWに笠間行けなかったから、代わりに行きたいなあ。
くまたろう 2016/06/25 12:30:12
ずっと白い食器にこだわって揃えてきてたけど、色とか風合いとかに味のあるものもいいなぁと最近思う。料理の印象は器で決まる部分も大きいもんね。
sari 2016/06/24 08:47:01
基本は真っ白でシンプルな食器を愛用していますが、人が集まった時とかちょっと豪華な晩酌など、たまにこういう器使いたくなります(^ ^)
2016/06/23 12:19:35
器の良し悪しやその器の価値などはよくわかりませんが、陶器市なはお手頃なものもたくさん出ているので、見ているだけでも十分に楽しめます。
2016/06/25 23:11:29
器と料理の組み合わせって大事ですからね。なかなかこだわれないですが、夏には涼しげなもの、冬には重厚なものと、せいぜい頑張ってます。
ゆきちゃん 2016/06/23 23:09:19
器は本当に大切ですよね。人の喜怒哀楽と同じくらい食材の表情を変えてくれるので大好きです。高いものでも安いものでも集めるの好きです。
りんりん 2016/06/24 20:30:59
お気に入りの食器だと、料理も食事も楽しくなりますね。コレダ!と思う食器と出会えたらそんなに数はいらないきがします。
みみ 2016/06/23 16:21:40
陶器好きです!どんな料理を盛り付けようかなとか、こんな料理をこの食器で食べたいなとか結構こだわっちゃいます。
まゆゆ 2016/06/24 13:39:11
素敵!お皿とかに拘るって本当の余裕だと思います。時間とお金の余裕があればやりたい。特に働くと時間がないー。
くぅ 2016/06/24 08:55:22
陶芸体験とかしてみたいなぁ!そらぞれの器の素晴らしさとかはわからないけど、自分の作ったのなら愛着湧きそう!

このページにコメントする

>>体験コメントとは

PR

ページTOP

TOP