高級感漂う馬蹄階段や豪華な客席!福岡のランドマーク「博多座」

博多座

開館は平成11年。和と洋が融合した外観、高級感漂うロビーの馬蹄階段、所狭しと並ぶ売店、さらに豪華な客席や花道を備えた舞台周りも含め、多くの俳優や歌舞伎役者も絶賛する演劇専門劇場。レストランやカフェ、お土産売場などが常設されている劇場は福岡市内でここだけで、観劇以外にも楽しめるコンテンツがたくさん! 中州川端駅に直結し、福岡空港や博多駅、天神からも好アクセスなので、県外の演劇ファンにも愛されている。

更新日:2018/10/02

博多座

上階席でも舞台を近くに感じられる客席空間

博多区の下川端地区(現リバレイン地区)の再開発計画の一環として誕生した「博多座」は、九州における演劇文化復興のシンボル。平成28年には舞台装置が最新機材に入れ替わり、絨毯や客席なども改修されてリニューアルオープン。歌舞伎、宝塚、歌劇、ミュージカル、ストレートプレイなど幅広い演目を楽しむことができる。

観劇の際の心地よさも魅力。客席の椅子は、背もたれの高さや角度、列間幅などが微妙に異なっていて、どこに座っても舞台が見えやすいように配慮。2階席や3階席でも舞台を近く感じられると、あえて上階の席を選ぶ人もいるそう。実際にステージに立つと観客の反応もダイレクトに伝わり、出演者陣をも虜にするほど。魅力的な客席空間で自分のお気に入りの場所を見つけて。

博多座

歌舞伎座や帝国劇場にも引けを取らない舞台設備

“歌舞伎と本格的なミュージカルを上演できる劇場を”と作られた博多座は、東京の歌舞伎座や帝国劇場にも引けを取らない舞台設備が魅力。幅20メートル、奥行き21メートルの大きな舞台は、歌舞伎の花道や世界的なミュージカル『ミス・サイゴン』に登場する、実物大のヘリコプターの大掛かりなセットも組むことができる。また、1階客席の一部分を取り外すと、オーケストラピットになるのも特徴のひとつ。最新の音響設備とともに、ダイナミックな演出に感動するはず。

博多座

劇場内は五感を刺激するワクワクが満載!

天井の照明がゴージャスなエントランスに入ると、大理石の床になんとアンモナイトの化石が! 2階へ上がると数多くの売店がずらっと並んでいて、さらにテンションアップ! なかでも、ちょうちんのモチーフや博多座のロゴが可愛いオリジナル商品はここでしか買えないので、ぜひゲットして。色とりどりのお弁当も常設の3店で購入可能。さらに、館内のいたるところに「福岡アジア美術館」の美術品も展示されている。館内をぶらぶら歩くだけでワクワクが止まらない楽しい劇場へ、一度トリップしてみて。

【福岡・中洲川端】博多座

スポット名
博多座
電話番号
0922635858 0922635858 (代)
住所
〒812-8615 福岡県福岡市博多区下川端町2-1 Map
交通アクセス
地下鉄「中洲川端駅」7番出口直結
総座席数
1454(花道使用時)
主な施設
レストラン「花幸」、「HAKATAZA LOUNGE」、「CJカフェ」、「HAKATAZA BAKERY」、売店
ホームページ
博多座の詳細はこちら

【特集】初心者でも、ツウでも!楽しい歌舞伎

“歌舞伎=難しくてわからないもの”って思っていない? 粋や義理人情、恋愛模様などが詰まったドラマチックな作品は、1度観たらハマること間違いなし。興味はあるけどなかなか観るきっかけがなかった歌舞伎へ、今こそ出かけてみよう。

WRITING/MACHIKO MIYATA

  • LINEで送る