恋する歌舞伎

ビジュアルも振る舞いも規格外!仇討まっしぐらな次男のお正月とは

日本の伝統芸能・歌舞伎。興味はあるけどちょっと難しそう・・・なんて思ってない? そんな歌舞伎の世界に触れてもらうこの連載。古典ながら現代にも通じるストーリーということを伝えるために、イラストは現代風に超訳してお届け。今回は、歌舞伎十八番の内「矢の根(やのね)」に注目します!

更新日:2020/07/22

恋する歌舞伎 第60回
歌舞伎十八番の内「矢の根(やのね)」

歌舞伎十八番の内「矢の根(やのね)」

【1】武士に休みなどない!家でひとり、研いでいるのは謎に大きな・・・

梅が咲き誇る新年を迎えたある日。曽我五郎時政(そがのごろうときまさ)は、家で大きな矢の根(やじり・鉄でできた矢の先端部分)を研いでいる。五郎は幼い頃に、実父を工藤祐経(くどうすけつね)に討たれた過去があり、敵討ちを果たすために準備をしているのだ。新年ということもあり、田作り・なます・昆布巻・海老など、おせち料理を読み込んだセリフで、敵討ちの意志を威勢よく語っている。しかし現在置かれている貧乏な身の上を嘆き、腹いせに七福神1人ひとりの悪口を言っている。

歌舞伎十八番の内「矢の根(やのね)」

【2】せっかくいただいた縁起物。有効活用するためにとった行動は

そこへ大薩摩文太夫(おおざつまぶんだゆう)が年始の挨拶にやってくる。浄瑠璃の師匠である文太夫が持参したのは、縁起物である宝船の絵。おめでたい1品を、五郎は喜んで受け取る。文太夫が立ち去ると、五郎は「憎き祐経の首を引っこ抜く夢でも見よう」と思いつく。先ほどまで矢の根を磨いていた砥石を枕がわりにし、その下に宝船の絵を敷き、準備は万端。「ヤットコトッチャウントコナ!(※)」と掛け声を発したかと思うと、勢いよく大の字になり、あっという間に眠りにつく。

※ヤットコナ・ドッコイショ・ウントコサの3つの掛け声を重ねたもの。本作のような荒事のセリフによく用いられる

歌舞伎十八番の内「矢の根(やのね)」

【3】兄からのSOSをキャッチ。もう寝ている場合ではない!

ぐっすり寝入った五郎の夢に出てきたのは、兄の十郎。やつれた姿で「工藤祐経の館に閉じ込められている」というのだ。十郎は五郎に助けを求めたところで、ふっと姿を消してしまう。五郎は「今の夢は兄が念力を送ったものであろう、緊急事態だ」と目を覚ます。そして大急ぎで、兄を救出するための支度を始めるのだった。

歌舞伎十八番の内「矢の根(やのね)」

【4】正義感に燃える男に周囲など見えない!大根片手に猪突猛進

そこへ馬士(まご※)の畑右衛門(はたえもん)が現れたので、五郎は馬を貸してほしいと申し出るが、拒否される。一刻も早く兄を助けたいと思う五郎は、畑右衛門を突き飛ばし、強引に馬にまたがる。そして馬の背に積んであった大根を鞭(むち)にして、工藤の館をめざすのだった。

※馬に荷を引かせる人

歌舞伎十八番の内「矢の根(やのね)」とは

「矢の根」は享保14(1729)年1月、江戸中村座で初演された「扇恵方曽我(すえひろえほうそが)」の一幕が基になっている。江戸時代は初春興行で「曽我物」(曽我兄弟の仇討を素材にした作品)を上演するのが吉例だった。「助六」「寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)」も曽我物に分類される。五月人形に見立てた五郎の扮装や錦絵のような演出、「背ギバ(せぎば)」(※1)、「柱巻きの見得(はしらまきのみえ)」(※2)、「元祿見得(げんろくみえ)」(※3)など荒事の魅力が詰まった一幕である。

※1 足を開いて尻で落ちる「ギバ」の中の、背中から落ちる動作
※2 柱に手と足を巻きつけるように形をとる見得
※3 足を踏み出しながら、右手を伸ばし、左手はひじを曲げて上にかざす見得

監修・文/関亜弓
歌舞伎ライター・演者。大学在学中、学習院国劇部(歌舞伎研究会)にて実演をきっかけにライターをはじめ、現在はインタビューの聞き手や歌舞伎と他ジャンルとのクロスイベントなども行う。代表を務める「歌舞伎女子大学」では、現代演劇を通して歌舞伎の裾野を広げる活動をしている。

イラスト/カマタミワ

こちらもチェック!動画で楽しむ「恋する歌舞伎」

おうち時間やランチタイム、ちょっとした休憩時間に、歌舞伎のストーリーを動画で勉強してみよう。現代風にアレンジした読みやすい内容と、絶妙に笑える超訳イラストで、初心者でも気軽に楽しめるはず。

歌舞伎公演が再開!幸四郎、猿之助、愛之助、勘九郎、七之助が出演『八月花形歌舞伎』

八月花形歌舞伎

歌舞伎座が『八月花形歌舞伎』で待望の再開をする! 公演は4部制で、親子の情愛を描いた「連獅子(れんじし)」、ユーモアあふれる「棒しばり」、桜咲き誇る奈良の吉野を舞台にした美しい舞踊劇「義経千本桜 吉野山」、切ない大人の恋物語「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)源氏店」を上演。どれも、初心者にもわかりやすく、歌舞伎ならではの華やかさと楽しさを存分に体感できる。また、松本幸四郎、市川猿之助、片岡愛之助、中村勘九郎、中村七之助、市川中車など、若手歌舞伎役者が出演するのも嬉しい。1部につき1幕のみの上演で、時間も短く(休憩なしの約1時間)、リーズナブルなので気軽に足を運んでみて!

【特集】初心者でも、ツウでも!たのしい歌舞伎案内

[[<https://www.ozmall.co.jp/experience/kabuki/>]]

“歌舞伎=難しそう”って思っていない? 義理人情、恋愛模様に笑いと涙が詰まったドラマチックな物語や、華やかで大胆な衣装や舞台、演出、そしてなんといっても、伝統芸能を受け継ぐ役者たちの圧巻の演技! 一度観たらハマること間違いなし。そんな歌舞伎の演目や、公演情報、劇場についてご紹介します。

  • LINEで送る