バレエ

キエフ・バレエ『白鳥の湖』

キエフ・バレエ『白鳥の湖』

1月10日(金) ~1月11日(土)

東京都・上野

夢の世界!芸術の都キエフの名バレエ団が魅せる最高傑作『白鳥の湖』

150年の歴史を誇り、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場とともに旧ソ連における三大劇場と称される、ウクライナ国立アカデミー・オペラ・バレエ劇場を本拠地とするキエフ・バレエが今年も来日! 古典バレエの最高傑作『白鳥の湖』を東京文化会館で披露する。本場の名バレエ団ならではの抜群のテクニックと、芸術の都キエフで育まれた格調高くエレンガスなバレエは別格の美しさ。夢の世界に浸りながら、2020年新年を名作とともに迎えて。

プラン一覧

『白鳥の湖』のS席チケットにチョコレートのお土産付き

プラン画像 画像サイズ650×406

■1人14500円(税込)
通常16000円のS席チケットに「カファレル」のチョコレート(アソート6粒入)付き
<開催日>
2020/1/10(金)【公演】18:30(18:00開場)~21:30[予定]
2020/1/11(土)【公演】12:00(11:30開場)~15:00[予定]
2020/1/11(土)【公演】17:00(16:30開場)~20:00[予定]

見どころ

見どころ画像 画像サイズ650×406

芸術の都キエフに君臨する名門キエフ・バレエが来日!本場のバレエに酔いしれて

芸術の都キエフに本拠地を置き、150年の歴史と伝統を誇るキエフ・バレエ。世界にその名を轟かせるスター・ダンサーを多く輩出している名門であり、芸術の都ならではの美しいスタイルと抜群のテクニック、ダイナミックで迫力あるステージで人気を誇る。本公演には、キエフの至宝フィリピエワをはじめ、実力ある人気ダンサーたちが出演。観る者をクギづけにする本場のバレエをお楽しみに。

見どころ画像 画像サイズ650×406

究極の美、儚く美しいロマンティックな傑作『白鳥の湖』

一度は観てみたいクラシック・バレエの代表作『白鳥の湖』を上演。邪悪な魔法を打ち破る真実の愛を描いたストーリー、チャイコフスキーの優美な音楽、白鳥たちの幻想的な舞のすべてがロマンティック。抒情詩のように美しく浮かび上がる白鳥たちの群舞、対照的な白鳥オデットと黒鳥オディール(1人2役)の鮮やかな演じ分け、舞踏会での華やかな各国の踊りなど見どころ満載。

あらすじ 画像サイズ650×406

あらすじ

成人したジークフリート王子が湖へ狩りにやってくる。そこで王子が出会ったのは美しいオデット姫。オデットは悪魔ロットバルトの魔法で白鳥に変えられ、夜の間だけ本当の姿に戻ることができる。美しいオデットの魔法を解くことできるのは、まだ愛を誓ったことのない青年の真実の愛。ジークフリートはオデットに愛を誓うと約束する。宮殿では舞踏会が開かれ、花嫁候補が舞う。そこに黒鳥の姿をしたオディールが現れ、ジークフリートはオデットと間違え愛を誓ってしまう・・・。

公演データ

会場

東京文化会館 大ホール

日程

2020/1/10(金)18:30開演
2020/1/11(土)12:00開演/17:00開演

チケット通常価格

SS席18000円、S席16000円、A席13000円、B席11000円、C席9000円、D席7000円
※未就学児のご入場はご遠慮ください

出演予定キャスト

2020/1/10(金)18:30開演
ノヴィコワ&サラファーノフ ほかキエフ・バレエ

2020/1/11(土)12:00開演
ムロムツェワ&ヴァーニャ ほかキエフ・バレエ

2020/1/11(土)17:00開演
フィリピエワ&スハルコフ ほかキエフ・バレエ

※出演者は変更になる場合がございます

指揮:ミコラ・ジャジューラ ほか
管弦楽:ウクライナ国立歌劇場管弦楽団

会場住所

東京都台東区上野公園5-45

会場アクセス

JR「上野駅」公園口改札より徒歩1分

  • LINEで送る

TOP