コンサート

『東儀秀樹×古澤巌×cobaコンサートツアー2019』

『東儀秀樹×古澤巌×cobaコンサートツアー2019』

9月5日(木)

東京都・渋谷

東儀秀樹×古澤巌×coba 世界に誇る超絶アーティストが織りなす極上の音楽に酔いしれて

世界に誇る3人の超絶アーティスト、東儀秀樹、古澤巌、cobaが運命的な出会いを果たし、ともに55歳のときに結成した「TFC55」。雅楽器、バイオリン、アコーディオンの三種の楽器により、劇的で感動的で奇跡的な新世界音楽を創り出してきた彼ら。今年、揃って還暦を迎えるにあたり、8月10日の山梨を皮切りに「東儀秀樹×古澤巌×coba コンサートツアー2019 TFC55 Limited Edition」がスタートする。オズでは9月5日のNHKホールの公演をリザーブ。今年限りの特別なコンサートで、3人が奏でる極上のサウンドを体感して。

プラン一覧

「東儀秀樹×古澤巌×cobaコンサートツアー2019」S席チケットがお得!

プラン画像 画像サイズ650×406

■1人7300円(税込)
通常7500円のS席鑑賞チケットがお得
<開催日>
2019/09/05(木)【公演】19:00開演(18:00開場)~

見どころ

見どころ画像 画像サイズ650×406

エネルギッシュで刺激的!絶妙コラボユニット・東儀秀樹×古澤巌×cobaとは?

雅楽器とバイオリンとアコーディオン、三種の楽器が創り上げる宇宙感で、多彩な表現を描き上げるウルトラスーパー級の音楽エンターテインメント、それが東儀秀樹×古澤巌×coba =TFCのステージ。3人の呼吸がひとつになり、さまざまな音色やリズムが自在に奏でられる。それは、豊かな音楽性と確かな技術に裏付けされたホンモノの音楽、TFCにしかできない新しい音楽。3人の音楽世界を一度味わうと、やみつきになってしまうはず。

プロフィール

東儀秀樹 (雅楽師)
宮内庁楽部在籍中、宮中儀式や皇居において行われる雅楽演奏会などに出演するほか、海外での公演にも参加、日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担う。1996年デビューアルバム「東儀秀樹」で脚光を浴び、以後次々とアルバムをリリース。日本レコード大賞企画賞、ゴールドディスク大賞純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー、平成16年芸術選奨文部科学大臣新人賞など、受賞歴多数。2018年8月、映画「レ・ミゼラブル」の「On My Own」、黒澤明監督作品「生きる」の「ゴンドラの唄」など、国内外で大ヒットした映画音楽を収録したアルバム「ヒチリキ・シネマ」をリリース。

古澤巌(ヴァイオリニスト)
1979年、日本音楽コンクール第1位。カーチス音楽院、モーツァルテウム音楽院等で20世紀の巨匠ミルシティン、ヴェーグ、ギトリス、チェリビダッケ、バーンスタイン等に師事。今までにヨーヨーマ、グラッペリをはじめ、世界的なアーティストとの共演多数。恒例12月のベルリンフィル・メンバーとのツアーではイタリアの作曲家マリーノの新作を世界初演。2016年より葉加瀬、高嶋との「三大バイオリニスト」公演をスタート。洗足学園音楽大学客員教授。2019年5月ベルリンフィル・メンバーとの新譜「Limpida ~潤いの時」を発売。

coba(アコーディオニスト)
18歳でイタリアに留学。1980年世界アコーディオンコンクールで東洋人として初優勝。以来、ヨーロッパ各国でのCDリリース、チャート1位獲得など、“coba”の名前と音楽は国境を越え世界の音楽シーンに影響を与え続けている。また、映画、舞台、テレビ、CM音楽をプロデュース、演奏家やオーケストラへの委嘱作品を手掛けるなど、作曲家としても活躍。2019年4月「FESTA! coba 60歳の日」を開催し“夢のプロジェクト”を発表。日本レコード大賞特別賞、日本アカデミー賞音楽優秀賞、イタリア・ヴェネト州ミラーノ市名誉市民賞など多数受賞。

公演データ

会場

NHKホール

日程

2019/9/5(木)

チケット通常価格

S席7500円、A席6500円

会場住所

東京都渋谷区神南2-2-1

会場アクセス

JR「原宿駅」より徒歩10分、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」2番出口より徒歩10分、JRほか「渋谷駅」より徒歩15分

  • LINEで送る

TOP