コンサート

『フジコ・ヘミング コンサート』

『フジコ・ヘミング コンサート』

11月28日(木) ~12月9日(月)

東京都・新宿

ファン待望の「ラ・カンパネラ」も!人生を奏でるピアノに、涙し感動するひとときを

日本デビュー20周年を迎えた“魂のピアニスト”フジコ・ヘミング。フジコの人生、フジコの感性が奏でる情感あふれる演奏は、「胸が熱くなる」「泣ける!」とクラシックファンではない人たちの心も掴み、コンサートチケットは即完売&入手困難として有名。そんな超人気公演を、今回特別にOZがリザーブ。一度は生で聴いてみたい「ラ・カンパネラ」のピアノリサイタルに涙し、それぞれの日程で異なる来日オーケストラとの共演、異なるプログラムに聴き惚れて。貴重なチャンスゆえ、予約はお早めに。

プラン一覧

フジコ・ヘミング コンサートのS席チケットにホテルのランチ付き

プラン画像 画像サイズ650×406

■1人14400円(税込)
通常12000円のS席鑑賞チケットにホテルランチ付き
<開催日>
『フジコ・ヘミング&イタリア管弦楽団』
2019/11/28(木)【ランチ】11:30入店~14:00→【公演】19:00開演(18:30開場)~
『フジコ・ヘミング&コヴェント・ガーデン・ソロイスツ』
2019/12/09(月)【ランチ】11:30入店~14:00→【公演】18:30開演(18:00開場)~

見どころ

見どころ画像 画像サイズ650×406

日本で最も支持される伝説的ピアニスト、フジコ・ヘミングのピアノに酔いしれて

聴力を失うという苦難を乗り越え、60代でデビューして以来、ヨーロッパ、日本、北米南米と世界中で年間約60本の演奏を続けるフジコ・ヘミング。叙情的でドラマティックな演奏は、クラシックファン以外の人の心も掴み、デビューアルバム『奇蹟のカンパネラ』は累計200万枚(2012年4月時点)というクラシック音楽界では異例の大ヒット。人生を奏でるピアノ、胸に迫る音色を体感し、元気をチャージして。

フジコ・ヘミング
ピアニスト大月投網子とロシア系スウェーデン人の画家、建築家ジョスタ・ゲオルギ・ヘミングの間にベルリンで生まれる。東京芸術大学を経て、ドイツに留学。今世紀最大の作曲家・指揮者のひとり、ブルーノ・マデルナにウィーンで才能を認められ、彼のソリストとして契約(レナード・バーンスタインからの支持と援助あり)。しかし、ウィーンでの演奏会の直前に両耳の聴力を喪失(現在は左耳が40%ほど回復)。1999年テレビのドキュメンタリー番組をきっかけに一躍時の人となる。

11/28はイタリア管弦楽団、12/9はコヴェント・ガーデン・ソロイスツが共演!

コンサートでは、フジコ・ヘミングのテーマ曲「ラ・カンパネラ」の生演奏を聴けるのはもちろん、11/28はイタリア管弦楽団との共演でモーツァルト「フィガロの結婚」などを、12/9はコヴェント・ガーデン・ソロイスツとの共演でモーツァルト「ピアノ協奏曲 21番」などを披露。フジコと来日オーケストラによる化学反応が、ふだんは味わえない「音楽の感動」を届けてくれるはず。贅沢なひとときをお楽しみに。
※プログラムは変更となる場合があります

公演データ

会場

東京オペラシティ コンサートホール

日程

2019/11/28(木)『フジコ・ヘミング&イタリア管弦楽団』
2019/12/09(月)『フジコ・ヘミング&コヴェント・ガーデン・ソロイスツ』

チケット通常価格

S席12000円、A席10000円、B席8000円

※未就学児入場不可

演奏予定曲目

2019/11/28(木)『フジコ・ヘミング&イタリア管弦楽団』
・モーツァルト:序章『フィガロの結婚』
・モーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467(フジコ・ヘミング:ピアノ)
・メンデルスゾーン:交響曲 第4番『イタリア』イ長調 Op.90
・リスト:ラ・カンパネラ 他(フジコ・ヘミング:ピアノ独奏)

2019/12/09(月)『フジコ・ヘミング&コヴェント・ガーデン・ソロイスツ』
第一部 フジコ・ヘミング リサイタル リスト ラ・カンパネラ 他
第二部 コヴェント・ガーデン・ソロイスツ 共演 モーツァルト ピアノ協奏曲21番 他

※曲目・曲順は一部変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください

会場住所

東京都新宿区西新宿3-20-2

会場アクセス

京王新線(都営地下鉄新宿線乗り入れ)「初台駅」東口より徒歩5分

  • LINEで送る

TOP