ジャズ

『NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇』

『NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇』

Ⓒ上野隆文

8月30日(金)

東京都・池袋

オーケストラ演奏×色彩感溢れるジャズ!感動と興奮にときめく大人の夏の1日を

ジャズの影響を受けた管弦楽シンフォニック・ジャズの名曲と、新作をいっぺんに満喫できるコンサート『NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇』。NYを拠点に活躍するジャズ作曲家、挾間美帆がプロデュースすることでも話題を集め、コンサートでは彼女が新たに作曲した「ピアノ協奏曲」も人気ジャズピアニスト、シャイ・マエストロをソリストに迎え世界初演。ジャズならではのリズム、ハーモニー、親しみやすさを取り入れた演奏で、感動と興奮に包まれる夏の1日を。今回特別に、オズモール会員限定のシークレットプランでどこよりもお得にお席を確保!

プラン一覧

『NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇』のS席チケットにアメリカ発オシャレなポップコーンのお土産付き

プラン画像 画像サイズ650×406

■OZ会員限定シークレットプラン
通常8000円のS席チケットにククルザ ポップコーンのお土産付き
<開催日>
2019/08/30(金)【公演】19:00開演(18:00ロビー開場)
※18:40~挾間美帆によるプレトークを開催

見どころ

見どころ画像 画像サイズ650×406
左:MihoHazama ⒸHiroyuki Seo 右:原田慶太楼 ⒸClaudia Hershner

世界がリスペクトする天才、挾間美帆がプロデュース、原田慶太楼 指揮の注目コンサート

プロデュースを務める挾間美帆は、Newsweek誌(2019年4月30日号)による「世界が尊敬する日本人100」に選出され、ジャズ界で最も権威のある米・ダウンビート誌では「未来を担う25人のジャズアーティスト」特集で、アジア人で唯一選出されたジャズ界の逸材。タクトを握るのは、アメリカのメジャー、シンシナティ交響楽団で活躍する原田慶太楼。30代前半の天才2人による「オーケストラ×ジャズ」をお楽しみに。

見どころ画像 画像サイズ650×406
Shai Maestro ⒸGabriel Baharlia

ガーシュウィンから最新のものまで。シンフォニック・ジャズ初心者も楽しめるプログラム

第1部は、シンフォニック・ジャズに欠かせない、ガーシュウィン、バーンスタインの名曲から始まり、挾間が大きな影響を受けた音楽家・作曲家であり、太鼓判をおすクライス・オガーマンとヴィンス・メンドーサの作品を取りあげる。1930年初演のブロードウェイミュージカルであるガーシュウィンの『ガール・クレージー』や、『ウエスト・サイド・ストーリー』で有名なバーンスタインが初めて作曲したミュージカル『オン・ザ・タウン』など、どこかで聞いたことがあるメロディーに自然と体がスイングしそう。第2部ではNYで大人気の天才ジャズ・ピアニスト、シャイ・マエストロの作品と、挾間の「ピアノ協奏曲」を。「ピアノ協奏曲」ではジャズの醍醐味である即興で、シャイ・マエストロが沸かせてくれるかも!

公演データ

会場

東京芸術劇場 コンサートホール

日程

2019/8/30(金)19:00開演(18:00ロビー開場)
※18:40~挾間美帆によるプレトークを開催

チケット通常価格

S席8000円、A席6500円、B席5000円、高校生以下1000円

※未就学児入場不可

キャスト

構成・作編曲/挾間 美帆
指揮/原田 慶太楼
ピアノ/シャイ・マエストロ*
演奏/東京フィルハーモニー交響楽団

曲目

ジョージ・ガーシュウィン/『ガール・クレージー』序曲
クラウス・オガーマン/『シンフォニック・ダンス』から第1楽章、第3楽章
ヴィンス・メンドーサ/インプロンプチュ
レナード・バーンスタイン/『オン・ザ・タウン』から「3つのダンス・エピソード」
シャイ・マエストロ(挾間美帆編曲)/ザ・フォーガットン・ヴィレッジ* ほか
挾間美帆/ピアノ協奏曲第1番*(東京芸術劇場委嘱作品・世界初演)

会場住所

東京都豊島区西池袋1-8-1

会場アクセス

駅地下通路2b出口より直結、JR・東京メトロほか「池袋駅」西口より徒歩2分

  • LINEで送る

TOP