歌舞伎

歌舞伎座 『七月大歌舞伎(夜の部)』

歌舞伎座 『七月大歌舞伎(夜の部)』

7月12日(木) ~7月23日(月)

東京都・銀座

市川海老蔵と息子の堀越勸玄くんが出演!團十郎家の「源氏物語」を歌舞伎座で初上演

歌舞伎座『七月大歌舞伎』(夜の部)は、市川海老蔵と長男の堀越勸玄くんの親子共演が楽しめる! 今回の演目「源氏物語」は、團十郎家が3代に渡って演じてきた思い入れが強い作品で、プレイボーイの光源氏を市川海老蔵が、光源氏の幼少期の光の君役を市川海老蔵の長男・勸玄くんが演じる。歴史的に初めての試みとなる宙乗りも見どころのひとつ。「源氏物語」の美しい世界観にどっぷり浸かりながら、「出演が楽しみ」と満面の笑みを見せた勸玄くんにも注目して。

プラン一覧

『七月大歌舞伎』(夜の部)1等席鑑賞にお弁当付き

プラン

■1人18000円(税込)
(通常18000円の1等席鑑賞チケットに7月限定お弁当+通常700円のイヤホンガイド付き)

見どころ

見どころ1

1000年以上に渡って親しまれてきた名作、團十郎家の代々の演目「源氏物語」

「祖父がつくった『源氏物語』、父が継承した『源氏物語』、そして私が変化を与えて幅を広げた『源氏物語』。倅がそれを見て、自分の『源氏物語』をつくるのではないか」。そう語る市川海老蔵にとって「源氏物語」は愛着も思い入れも強い作品。当代海老蔵が5歳で初お目見得を果たした作品で、同じ5歳の勸玄くんが勤める若き日の光の君の姿、そして見目麗しい光源氏にうっとり!

市川海老蔵と堀越勸玄くんの親子共演、初めての試みとなる宙乗りなど見どころ満載!

4年前から上演を重ねている市川海老蔵の「源氏物語」が、歌舞伎座で上演されるのは初めて。今回は、親子共演を果たす勸玄くん演じる光の君のドラマに焦点をあてた芸術性の高いもので、歴史的に初めての試みとなる宙乗りも披露する。市川海老蔵は「紫式部が書いた時代にタイムトリップしたのかと思わせる世界観と、映像により際立つ光の君の孤独をご期待ください」と意気込みをみせている。歌舞伎らしい見せ場が盛りだくさんながら全く新しい「源氏物語」が楽しめそう。

見どころ3

鑑賞をサポート!OZ予約特典イヤホンガイドの貸し出しチケット付き

歌舞伎の世界をより深く楽しめる「イヤホンガイド」。舞台の進行に合わせて音声解説が始まり、時代背景や登場人物などの説明、衣裳や小道具についての豆知識、目の前の舞台上で行われた役者の動作がどんな意味を持つのかまで詳細に教えてくれる。日頃から多くの歌舞伎ファンにも利用されているこのアイテム、通常は有料レンタルのところ、今回OZ予約特典として貸し出しチケット付き。演目の予習をしなくても、ストーリーと見どころがしっかり分かるので安心して。

※イヤホンガイドの貸出時には別途保証金1000円が必要です。1000円は返却時にもどります

あらすじ

あらすじ

石山寺で、筆を走らせている紫式部。紫式部がしたためている書物こそ「源氏物語」。輝かんばかりの美貌と才気を兼ね備えた光源氏の物語が描き出される。光源氏は皇子として生まれるが、幼くして母を亡くし、わが子の将来を案じた父桐壺帝によって、皇族から臣下の位に降ろされてしまう。人々の羨望を受ける光り輝く皇子として生まれながら、心に抱える深い闇。その光源氏の中に混在する光と闇が、紫式部に物語を書かせる・・・。

公演データ

会場

歌舞伎座

日程

2018/7/5(木)~2018/7/29(日)

チケット通常価格

1等席18000円、2等席14000円、3階A席6000円、3階B席4000円、1階桟敷席20000円

出演者

市川海老蔵 他

会場住所

東京都中央区銀座4-12-15

会場アクセス

東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」3番出口より直通。東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」A7番出口より徒歩5分。

歌舞伎特集

【特集】初心者でも楽しめる!女子のための歌舞伎案内

“歌舞伎=難しくてわからないもの”って思っていない? 粋や義理人情、恋愛模様などが詰まったドラマチックな作品は、1度観たらハマること間違いなし。興味はあるけど遠い世界に思っていた歌舞伎、今こそ始めてみよう。観劇のマナーから歌舞伎の演目にまつわること、歌舞伎座で過ごす1日をご紹介。

  • LINEで送る

TOP