歌舞伎

『初春海老蔵歌舞伎』

『初春海老蔵歌舞伎』

1月6日(水) ~1月16日(土)

東京都・銀座

完売必至の人気公演!市川海老蔵の『初春海老蔵歌舞伎』で、華やかな新年の幕開けを

正月飾りが艶やかな新橋演舞場の年初めを飾るのは、市川海老蔵が出演する『初春海老蔵歌舞伎』。1月の新橋演舞場に数多く出演してきた市川海老蔵だが、自身の名前に“歌舞伎”を冠するのは初めて。演目は、華やかな舞踊「春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)」をはじめ、“歌舞伎十八番”の中でも屈指の人気演目「毛抜(けぬき)」、ぼたんちゃんと勸玄くんが出演する「藤娘(ふじむすめ)」「橋弁慶(はしべんけい)」を上演。オズモールでは、チケットの予約困難なこの市川海老蔵のお正月歌舞伎を特別にリザーブ。1月は日本の伝統芸能を満喫しに出かけてみては。

【新型コロナウイルス感染症に関する注意事項】

「新型コロナウイルス感染拡大防止および感染予防対策」に関しましては、下記の【歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人」】より内容をご確認のうえ、ご来場ください。
【歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人」】

プラン一覧

『初春海老蔵歌舞伎』一等席チケットを特別リザーブ

東京体験・エンタメ予約650×406

■1人14000円(税込)
通常14000円の一等席チケットをリザーブ

<開催日時>
2021/01/06(水)16:30開演~
2021/01/09(土)16:30開演~
2021/01/10(日)16:30開演~
2021/01/16(土)16:30開演~

見どころ

連載【恋する歌舞伎】第15回「毛抜」を動画でチェック

弁慶演じる海老蔵と、牛若を演じる勸玄くんの親子共演も!

毛が逆立つ病気でお嫁に行けないヒロインが登場する「毛抜き」では、奇病の謎を探る公家の家臣・粂寺弾正(くめでら・だんじょう)を市川海老蔵が豪快に演じる 。大きな“毛抜き”が踊りだす驚きとユーモア溢れる物語は分かりやすく、歌舞伎初心者でも楽しめるはず。また、歌舞伎ツウにとっては、役者を幼い時から応援して成長していく様子を見届けるのも醍醐味のひとつ。長唄舞踊の名作「藤娘」では、可憐に踊るぼたんちゃんが、「橋弁慶」では、牛若を演じる勸玄くんが登場。2人の愛らしい演技に、会場中が沸き上がるはず。

あらすじ

一、春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)
新年を寿ぐ華やかな舞踊
 父を工藤祐経(くどうすけつね)に闇討ちされた曽我五郎と十郎の兄弟は、亡父の恨みを晴らそうと静御前とともに祐経の館にやってくる。仇を討とうと兄弟は勇み立つが静御前は2人をなだめ、たおやかに踊る。続いて春の七草の名が詠み込まれた長唄に乗せて3人は扇を俎板(まないた)と擂粉木(すりこぎ)に見立てて七草を打ち始める様子を見せていく。やがて、時節を待って本懐を遂げようと思い改めた十郎と五郎は静御前とともに国土案穏や天長地久を祈り、新しき春を寿ぎめでたく舞い納めます。
 春の七草行事を曽我物に織り込んだ、新年の初芝居にふさわしい華やかな舞踊。


二、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)
粂寺弾正(くめでらだんじょう)が活躍するおおらかな歌舞伎十八番
 小野小町の子孫、春道の屋敷を訪れた粂寺弾正。主人・文屋豊秀(ぶんやのとよひで)への輿入れが遅れている姫君・錦の前(にしきのまえ)の様子をうかがいにやって来ましたが、家宝である小町の短冊が盗み出されたうえ、錦の前は原因不明の病にかかり伏せっている。髪の毛が逆立つ姫の奇病を見て考え込んだ弾正だが、手にした毛抜がひとりでに踊り出したことから、姫の奇病の仕掛けを見破り、さらには悪人から小町の短冊も取り戻すと、意気揚々と屋敷を後にするのだった。
 愛嬌と知性を兼ね備えた捌き役(さばきやく)粂寺弾正を市川海老蔵が勤める。古風な味わいのおおらかな歌舞伎十八番が楽しめる。

三、上 藤娘(ふじむすめ)
愛らしさと美しさをみせる長唄舞踊の名作
 松の大木には、藤の花が絡んで咲き誇っている。そこへ、美しい娘姿の藤の精が現れる。藤の精は花と戯れるように可憐に踊ると、いつしかその姿を消すのだった。
 市川ぼたんが華やかで可憐な藤の精に挑戦する。

三、下 橋弁慶(はしべんけい)
源義経と武蔵坊弁慶の出会いを描く勇壮な舞踊劇
 武蔵坊弁慶は、京の五條橋で武芸に優れた少年が現れると聞く。そして五條橋に向かった弁慶の前に牛若丸が現れる。弁慶は薙刀(なぎなた)をふるって牛若丸に挑むが、ついに打ち負かされてしまう。
 市川海老蔵と堀越勸玄の親子が勤める注目のひと幕。

(歌舞伎美人より引用)

公演データ

■公演会場
新橋演舞場
東京都中央区銀座6-18-2

■アクセス
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」6出口より徒歩5分、都営大江戸線「築地市場駅」A3出口より徒歩3分

■公演日程
2021/1/3(日)~2021/1/17(日)

■通常料金
一等席14000円、二等A席8000円、二等B席4500円、三階A席4500円、三階B席2500円

■出演者
一、春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)
曽我五郎  市川 右團次
静御前   中村 児太郎
曽我十郎  中村 壱太郎

二、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)
粂寺弾正  市川 海老蔵
秦民部   市川 男女蔵
腰元巻絹  中村 壱太郎
秦秀太郎  中村 児太郎
小野春風  大谷 廣松
八剣数馬  市川 九團次
小原万兵衛 片岡 市蔵
小野春道  市川 齊入
八剣玄蕃  市川 右團次

後見    市村 家橘

お年玉
三、上 藤娘(ふじむすめ)
  下 橋弁慶(はしべんけい)
〈藤娘〉
藤の精   市川 ぼたん

〈橋弁慶〉
武蔵坊弁慶 市川 海老蔵
牛若丸   堀越 勸玄

■公式サイト
『初春海老蔵歌舞伎』

注意事項

予約に関する注意事項

■本プランに関する諸注意
・チケットは当日、新橋演舞場の切符売場で開演60分前よりお渡しいたします。

■会場での受付について
・予約完了メールのプリントアウトもしくはメール画面をご提示ください。
(オズモールで「東京体験プラン」を予約した旨と、お申込み者様のお名前・予約番号(OZE~)がわかるようにご提示ください)

■東京体験・エンタメ予約に関する諸注意
・申し込み可能人数以上の予約を希望される場合は、同行者様のアカウントから別途申し込みの上、下記OZmall編集部・イベント担当までご相談ください。なお、配席の相談は、配券の都合上希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。劇場の客席は原則、前後左右を空けた席配置になります。そのため、同行者とお席が離れる可能性があります。あらかじめご了承ください。
・参加料金の支払い手続き完了後のキャンセル、予約日程・人数の変更、返金はいたしかねます(クレジットカード決済の場合「お支払い手続き完了」画面の表示をもって手続きが完了します)。
・公演の席指定はできません。
・チケットの転売は、固く禁じます。

問い合わせ先

■公演に関するお問い合わせ
03-5800-3200(CNプレイガイド) 

■そのほかご質問・お問い合わせ
OZmall編集部・イベント担当(土日祝を除く10:00~17:00)

よくある質問

■交通機関により公演の開演時間に間に合わなかった場合どうなりますか
開演時間を過ぎても原則鑑賞は可能です。ただし、公演によっては入場・鑑賞を制限させていただく場合もあります。なお、参加料金の払い戻しはいたしかねます。

■交通機関によりレストランの入店時間に間に合わなかった場合どうなりますか(食事付きプランの場合)
時間によっては、食事をお召し上がりいただけない場合があります。当日、レストランに直接ご相談ください。なお、参加料金の払い戻しはいたしかねます。

■公演に参加できなかった場合、お土産は後日発送してもらえますか(お土産付きプランの場合)
公演当日に各会場(店舗)にてご自身で受け取るお土産の場合は、後日商品の発送はできません。なお、参加料金の払い戻しはいたしかねます。

■万が一、公演が中止になった場合の確認方法を教えてください
公演に開催中止・開催時間などの変更が生じた場合は「東京体験・エンタメ予約」トップページ上部にお知らせ枠を表示します。

そのほか東京体験・エンタメ予約に関するFAQはこちら

  • LINEで送る
※記事は2020年12月10日(木)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP