ミュージカル

『オペラ座の怪人』続編ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』

『オペラ座の怪人』続編ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』

1月22日(火) ~2月25日(月)

東京都・有楽町

あの愛が、再び燃え上がる!世界一愛されるミュージカルの続編が、市村正親&石丸幹二によって5年ぶりに再演

ブロードウェイ史上ロングラン記録を更新し続ける大ヒットミュージカル『オペラ座の怪人』。怪人ファントムと歌姫クリスティーヌの切ないラブストーリーに涙した人も多いのでは? その10年後を描いたのが『ラブ・ネバー・ダイ』。2014年の日本初演時は連日完売を記録した話題作で、初演時のキャスト、市村正親・濱田めぐみ・平原綾香に、石丸幹二が加わって5年ぶりに待望の再演。日本ミュージカル史上稀に見る豪華絢爛なセットと、日本屈指のキャストが奏でる美しいメロディと共に、切なすぎる愛に浸って。

プラン一覧

ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』のS席チケットにホテルのディナー付き

プラン画像 画像サイズ650×406

■1人14900円(税込)
通常13000円のS席チケットに「Dining & Bar TENQOO/ホテルメトロポリタン丸の内」のディナー付き

ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』のA席チケットがお得

プラン画像 画像サイズ650×406
2014年初演時舞台写真 (C)渡部孝弘

■1人7800円(税込)
通常9000円のA席チケットがお得

見どころ

見どころ画像 画像サイズ650×406

市村正親、石丸幹二、濱田めぐみ、平原綾香!ミュージカル界のトップスターが勢揃い

怪人ファントム役は、『オペラ座の怪人』日本初演においてオリジナルキャストを務めた市村正親と、『オペラ座の怪人』のラウル役でデビューを果たした石丸幹二。ヒロイン・クリスティーヌ役は、2014年の『ラブ・ネバー・ダイ』初演に引き続き2大歌姫の濱田めぐみと平原綾香が務める。ラウル役には田代万里生、小野田龍之介、マダム・ジリー役には鳳蘭と香寿たつき。名実兼ね備えた最高の布陣で挑む、見応え満点のミュージカル!

見どころ画像 画像サイズ650×406

『オペラ座の怪人』の10年後を描いた作品。ファントムとクリスティーヌの愛の結末は!?

『オペラ座の怪人』から10年、NYで再会したファントムとクリスティーヌの切ない愛の物語を、巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーが「最も個人的な思いが詰まった作品」と語る甘美な音楽で綴った『ラブ・ネバー・ダイ』。2014年の日本初演時には「涙腺崩壊」「観ないと損」など話題に。本公演は、豪華絢爛なセットのメルボルン版に、新たな楽曲を加えた進化版で楽しめる。「愛は決して死なない」が意味する結末とは!?

あらすじ 画像サイズ650×406

あらすじ

パリ・オペラ座の失踪から10年。ジリー親子の助けでNYに移ったファントムは、コニーアイランド一帯の経営者となり財をなしていた。クリスティーヌの幸せを願い、一度は彼女の前から姿を消したファントムだったが、その想いが消えることはなかった。一方、ラウルと結ばれたクリスティーヌは一児の母となり、高名なプリマドンナとして活躍していた。ある日、クリスティーヌにNYで催されるコンサートへの出演依頼が舞い込む。息子グスタフを伴い渡米すると、彼らの前にファントムが現れ、衝撃の真実を明かされる。

公演データ

会場

日生劇場

日程

2019/1/15(火) ~ 2019/2/26(火)

チケット通常価格

S席13000円、A席9000円、B席4000円

※未就学児入場不可

会場住所

東京都千代田区有楽町1-1-1

会場アクセス

東京メトロ千代田線、日比谷線ほか「日比谷駅」A13出口より徒歩1分

  • LINEで送る

TOP