落語

国立演芸場 寄席『二代 立花家 橘之助 襲名披露興行』

国立演芸場 寄席『二代 立花家 橘之助 襲名披露興行』

12月15日(金) ~12月20日(水)

東京都・千代田区

落語や講談、奇術まで!の奥深い楽しさが体験できる“寄席”の魅力を体感

1日の公演で、落語や講談などが数多く演じられる寄席。演目によって異なる魅力がある。例えば落語では、出演者のテンポのいい語りや仕草、絶妙な間合いに想像力が掻き立てられ、まるで自分も物語の中にいるかのような臨場感あふれる楽しさを体験することができる。寄席ではその日の演目はお客さん次第というのも、これまた粋。その日、そこにしかない笑いを体験して。

プラン一覧

立花家 橘之助 襲名披露寄席をOZ限定のお得なチケットで

プラン画像 画像サイズ650×406

■1人1900円(税込)
(通常2100円の鑑賞チケットがお得)


見どころ

見どころ画像 画像サイズ650×406

貴重な襲名披露興行「二代 立花家橘之助」

本公演のラストを飾るのは「三遊亭 小円歌」改メ「二代 立花家橘之助」の襲名披露公演。明治・大正期に活躍した初代 橘之助は、その華麗な人生が昭和の舞台作品になるほどの女流音曲師。二代目を継ぐ三遊亭 小円歌も初代に負けず劣らずの美貌と鮮やかな撥捌き。艶やかな魅力たっぷりの粋な漫談を交えた”浮世節”をぜひ体感して。

見どころ画像 画像サイズ650×406

落語に漫才、奇術や漫談!爆笑必死の「寄席」を体験

落語の他にも「色物」と呼ばれる太神楽曲芸や漫才などバラエティーに富んだ演目が1度に楽しめるのが寄席の魅力。どんな演目が行われるかは11月上旬以降に公式サイトにアップされるので、お出かけ前にチェックしてみて。さらに後半には新・橘之助ゆかりの大物落語家が駆けつけ爆笑必至の披露口上も。寄席の中でも滅多に出会えないビッグイベント。ぜひこの機会に華やかな興行で寄席デビューを果たしてみては。

公演データ

会場

国立演芸場

日程

2107/12/11(月)~2017/12/20(水)

チケット通常価格

2100円

出演者

三遊亭小円歌改〆二代立花家橘之助

■そのほか出演者について
11月上旬に国立演芸場のホームページにアップ予定 ≫国立演芸場12月中席公演

会場住所

東京都千代田区隼町4-1

会場アクセス

地下鉄 半蔵門線 「半蔵門駅」 1・6番出口より徒歩8分
有楽町線・半蔵門線・南北線 「永田町駅」 4番出口より徒歩5分

  • LINEで送る

TOP