演劇

日生劇場『シラノ・ド・ベルジュラック』

日生劇場『シラノ・ド・ベルジュラック』

5月15日(火) ~5月30日(水)

東京都・有楽町 東京都・日比谷

パリジェンヌが涙した純愛物語の傑作を、ユーモアとアクションたっぷりの新演出で

フランスで120年以上愛され続ける純愛物語の傑作が、新演出によりエンターテインメント性あふれる冒険活劇に。剣豪にして詩人のシラノ(吉田鋼太郎)、知的な美人ロクサーヌ(黒木瞳)、爽やかイケメンのクリスチャン(大野拓郎・白洲迅)。魅力的で人間味あふれる3人の恋の行く末は!? 誰もが持つ、美しい秘めたる想いの物語がたっぷりのユーモアと迫力満点のアクションとともに綴られ、笑ってワクワクして、ほろりと涙するひとときを過ごせるはず。母の日のプレゼントにもおすすめ!

プラン一覧

日生劇場『シラノ・ド・ベルジュラック』S席チケットをOZ会員限定価格で鑑賞

シラノ・ド・ベルジュラック

■1人6500円(税込)
(通常12000円の日生劇場『シラノ・ド・ベルジュラック』S席鑑賞チケットをお得に)

日生劇場『シラノ・ド・ベルジュラック』S席確約とザ・ペニンシュラ東京の点心アフタヌーンティー

ザ・ペニンシュラ東京のアフタヌーンティー
写真はイメージです

■1人12000円(税込)
(通常12000円の日生劇場『シラノ・ド・ベルジュラック』S席チケットにザ・ペニンシュラ東京の「点心アフタヌーンティー」付き)

日生劇場『シラノ・ド・ベルジュラック』S席確約とザ・ペニンシュラ東京のチャイナランチ

ランチ
写真はイメージです

■1人12000円(税込)
(通常12000円の日生劇場『シラノ・ド・ベルジュラック』S席チケットにザ・ペニンシュラ東京のチャイナランチ付き)

見どころ

パリの大人たちが虜になった大人気の舞台作品。100年以上愛され続ける純愛物語

1897年に初演されるやパリを虜にした本作は、120年以上経ってなお人気を誇り、世界各国で上演さる傑作舞台作品。美女をめぐる不細工な男とイケメンの奇妙な三角関係、美女を我がものにと企む権力者と、わかりやすいストーリー展開、3人が織りなす人間ドラマ、フランス生まれの作品らしい洒脱な愛の言葉やユーモアに心をワシ掴みにされるはず。

吉田鋼太郎、黒木瞳、六角精児、あのイケメン俳優も。豪華キャスト陣で見応えたっぷり

主役のシラノを演じるのは吉田鋼太郎、その吉田のラブコールを受けてロクサーヌ役を務めるのは黒木瞳、クリスチャンには朝ドラなどでも活躍する大野拓郎と白洲迅(Wキャスト)、ロクサーヌに想いをよせるド・ビッシュ伯爵には六角精児が扮する。実力派&旬の俳優陣が魅せる巧みな演技に一瞬にして引き込まれそう。生芝居の醍醐味を思いっきり堪能して。

トップクリエーターが創りあげる、今までにない『シラノ・ド・ベルジュラック』

小劇場界を牽引してきた鈴木裕美(演出)×マキノノゾミ・鈴木哲也(上演台本)が、純愛物語の名作をエンターテインメント性あふれる冒険活劇に創り上げる。音楽はTBS系ドラマ『コウノドリ』でピアノテーマおよび監修・音楽も担当した清塚信が作曲・演奏。大野いわく「役者1人ひとりが輝けるような演出」という部分も含め、新生『シラノ・ド・ベルジュラック』をお楽しみに。

あらすじ

17世紀中頃のパリ。ガスコン(ガスコーニュ生まれ)青年隊に属する近衛騎士シラノ・ドベルジュックは剣豪にして詩人、権力に背を向ける熱血漢。美しい従姉妹ロクサーヌに恋しているが、容姿を恥じて打ち明けられない。一方、ロクサーヌは見目麗しいクリスチャンに想いをよせ、シラノに仲立ちを依頼する。シラノは裏表のない好青年クリスチャンを気に入り、詩心のない彼に代わり愛の言葉を紡ぎ、2人は結ばれる。ロクサーヌに恋心を抱いていたド・ギッシュ伯爵は、ガスコン青年隊を厳しい戦地へ出発させる。戦地でシラノの本心に気づいたクリスチャンは身を引くこと決意し、告白するよう背中を押すのだが・・・。

公演データ

会場

日生劇場

日程

2018/5/15(火) ~ 2018/5/30(水)

チケット通常価格

S席12000円、A席7000円、B席4000円

※未就学児入場不可

キャスト

【シラノ役】吉田鋼太郎
【ロクサーヌ役】黒木瞳
【クリスチャン役】大野拓朗(Wキャスト)、白洲迅(Wキャスト)
【ラグノー役】石川禅
【ル・ブレ役】大石継太
【ド・ギッシュ伯爵役】六角精児
【ヴァルヴァーニ子爵役】平野良
ほか

会場住所

東京都千代田区有楽町1-1-1

会場アクセス

東京メトロ千代田線、日比谷線ほか「日比谷駅」A13出口より徒歩1分

  • LINEで送る

TOP