演劇

『オセロー』

『オセロー』

9月8日(土) ~9月23日(日)

東京都・新橋

中村芝翫、檀れい、神山智洋出演!愛と嫉妬、復讐を描くシェイクスピアの名作悲劇

シェイクスピアの四大悲劇のひとつで、1604年の初演以来世界中で愛され続ける『オセロー』が、中村芝翫、檀れい、神山智洋(ジェニーズWEST)出演で新橋演舞場に登場! 愛と嫉妬、復讐を描き、映画やオペラの題材としても人気を集めるエンタメ性の高い作品が、蜷川幸雄スピリッツを受け継ぐ演出家・井上尊晶と音楽家・松任谷正隆のタッグによって、よりわかりやすく最高に美しい悲劇に。見応えのある舞台だから、芸術の秋にお芝居デビューしてみて。

プラン一覧

『オセロー』1等席チケットに飲茶アフタヌーンティー付き

プラン画像 画像サイズ650×406

■1人11700円(税込)
通常12500円の1等席チケットに「ティーシーシー・シンガポール・カフェアンドダイナー」のアフタヌーンティー付き

『オセロー』を1等席でお得に鑑賞

プラン画像 画像サイズ650×406

■1人8900円(税込)
通常12500円の1等席チケットがお得

見どころ

見どころ画像 画像サイズ650×406

シェイクスピアの四大悲劇で、世界演劇史上屈指の人気作『オセロー』を上演

原作はシェイクスピアが1602年に著した悲劇。世界各国で400年以上上演され続け、歴代の歌舞伎の名優たちも演じた名作『オセロー』が新橋演舞場に登場。時代を超えて愛される物語としての普遍的な面白さはもちろん、シェイクスピア独特のセリフ回しや言葉の奥深さも含めて楽しんで。ちなみにボードゲーム・オセロの名前はこの作品からきているそう。

『オセロ-』<中村芝翫>オセロ- コメント映像

中村芝翫、檀れい、神山智洋出演!音楽・松任谷正隆はじめ大物スタッフで見応え十分

主人公オセローに扮するのは襲名後初の翻訳劇に挑む中村芝翫。若妻デズデモーナには壇れい、ふたりを陥れようとする臣下イアーゴーを神山智洋が熱演する。演出は蜷川幸雄を永年支え“蜷川イズム”を受け継ぐ井上尊晶、音楽で作品を彩るのは松任谷正隆。「芸術としてのシェイクスピアではなく、演舞場のシェイクスピアを目指す」という井上の言葉通り、誰も見たことのない『オセロー』に期待して。

『オセロ-』<檀れい>デズデモーナ  コメント映像

愛、嫉妬、復讐!将軍オセロー、妻デズデモーナ、忠臣イアーゴーの昼ドラのような物語

物語はヴェニスを舞台に、誰からも信頼される勇猛なムーア人の将軍オセロー、元老院議員の娘で貞淑な若妻デズデモーナ、忠臣と見せながら実は策略家のイアーゴーを中心に描かれ、愛、嫉妬、復讐を織り交ぜたメロドラマのようなストーリーにグイグイと引き込まれるはず。シェイクスピアの中でもわかりやすい作品だから、シェイクスピアデビューやお芝居デビューにぴったり。

あらすじ 画像サイズ650×406

あらすじ

ここはヴェニス。勇猛なムーア人の将軍オセローは、人種を超え、元老院議員の娘であるデズデモーナと秘密裡に結婚をした。しかしオセローの忠臣イアーゴーは副官に任命されなかったことで憎しみを抱き、友人をそそのかし彼女の父親に結婚を密告させる。父は怒りに震えるが、お互いの愛の深さにやむなく結婚を許すのだった。そんな折、トルコ艦隊に備えオセローはキプロス島へ向かうが、敵は嵐で全滅。祝宴が開かれる中、イアーゴーの策略で副官キャシオーは失脚させられてしまう。さらにキャシオーとデズデモーナが密会しているかのようにオセローに告げる。嫉妬にかられたオセローは貞淑な若妻に疑念を抱くようになる。

公演データ

会場

新橋演舞場

日程 

2018/9/2(日) ~ 2018/9/26(水)

チケット通常価格

1等席12500円、2等8500円、3階A席4500円、3階B席3000円、桟敷席13500円

キャスト

【オセロー役】中村芝翫
【デズデモーナ役】檀れい
【イアーゴー役】神山智洋(ジャニーズWEST)
【ブラバンショー役】辻萬長
【ヴェニス公爵役】田口守
【ロドヴィーコー役】大石継太
【モンターノ―役】二反田雅澄
【ビアンカ役】河合宥季
【グラシア―ノー役】廣田高志
【ロダリーゴー役】池田純矢
【キャシオー役】石黒英雄
【エミーリア役】前田亜希
ほか

会場住所

東京都中央区銀座6-18-2

会場アクセス

東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」6出口より徒歩5分、都営大江戸線「築地市場駅」A3出口より徒歩3分

  • LINEで送る

TOP