演劇

明治座『めんたいぴりり』 ~未来永劫編

明治座『めんたいぴりり』 ~未来永劫編

9月22日(日) ~9月29日(日)

東京都・中央区

博多華丸、酒井美紀!戦後の昭和を舞台にした感動の話題作!笑いあり涙ありの人情物語に心洗われるひととき

2013年にテレビ西日本(フジテレビ系列)で放映され、各地で大反響を呼んだドラマ『めんたいぴりり』。大きな反響により舞台化され、2015年3月に博多座で初演。以来、2019年1月には映画化、全国公開され好評に。そんな話題の舞台の最新作がこの秋、明治座で上演される。出演は、博多華丸、酒井美紀、小松政夫ら豪華な顔ぶれに加え、人気お笑いタレントなども登場。物語のおもしろさに加え、舞台美術や仕掛けも見応え満点。お見逃しなく!

プラン一覧

明治座『めんたいぴりり』のS席チケットがお得

プラン画像 画像サイズ650×406

■1人10800円(税込)
通常11000円のS席チケットがお得
<開催日>
2019/09/22(日)【公演】12:00開演~
2019/09/24(火)【公演】12:00開演~
2019/09/25(水)【公演】12:00開演~
2019/09/25(水)【公演】17:00開演~
2019/09/27(金)【公演】12:00開演~
2019/09/27(金)【公演】17:00開演~
2019/09/28(土)【公演】17:00開演~
2019/09/29(日)【公演】12:00開演~

見どころ

見どころ画像 画像サイズ650×406

俳優や人気お笑いタレントなどキャストも豪華!個性豊かな演技で観客を魅了する

出演は、ドラマから映画まで主役・海野俊之を務めてきた博多華丸、その妻、千代子役の酒井美紀、元博多人形師・丸尾老人役の小松政夫など、豪華キャストが揃う。さらにFUJIWARAの原西孝幸とペナルティのワッキーがWキャストで登場。演者たちの巧妙なセリフ回しと絶妙な間に笑って涙して、五感を刺激しまくること間違いなし。

見どころ画像 画像サイズ650×406

テレビで話題になり舞台&映画化された話題作

博多土産でおなじみの辛子明太子の誕生を描いた川原健・著の原作『明太子をつくった男』を、2013年にテレビ西日本がドラマ化した『めんたいぴりり』。その反響の大きさを受け博多座で舞台化、さらに映画化して全国公開し話題となった。そんな舞台作品がこの秋、東京の明治座で新作として上演される! 話題性ある舞台だけに、注目しておきたい一作。

明治座9月公演「めんたいぴりり」予告ダイジェスト動画

舞台美術や演出も感動もの!心温まる物語に笑って涙して昭和初期のノスタルジーを体感

激動の戦後を乗り越え、「未来」へと向かう熱気で満ちあふれていた昭和の時代、高度成長期を背景に明太子作りに情熱を注いだ夫婦の生きざまを描いた感動の物語。新たなエピソードが描かれた今作には、ドラマや映画はもちろん、2015年3月の初演にもない新たな感動も。さらに、昭和に迷い込んだような舞台美術やダイナミックな場面転換にも驚かされるはず。

あらすじ 画像サイズ650×406

あらすじ

昭和55年。病床に伏す海野俊之は、これまでの人生を振り返っていた。「明太子」に情熱を注いだ日々の思い出が走馬灯のようによみがえる。――昭和34年。日韓併合後の釜山の街で生まれ育ち、第二次世界大戦後に日本に引き揚げた俊之と妻の千代子は、博多で食料品店「ふくのや」を営んでいた。俊之は、青春時代に釜山の市場で食べた思い出の味を博多で再現しようと、明太子作りに奮闘する。「うまか明太子を作ってみんなを幸せにしたい」という気持ちを込めて作る「魔法の明太子」が、必死に生きる周囲の人々の背中を少しずつ押していく・・・。

公演データ

会場

日程

2019/9/22(日)~ 2019/9/29(日)

チケット通常価格

S席11000円、A席8000円、B席6000円
※5歳以下のお子様入場不可

キャスト

博多華丸、酒井美紀、
大空ゆうひ、川原和久、藤吉久美子
原西孝幸(FUJIWARA)/ワッキー(ペナルティ)※Wキャスト
斉藤優(パラシュート部隊)、ゴリけん、
瀬口寛之、福場俊策、井上佳子、酒匂美代子
博多大吉(映像出演)
小松政夫

会場住所

東京都中央区日本橋浜町2-31-1

会場アクセス

都営新宿線「浜町駅」A2出口よりすぐ、都営浅草線「人形町駅」A3・A4出口より徒歩7分、日比谷線「人形町駅」A2出口より徒歩7分

  • LINEで送る

TOP