演劇

『有頂天作家』

『有頂天作家』

3月13日(金) ~3月28日(土)

東京都・千代田区 東京都・新橋

渡辺えり&キムラ緑子の大ヒット“有頂天”シリーズ!第4弾は名作『恋ぶみ屋一葉』

渡辺えりとキムラ緑子の名コンビが贈る人情喜劇“有頂天”シリーズ、待望の第4弾が上演決定! 今回は、第二回読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞した傑作「恋ぶみ屋一葉」のタイトルを『有頂天作家』に改め、2人ならではの軽妙な掛け合いと歌と踊りで、新橋演舞場を爆笑の渦に包み込む。脇を固める俳優も、渡辺徹や長谷川潤など実力派ばかり。お腹がよじれるほど笑い転げたら、後半は女の友情に涙がポロリ。ぜひ女友達を誘って、楽しい時間を過ごして。

プラン一覧

【昼の部】『有頂天作家』1等席チケットにお弁当付き

【昼の部】1等席チケットにお弁当付き

■1人8300円(税込)
通常12000円の1等席チケットにお弁当付き

<開催日>
2020/03/18(水)【公演】11:30開演~
2020/03/19(木)【公演】11:30開演~
2020/03/20(金)【公演】11:30開演~
2020/03/21(土)【公演】11:30開演~
2020/03/22(日)【公演】11:30開演~
2020/03/24(火)【公演】11:30開演~
2020/03/25(水)【公演】11:30開演~
2020/03/26(木)【公演】11:30開演~
2020/03/27(金)【公演】11:30開演~
2020/03/28(土)【公演】11:30開演~

【夜の部】『有頂天作家』1等席チケットにお弁当付き

【夜の部】1等席チケットにお弁当付き

■1人8300円(税込)
通常12000円の1等席チケットにお弁当付き

<開催日>
2020/03/21(土)【公演】16:30開演~
2020/03/22(日)【公演】16:30開演~
2020/03/24(火)【公演】16:30開演~
2020/03/26(木)【公演】16:30開演~

見どころ

公演のたび大人気の“有頂天”シリーズ。最高のコンビの掛け合いに捧腹絶倒!

2015年『喜劇 有頂天旅館』から始まった“有頂天”シリーズ。渡辺えり、キムラ緑子のコンビがとにかく相性抜群で、芸達者2人の息の合ったやり取りに、誰もがお腹をかかえてゲラゲラ笑ってしまうはず! 古き良き昭和の温かさが伝わる、満足度たっぷりの人情喜劇。“日本一おいしい劇場”と言われる新橋演舞場のお弁当が付くのも嬉しい。

いつも敵対する2人が、第4弾は大親友に!?大人の愛と友情がテーマのエンタメ喜劇

女剣劇の座長の座を巡って争ったり、団地で見栄を張り合ったりと、今までは対立する役回りが多かった主演の2人。今回は、どこかシラノ・ド・ベルジュラックを彷彿とさせるような純粋で優しいお話。大人の恋と友情がもたらす大騒動に、音楽劇のような歌や踊りもあるというから、乞うご期待!

あらすじ

あらすじ

明治43年の東京。代筆業を営む前田奈津と流行作家の加賀美涼月は、若い頃に小説家をめざしてともに切磋琢磨した仲。奈津は小説家をあきらめて自称「恋文屋」として働いているが、涼月とは今でも交友関係が続いていた。そんな奈津のところへ、21年前に死んだと思われていた親友の小菊が訪ねてくる。小菊は昔、芸者として涼月と相思相愛の仲だった。死んだと思っていた小菊の登場で、封印していた涼月への恋心を思い出す奈津だったが・・・。

公演データ

日程

2020/03/13(金)~2020/03/28(土)

チケット通常価格

1等席12000円、2等席8500円、3階A席4500円、3階B席3000円、桟敷席13000円

キャスト

渡辺えり、キムラ緑子、渡辺徹 ほか

会場住所

東京都中央区銀座6-18-2

会場アクセス

東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」6出口より徒歩5分、都営大江戸線「築地市場駅」A3出口より徒歩3分

  • LINEで送る

TOP