新橋花街の小粋な噺小屋で、落語と日本酒と料理を楽しむ「東寄席」

東寄席

いだてんの落語指導でも活躍の古今亭菊之丞さん

日本有数の超有名料亭が立ち並ぶ一角に佇む「新橋演舞場」。その地下2階にあるお食事処「東」を料亭の大座敷に見立て、旬の酒の肴とともに日本酒を飲みながら落語を楽しめるのが、月に1回開催されている「東寄席」。2014年に第1回目が開催されて以来、毎回好評を得ているイベントで、人気・実力を兼ね備えた落語家が高座に上がり会場を笑いで包み込んでいる。おいしい料理と日本酒をいただきながら、落語家の粋な噺に耳を傾けて。

更新日:2019/05/13

東寄席

会場全体が笑いで包まれる一体感!
初心者でも気軽に聞ける落語会

会場となる「東」は、通常はお食事処として利用されているスペース。高座から座席までの距離が近く噺家の表情や仕草まで見られるほか、ひとつのテーブルで日本酒をシェアするから隣の人との会話が弾み、一緒になって楽しんでいるという親近感も感じられる。温かみある心地いい落語会なので、友達同士はもちろん1人で参加しても場の雰囲気にすっと馴染めるはず。

東寄席

“日本一おいしい食事が食べられる劇場”の調理人が作る肴が絶品

「東寄席」でいただける料理は、『マツコの知らない世界』で日本一おいしい食事が食べられる劇場、と紹介された新橋演舞場の調理人が手がけたもの。旬の食材や青梅で有機無農薬栽培された伝統野菜を使ったメニューのほか、蕎麦やデザートまで付く豪華さ。さらに、料理とのマリアージュを楽しめる全国各地の銘酒も堪能できるなんて嬉しい限り。笑って、食べて、飲んで・・・会が終了する頃には、お腹も心も幸福感でいっぱいに!


【東京・東銀座】新橋演舞場「東寄席」

スポット名
新橋演舞場「東寄席」
電話番号
0335413581 0335413581 (演舞場サービス)
住所
〒104-0061 東京都中央区銀座6-18-2 Map
営業時間
落語会により異なる
交通アクセス
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座」6出口より徒歩5分、都営大江戸線「築地市場駅」A3出口より徒歩3分
総座席数
168
料金
落語会により異なる
購入方法
インターネット、FAX、郵送など
主な施設
ラウンジ「東」、売店「賑」、売店「彩」、そば・喫茶「かべす」、食堂「雪月花」
ホームページ
新橋演舞場「東寄席」の詳細はこちら

【特集】気軽でたのしい!ハマル落語

【特集】気軽でたのしい!ハマル落語

若者の間で、空前の落語ブーム到来!と騒がれている近年。それならどんなものか聞いてみたいけど、なんとなく敷居が高そう・・・と思っている人も多いのでは? でも大丈夫、予備知識は不要です。頭を空っぽにしてぼーっと噺に耳を傾けていると、いつの間にかクスっと笑えたり、お腹がよじれるほど大笑いしたり、身を乗り出して夢中になっている自分に気付くはず。今まで経験したことのない新たな世界に、即ハマること間違いなし!

WRITING/MACHIKO MIYATA

  • LINEで送る