大人女子のためのプチ・電車トリップ vol.42

  1. オズモールTOP >
  2. 大人女子のためのプチ・電車トリップ vol.42
このページの記事は、2016/09/13に掲載した時点のものです。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。

大人女子のためのプチ・電車トリップ vol.42

大人女子のためのプチ・電車トリップ vol.42

アートの季節到来。「tokyoarts gallery」で、写真に切り取られた一瞬の感動と出会う。「MONKEY CAFE」ではコーヒーを片手にギャラリーを回り、「五島美術館」では日本美術を楽しむ。そんな気軽にアートに触れられる場所を巡ってみない?

いつもの街で、多彩なアートに出会う喜び

フォトアートの魅力に遭遇できる
ふらりと入れるオープンなギャラリー

メインは、新進気鋭の写真家たちの展覧会。スタイリッシュでキャッチーな企画展が多く、フォトアート初心者でも安心して楽しむことができる。20時まで営業しているので、会社帰りに訪れる人も多いのだとか。内容は1〜3週間ほどで入れ替わる。洗練されたシンプルな空間で、じっくり作品と向き合って。

DATA

「tokyoarts gallery」
(トウキョウアーツギャラリー)
TEL.03-6427-6665 
東京都渋谷区東2-23-8
営業:11:00〜20:00 
月定休・不定休
入場料無料
アクセス/渋谷駅より徒歩10分

フォトアートの魅力に遭遇できる ふらりと入れるオープンなギャラリー

らせん階段のようなユニークな建物で
アートとコーヒーを同時に堪能

カフェ、ギャラリー、ショップを併合したアートの発信地。絵画や雑貨などの展覧会や、ワークショップを開催する。館内では、ハンドドリップで淹れたコーヒーやスイーツがいただけ、アートに浸りながらゆったりとした時間を過ごすことができる。十二角形をした、センスの良い外観にも注目しよう。

DATA

「MONKEY CAFE/MONKEY GALLERY」
(モンキーカフェ/モンキーギャラリー)
TEL.03-5728-6260 
東京都渋谷区猿楽町12-8
営業:10:00〜19:00※時期やイベントによって変動あり 
不定休
アクセス/代官山駅より徒歩6分
入場料無料

らせん階段のようなユニークな建物で アートとコーヒーを同時に堪能

日本美術に触れて感性を高めたら
庭園をさんぽして心をリフレッシュ

“動物”や“旅”などの親しみやすいテーマで、近代の日本美術や、影響を受けた近隣国の作品を展示。展覧会のほか、芸術に関する講演会や演奏会も行う。スタッフが美術品の説明をしてくれる「ギャラリートーク」に参加すれば、作品の理解をより深められる。5000坪もの広さを誇る、庭園も見逃さないで。

DATA

「五島美術館」
(ごとうびじゅつかん)
TEL.03-5777-8600 
東京都世田谷区上野毛3-9-25
営業時間:10:00〜17:00(最終入館16:30) 
月定休※祝日の場合は翌休
アクセス/上野毛駅より徒歩5分
観覧料/秋の優品展1000円※展覧会により異なる

日本美術に触れて感性を高めたら 庭園をさんぽして心をリフレッシュ

「五島美術館」オリジナルのグッズをプレゼント

「五島美術館」オリジナルの
ぐい呑み&手ぬぐいをセットにして3名様へ

「五島美術館」が所蔵する、名椀“わらや”をミニサイズにした「ぐい呑み」と、茶道具をモチーフにしたカラフルでキュートな「手ぬぐい」のセット(4212円相当)を、3名様へプレゼント! ぐい呑みは使用するのはもちろん、飾っても良さそう。手ぬぐいは綿100%なので、普段使いにもおすすめ。

「五島美術館」オリジナルの ぐい呑み&手ぬぐいをセットにして3名様へ

「トライアングルチケット」を使ったモデルコースをもっとチェック!

1日乗り降り自由になる周遊切符 「トライアングルチケット」

1日乗り降り自由になる周遊切符
「トライアングルチケット」

渋谷・自由が丘・二子玉川を結ぶ東急線トライアングルエリアが、1日乗り降り自由になる周遊切符。買い物にも便利。

DATA

【発売箇所】東急線各駅の券売機(※こどもの国線、世田谷線を除く)
【発売価格】400円
【内容】東横線・渋谷駅〜自由が丘駅間、田園都市線・渋谷駅から二子玉川駅間、大井町線・自由が丘駅〜二子玉川駅間が乗り降り自由のフリー切符 ※詳細は東急電鉄のHP参照

身近な自然をめぐり、 心まで涼やかに

身近な自然をめぐり、
心まで涼やかに

夏本番到来。暑さに負けそうになったら、自然をたっぷり感じられるおさんぽへ。まずは等々力渓谷。散策後は「OTTO」で、渓谷の緑を望みながらのイタリアンランチに癒されて。続いて、自由が丘の「クラゲストア」、桜新町の「fleuriste PETIT a PETIT」で旬の草花と触れ合おう。

“体験”を通して、 コーヒーがより身近に

“体験”を通して、
コーヒーがより身近に

空前のコーヒーブーム。飲むだけでなく、セミナーなどでコーヒーを「体験」してみては。「ONIBUS COFFEE Nakameguro」では基本的な抽出方法を実践。「丸山珈琲」では抽出器具による味の違いを、「NOZY COFFEE」ではコーヒーとフードの組み合わせを体感しよう。

大人女子のための“プチ・電車トリップ”
バックナンバーはこちら

2013年4月より毎月連載している「大人女子のための“プチ・電車トリップ”」。編集部が実際に歩いて見つけた東急線沿線の素敵なスポットをぜひチェックして。

大人女子のための“プチ・電車トリップ” バックナンバーはこちら
  • 提供/東急電鉄
  • 撮影/米山典子 取材・文/六識(石部千晶)

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

みやぁ 2021/10/06 23:41:59
美術館の静かな空間、落ち着きます。 五島美術館、行ってみたくなりました。
こまめ 2020/09/22 23:04:10
機会がありましたら、行ってみたいですね。
すーめめ 2016/09/13 20:36:41
五島美術館はたまにツボにささる展覧会を開催しているので、時々チェックするようにしています!都内の美術館ではかなり静かな方なので、ゆっくり見られるのが好きですー♡
いーや 2017/01/19 21:54:15
街にはギャラリーとかたくさんあるんでしょうか。たまに見かけますが。入ったことがないので、どういう方が行くのかと気になっていましたが、誰でも気軽に立ち寄れるのかな。
りなりな 2016/09/16 08:08:38
入場無料だとめっちゃ興味ある分野じゃなくても気軽に行けるからいいなぁ!いろんなものを見てみたいし、何をきっかけにその世界にハマるかわからないし(^ ^)
つぶ 2016/09/16 07:13:45
トライアングルチケットは、渋谷ー二子玉川ー自由が丘間で一日乗り降り自由に使えるお得なチケットです〜東急線に住んでいたときはかなり便利で使っていました。
ママ 2016/11/12 17:55:12
23区唯一の渓谷 等々力渓谷。紅葉の時期には一度は行くべき!東京駅から日比谷を通り等々力まで行く都バスがあります!その道のりの車窓もまた良し!
sari 2016/11/12 18:45:11
週末のプチ電車トリップ好きです(^_^)仕事が外回りで都心は結構行ってるので、マイナーな路線とかなかなか降りない駅でぶらぶらしたくなります。
茉莉香 2017/01/24 21:57:43
五島美術館はゆっくりマイペースに見て回るのにちょうど良いと思います。東横線は他にも美術館とか魅力的なスポットが色々あって楽しいです。
ショコラ♪ 2017/01/12 16:46:50
モンキーカフェ、気になります。 入場無料だと、何回も観ることも出来るし、普段なら観ない作品も興味持てるし、いいですよね。
くまたろう 2016/10/14 12:24:45
トライアングルチケット、お得だし安いし興味津々!乗り降り自由だとあてもなく色んなところをぶらぶらできて楽しいよね。
くまたろう 2017/01/19 08:58:49
美術館でのワークショップって参加してみたくなるなぁ。アートを見て気持ちが高まってるから創作意欲が湧くのかも。
joy 2016/10/15 13:08:14
東京都美術館はいろいろな展覧会があり、オススメです。特に書道!書海社展は圧巻です。毎年1月下旬頃にあります。
たーたま 2016/12/08 10:51:43
五島美術館素敵ですよね。旦那が昔すんでたところなので結構いきました。久しく行ってないからまたいきたいな
あーちゃん 2016/10/09 20:56:32
最近学祭へ行き写真部をみました。生活の一部を切り取っていたりして、絵とはまた一味違うアートを感じました
あむ 2016/11/09 13:50:56
芸術の秋ですね!紅葉を楽しみにお出かけしたいと思っているので、ついでにどこか鑑賞しに行きたいです!
むっつん 2016/09/16 08:00:50
渋谷・自由が丘・二子玉川なんて全部素敵な街ですね!回りきれないから、この切符は買わないと思うけど…
f06m0104 2016/10/15 01:10:48
なんと!!こんな切符があったなんて!なるほど、トライアングル。 二子玉川も自由が丘もいいなぁ!
くろねこ 2016/09/16 08:05:17
アートとカフェの組み合わせ好きです。ゆっくり作品の余韻を楽しんだり、のんびり過ごしたりしたい!
ジニー 2017/10/12 00:07:31
後藤美術館気になります。日本画も見に行くととても細かくて繊細な筆使い、色使いがすごいですね。

このページにコメントする

>>体験コメントとは

ページTOP

TOP