【みずがめ座】2020年上半期 鏡リュウジの12星座占い

2020年上半期みずがめ座

鏡リュウジ監修の2020年みずがめ座上半期の総合運・恋愛運・仕事運・月ごとの運勢をチェック!

【みずがめ座の基本性格】みずがめ座は物事を客観的に見る才能に恵まれています。未来志向で常識にとらわれないため、年齢や立場など気にしない、個性的で感性豊かな友人に恵まれるでしょう。つねに時代の先取りをする力も兼ね備えている人です。

更新日:2019/12/26

【みずがめ座の上半期総合運】

年末に「グレートコンジャンクション」という大きな星のイベントがあるみずがめ座。これは12星座すべてに影響するのですが、なかでもいちばんインパクトがあるのが、あなたなのです。その前兆を感じられるのが、3月下旬。試練の星・土星がみずがめ座入りし、いろいろな壁やチャレンジという形で今後の道案内をしてくれるでしょう。これは5月上旬まで続くため、2020年上半期の内にどれだけフットワーク軽く動けるかが、運命の分かれ目に!

また、なんとこれから200年、占星術では「風の時代」に突入。現状を突破し、未来をつくる力のあるみずがめ座にとっては、最高の時代がやってきます。持ち前の先見の明を存分に発揮し、チャンスを残さず拾い上げてください。

【みずがめ座の上半期恋愛運】

ロマンティックな恋に縁があります。運気は4月から一気に上昇し、どんな相手もあなたの意のまま。夢中にさせられる強運期です。ちょっと手が届きそうにない相手でも、あきらめるのは時期尚早。今のあなたなら、きっと射止められるはずです。

ただ、大きな運命の変化に翻弄されている最中でもあるため、恋のチャンスを自ら手放してしまう可能性もありそう。「恋愛どころじゃない」なんて思わず、手に入るものすべてに対し貪欲になって。そうすれば、6月には最高の相手と熱烈な恋に落ちているはず。

パートナーがいるあなたも、相手に対する思いは最高潮に。これ以上ないくらい幸せな時を過ごせるでしょう。湖などの水辺で景色が素敵な場所へデートに行ってみて。

【みずがめ座の上半期仕事運】

次にバッターボックスに立つために、入念な素振りをくり返すような仕事運。周囲からすると、情報収集に時間を割きすぎているとか、あまり目立つ仕事をしていないように思われがちですが、実はそんなことはありません。着々と種をまき、根を張って、開花する瞬間を見計らっているのです。

そのため、あなた自身はなにかと忙しい日々が続き、周囲の雑音に耳を貸している暇はないでしょう。やるべきことが後から後から出てきて、時間がいくらあっても足りない、という気分になりそうです。春までの努力は初夏に入る頃、成果を手にできます。

5、6月はスケジュール調整や計画の修正をはかりましょう。細かいところまできちんとすればするほど、成功が近づくはずです。

【みずがめ座の上半期月ごとの運勢】

1月
霧深い森の中に迷い込んだような状況に。自信が持てなくても、乗りかかった船があるなら船出するしかありません。運は味方しています。なりゆきまかせで進んでみるのもあり。

2月
自分が「どこ」の「なに」のスタートラインに立つべきなのかが見える月。新しい出会いやグッとくる言葉、素晴らしい景色を見つけたら、記録しておいて。きっと役立つものに。

3月
金運好調。ただ、ギャンブルやくじ運はやや低め。節約を重ねてお金を残すなど堅実な方法がうまくいくでしょう。家族や友人など大切な人への贈り物は吉。気持ちが届きます。

4月
発信力、表現力に恵まれ、思ったことをのびのびとやっていけるでしょう。笑顔でいられることも多く、楽しい期間に。周囲とも喜びを共有するともっとハッピーになれそうです。

5月
オンとオフで見せる顔が全然違うものになりそう。外では快活にしていても家ではぐったり。触り心地のいいクッションなどを手に入れ、癒しの時間を多めにとるとよさそう。

6月
人気運が最高潮に。あなたのもとにたくさんの人が集まり、にぎやかになりそう。レジャー運も好調。ラグジュアリーなホテルの優待プランなどを利用してみると優雅な気分に。

教えてくれた人:鏡リュウジさん

プロフィール
1968年、京都生まれ。心理占星術研究家であり、翻訳家としても活躍している。占星術の第一人者で、一般女性誌の占い特集では欠くことのできない存在。

<特集>2020年上半期12星座占い

2020年上半期12星座占い

鏡リュウジ監修の12星座占いをご紹介。各星座の気になる2020年上半期の総合運、恋愛運、仕事運は? 月ごとの運勢もあるから、日々の参考にしてみて。あなたの2020年の毎日が素敵なものになりますように。

  • LINEで送る