【おひつじ座】2020年下半期 鏡リュウジの12星座占い

2020年下半期おひつじ座

鏡リュウジ監修の2020年おひつじ座下半期の総合運・恋愛運・仕事運・月ごとの運勢をチェック!

【おひつじ座の基本性格】おひつじ座の心には新しいことに取り組む意欲とチャレンジ精神が満ちています。結果より、目標に向かって突っ走ることそのものに強い生きがいを感じるタイプです。いくつになっても曇ることのない、純粋さが最大の長所。

更新日:2020/12/15

【おひつじ座の下半期総合運】

衝動の火星がおひつじ座に入り、内面で燃え盛るエネルギーの行き場を求めるようになる2020年下半期。あなた自身の意欲と取り巻く環境との間でジレンマを感じそうです。が、夏にはのびのびと力を発揮できるように。8月にさまざまなチャンスがやってくるでしょう。新しい物事を取り入れるためには、古き良きものを見直すことが大切に。過去の記憶やしまい込んでいた思い出の品を取り出してみてください。

多くの人にとって本格的な「改革」の運気に入る年末は、おひつじ座にはとくに大きな転機となる予感。運命をガラリと変えられるかどうかは、この下半期の行動がカギに。まずは目の前のことと真摯に向き合っていきましょう。9月の決意と柔軟な軌道修正がポイントです。

【おひつじ座の下半期恋愛運】

さまざまな紆余曲折を経て、ピークを迎える恋愛運。8月には「もう、気持ちを抑えきれない」という思いで胸がいっぱいになっているかも。そこから、恋心に一気に火がつき、忘れられない恋をするようになりそうです。ただ、家族であったり、すでに親密な間柄の恋人に対しては、遠慮がなくなってわがままになる傾向も。自分勝手なことを言っていないか、ときどき胸に手を当てて考えて。

10月は結婚運が高まり、入籍を決意したり、夫婦関係の見直しをしたりするようになるかも。お互いを大切にするために何ができるのか。話し合いが愛情を深めます。一度といわず二度、三度あきらめず丁寧に気持ちを伝え合えば、理解を深められる秋になりそうです。

【おひつじ座の下半期仕事運】

上半期に続き、好調が続く仕事運。一緒に仕事をする職場や取引先の人との関係がより強まっていきそうです。とくに、トラブルや難問を一致団結して乗り越えた仲間とは深い絆で結ばれるでしょう。

安定した運気で堅実に働けるのは9月。計画的に仕事を進められるため、公私のバランスもうまくとれそうです。ただ、全体的にワーカホリックになりやすい時期。自分で気づかぬうちに過労に陥ってしまう可能性も。残業が定常化していたり、休日も仕事が頭から離れたりしないようなら、休みを多くとるように意識して。定期的に頭をからっぽにする日を決めるのもよさそうです。

12月はプレッシャーから解放されるとき。組織を離れ、フリーランスになる選択をすることも。

【おひつじ座の下半期月ごとの運勢】

7月
自分の弱さも強さも大切にしましょう。さらけ出せる潔さが、いざというときの救いとなるはずです。かっこつけず、でも自分らしさは失わず。きっと、味方はたくさんいます。

8月
追い込まれたときこそ、思い出してください。もっともっとあなたは楽しんでいいのだということを。心がしゃんとしていれば、どんなことが起きてもだいたい乗り切れます。

9月
セルフコントロールが運命のカギを握ります。短い時間でも心をリセットし、自分を見つめ直せばスランプから脱出できるでしょう。頭を整理しておけば、決断もスピーディに。

10月
理不尽だと思うようなことがあるかもしれません。が、それはあなたへの裏切りなどではなく、たまたま状況がそうなっただけ。あなたと同じように、相手にも事情があると考えて。

11月
あれこれ考えても、なるようにしかならないとき。開き直るでもなく落ち込むでもなく、まず素直に目の前のことと向き合いましょう。何事もまっさらな気持ちで受け入れて。

12月
12月中旬、運命の輪は大きく回ります。後戻りできないところに立っているのはみんな同じ。現状に不安を抱くより、未来を見つめて希望を抱くと運気アップ。この機にできることを考えて。

教えてくれた人:鏡リュウジさん

プロフィール
1968年、京都生まれ。心理占星術研究家であり、翻訳家としても活躍している。占星術の第一人者で、一般女性誌の占い特集では欠くことのできない存在。

<特集>2020年下半期12星座占い

2020年下半期12星座占い

鏡リュウジ監修の12星座占いをご紹介。各星座の気になる2020年下半期の総合運、恋愛運、仕事運は? 月ごとの運勢もあるから、日々の参考にしてみて。あなたの2020年の毎日が素敵なものになりますように。

  • LINEで送る