【さそり座】2019年上半期 鏡リュウジの12星座占い

2019年上半期さそり座

鏡リュウジ監修の2019年さそり座上半期の総合運・恋愛運・仕事運・月ごとの運勢をチェック!

【さそり座の基本性格】さそり座に「中途半端」という言葉はありません。やるならとことん突きつめるタイプです。人間関係でも、心の裏側まで知る覚悟があります。限界までやり抜いたその先にある突破力で人生を激変させることもあるでしょう。

更新日:2019/06/20

【さそり座の上半期総合運】
手に入れた幸運をさらに発展させていこう

12年に一度の幸運期が過ぎ、落ち着いて物事に当たれるようになる2019年のさそり座。ここまでの一年は、怒涛の忙しさだった、というあなたもいるのではないでしょうか。忙しさのあまり、まだ気付いていないけれどすでに手に入れている幸運も、実はたくさんあるはず。抱えきれないほどの幸運を少しずつ確かめ、さらに発展させていくとより幸せになれるでしょう。

春までは少しゆっくりできそうですが、3月は人間関係が本格的に変わり始めます。その流れは今後7年ほど続いていきますから、向き合うようになった相手のことは、これからも注目していてください。注目の季節は、夏。楽しいことがたくさんやってきそうですから、楽しみにしていてください。

【さそり座の上半期恋愛運】
大型モテ期が到来!

2019年のさそり座は、上半期に大型モテ期が到来! 2月からじわじわとモテ始め、3月、そして4月中旬までと坂道を駆け上がるように運気が上がっていきます。ただ、3月は一時的に運気が下がり、恋への意欲がダウンするかも。それなのに実は結婚運も巡ってきているという、運気が入り乱れているときですから、即断即決は控えるのが大事。

波乱の運気が落ち着く5月頃には、本当は誰が好きなのか、結婚したいのか、今はしたくないのかもクリアになるでしょう。6月は秘密の恋にハマりそう。既婚者からの誘いは、長続きしないうえに、周囲にバレるなど、リスク大。危ない恋は避け、安心できる相手との絆を深めるほうへ舵を切るのが幸せへの近道です。

【さそり座の上半期仕事運】
充実した忙しさが続く

2018年に引き続き、仕事運はますます活性化。新しく始めた仕事が順調に発展し、その立て役者として注目されるなど、華々しい活躍が続いていくでしょう。

とくに2月から春までは嬉しい悲鳴をあげるほどに充実した忙しさが続きそう。また、大勢の前で話をするなど、本業とは少し違う仕事も舞い込んできそうです。それにより、さらなる業務拡大が見込めたり、異業種の働き方に刺激を受けられたりとプラスの影響が。長い目で見ればやっておくべきと判断したら、今までにない仕事もどんどんやっていくといいでしょう。

4月中旬から月末は事務仕事にフォーカスを。つい後回しにしていた書類などをすっきり片づけられます。5月には変化の兆し。柔軟な対応を。

【さそり座の上半期月ごとの運勢】
気になるイベントは積極的に参加して

1月
知性が磨かれ、頭の回転もスピーディに。さまざまなアイデアがわいてくるので、どんどん行動を起こしましょう。気になるイベントなどへ積極的に足を運んで。人脈づくりにも。

2月
安心できる場所にいると、より強く輝ける。苦手なことを克服するのは、今はしなくてOK。むしろ、得意分野を伸ばし、できることに注力を。自信がつき笑顔も増えそうです。

3月
心を解放しましょう! さそり座はつい、感情を内側に閉じ込めがち。もちろん、冷静な顔をするのも大切だけれど、今はオープンでいるほうが幸せをより強く感じられるはず。

4月
運命の動くスピードが落ち、停滞しているように感じるかも。が、今月はとても重要な調整期。なにが起きてもいいよう、しっかりと土台をつくって。面倒な手続きもこの時期に。

5月
ファッションを変えると出会う相手も変わります。好き嫌いではなく、自己表現の手段として、おしゃれを見つめ直してみて。本当の意味でのあなたらしさが手に入るでしょう。

6月
底が見えないものに、飛び込んでいきたくなるとき。視野が狭くなる心配はありますが、探究心をとことん働かせるのはいい経験に。自分を信じ、好きなことに没頭してみて。

教えてくれた人:鏡リュウジさん

プロフィール
1968年、京都生まれ。心理占星術研究家であり、翻訳家としても活躍している。占星術の第一人者で、一般女性誌の占い特集では欠くことのできない存在。

<特集>2019年下半期12星座占い

<特集>2019年下半期12星座占い

鏡リュウジ監修の12星座占いをご紹介。各星座の気になる2019年下半期の総合運、恋愛運、仕事運は? 月ごとの運勢もあるから、日々の参考にしてみて。あなたの2019年の毎日が素敵なものになりますように。

  • LINEで送る