誰にも話せないお悩みにお答え!カラダのお悩み相談室vol.4




カラダのお悩み相談室

働く女性にとって、カラダの悩みは付きもの。「聞きたいけれど、今さら聞けない」「プライベートなことだから話しにくい」そんな、人には話しにくいお悩みにプロがお答え! お悩みを解消して健康ボディを手に入れよう

【vol.4】昔から、おりものの量が多い気がしています。将来の妊娠に影響はない?(28歳 会社員)

病気が隠れていないかをチェックして

おりものの量や色などは、他人と比べられないこともあり、どこまでが正常でどこからが異常なのか、なかなかわかりにくいものです。相談者は“昔から”おりものの量が多いということですが、最近になって急に増えたというわけでなければ、それほど気にしなくてよいかもしれません。

おりものの量は、子宮膣部のびらんの程度にもよります。びらんというのはただれのことで、病的なものではありませんが、子宮頸がんが発生する場所にできます。ですから、女性であれば誰でも子宮頸がん検診は受けたほうがよいのです。

また、おりものの量が突然増えた色が変わった血液が混じっているニオイがきつくなったかゆみを伴うなど変化があった場合は要注意。性感染症・膣カンジダ症などの病気のサインかもしれません。パートナーが変わったタイミングでおりものに変化が見られた場合も、なにかしらの病気に感染した可能性が考えられます。
将来の妊娠を希望しているのであれば、婦人科でおりものを調べ、病気なのかどうかをチェックすることをおすすめします。

おりものは、月経周期により量や質が変わるのが普通です。排卵の時期が近づくと、子宮頸管粘液が増えておりものの量が増えたように感じるかもしれません。また排卵後、黄体期にもおりものの粘度が高くなり分泌量が増えます。少しでも気になるようでしたら婦人科を受診しましょう。病気ではないことを確かめるだけでも、精神的に楽になれますよ。

答えてくれたのはこの方
篠崎百合子さん
しのざきクリニック院長。医学博士。日本産婦人科学会認定医。気さくな人柄と的確な診断が人気
婦人科の先生に相談できる
OZの婦人科検診予約

自分のカラダのために、定期的な婦人科・乳がん検診を

仕事やプライベートに忙しい大人女子を応援するために、オズモールでは「婦人科検診予約」を展開中。婦人科や乳がん検診で、女性特有の不調や病気の早期発見を心がけ、毎日を気持ちよく過ごして

OZの婦人科検診TOPへ
OZの婦人科検診予約
 

TOP