『スイミー』でおなじみ、絵本作家レオ・レオニの世界初コラボカフェが銀座に期間限定オープン

「レオ・レオニ カフェ」

『スイミー』『フレデリック』『アレクサンダとぜんまいねずみ』など数々の名作で知られる絵本作家、レオ・レオニの世界初となるコラボカフェ「レオ・レオニ カフェ」がマロニエゲート銀座1「サンデーブランチ」に2019年4月3日(水)から7月31日(水)まで、期間限定オープン。絵本から飛び出したような料理とスイーツにときめくはず。かわいいキャラクターたちにぜひ会いに出かけてみよう。

更新日:2019/03/27

スイミープレート2808円。クリームチーズや銀座はちみつ、トマトソース、ツナのリエットが重なる本格派のおいしさ
Copyright © 2019 by Blueandyellow, LLC Licensed by Cosmo Merchandising

物語の世界観をフード&スイーツで表現。かわいいひと皿は子連れランチや女子会にも

教科書にも掲載される名作『スイミー』やちょっと変わったねずみのおはなし『フレデリック』など、美しい色彩の絵と勇気ある主人公が奔走するストーリーが深く心に響く絵本をたくさん生み出したレオ・レオニ。そんな彼の作品をモチーフにした楽しいメニューが並ぶ、世界初となるコラボカフェ「レオ・レオニ カフェ」が2019年4月3日(水)から7月31日(水)、マロニエゲート銀座1「サンデーブランチ」に登場。

「レオ・レオニ カフェ」では野菜をふんだんに使った料理や旬のフルーツを使ったデザート、ドリンクなどのオリジナルメニュー13種を提供予定。例えばスイミーと仲間たちが描かれた大きな魚のパンをちぎりながらクリームチーズ&銀座はちみつと食べるサラダなど、絵本の世界そのままのキュートなメニューがずらり。子連れランチはもちろん、かわいい料理は女子会にもおすすめ。

(左)フレデリックのいろあつめ1706円。カラフルなトッピングはビーツ・ほうれん草・かぼちゃのクリームチーズ (右)ほうれん草のインドカリーとタンドリーチキンを狙う姿がかわいい、コーネリアスのしっぽ1922円
Copyright © 2019 by Blueandyellow, LLC Licensed by Cosmo Merchandising

コーネリアスのカレーにフレデリックの雑穀ごはん。一瞬にしてあの頃の気持ちに戻れるメニューにワクワク

そのほかワニのコーネリアスが木にぶら下がる姿を再現したインドカリーとタンドリーチキンのひと皿、コク深いカルボナーラソースと味わうフレデリックの雑穀ごはんなど、テーブルに届けられた瞬間に歓声が上がること間違いなしのメニューがたくさん。みんなでシェアしていろいろ味わいたい。

また、スイミーがちょこんと乗ったツナとトマトソースのショートパスタにフレデリックのマフィンが添えられたキッズメニュー(ドリンク付き1080円)も用意。さらに赤ちゃん連れの人には離乳食を1杯まで無料で提供してくれるから、小さなお子さん連れのランチ&ディナーも安心。

(左)ねえフレデリックなにしているの? ドリンク付き1350円、(右)歩いてでてきたコーネリアス ドリンク付き1296円
Copyright © 2019 by Blueandyellow, LLC Licensed by Cosmo Merchandising

ホワイトチョコのベイクドチーズケーキor抹茶のガトーショコラでカフェタイム

かわいいスイーツもぜひ目当てに。ネズミのフレデリックがトッピングされた「ねえフレデリックなにしているの?」は、こっくりとしたホワイトチョコのガナッシュと甘酸っぱいベリーがベストマッチなベイクドチーズケーキ。濃厚ガナッシュとクルミ入りクランブルの抹茶ガトーショコラ「歩いてでてきたコーネリアス」からお好みをチョイスして。

いずれもドリンク付きで、銀座散策の合間のカフェタイムにぴったり。ほかにドリンクメニューもあり、レオ・レオニの世界観にただゆったり浸るのもおすすめ。彼が生み出したキャラクターたちのかわいさにたっぷり癒されて。

「レオ・レオニ カフェ」

住所
東京都中央区銀座2丁目2-14 マロニエゲート銀座1/4F
サンデーブランチ Map
営業時間
11:00~21:00(フード20:00LO、ケーキ・ドリンク20:30LO)
※17:00まで予約優先。17:00以降はフリー席にて順次ご案内
※公式HPの下部バナーよりご予約ください
定休日
マロニエゲート銀座1に準じる
交通アクセス
JR 山手線・京浜東北線「有楽町」駅中央口より徒歩3分
東京メトロ丸の内線・銀座線・日比谷線「銀座」駅C8出口より徒歩3分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅4番出口より徒歩1分
期間
4/3(水)~ 7/31(水)
ホームページ
レオ・レオニ カフェ公式HP

WRITING/EMIKO OKAZAKI

  • LINEで送る