銀座三越の屋上「テラスガーデン」は芝生の美しい憩い空間。限定サンドウィッチでランチを

銀座三越 屋上

銀座のまさに中心、4丁目交差点に立つ銀座三越の9階に広がる「テラスガーデン」。青々と茂る芝生スペースを取り囲むようにぐるりとウッドデッキが敷かれ、中央通り側の一面にはソメイヨシノやキンモクセイ、カエデといった季節を知らせる樹木が生き生きと枝を伸ばす。街中の喧騒をすっかり忘れて、ベンチでくつろいだり、素足で芝生の感触を楽しんだり。束の間の癒しトリップを。

更新日:2018/09/11

テラスガーデン(銀座三越)

営業時間/10:30~23:00
日よけ/なし
ベンチ/36席
テーブル/18卓

ゴロリと寝転びたくなる芝生広場が気持ちいい

庭園に辿りついた瞬間に思わず歓声をあげてしまいそうになるほど、空が間近に感じられる開放的なガーデン。広い芝生スペースに季節の草花や樹木の植栽も清々しく、銀座の中心にいるとは思えない自然豊かな眺めにほっこり。一度訪れたらきっとお気に入りの場所に。

屋上に上がる前に地下2・3階に立ち寄って、話題のグルメ&スイーツをテイクアウト&ガーデンのベンチやテーブルセットで味わうのがおすすめ。また庭園と同じ9階にある「みのりカフェ」でもサンドウィッチやジェラートなどが購入できるから、手ぶらでふらりと訪れても大丈夫。たまには室内のカフェじゃなく、空を望む場所で休憩時間を過ごしてみては。

出世地蔵がまつられた銀座のパワースポット

庭園の一角には神社とお地蔵さまがまつられたパワースポットも。3つ並ぶ建立物のうち、右にあるのは「三圍神社(みめぐりじんじゃ)」。三越の前進である三井家の守り神として日本橋三越本店の屋上にも奉られているもので、商売繁盛や交通安全などにご利益あり。

中央のお堂は「銀座出世地蔵尊」。もともとは銀座四丁目付近に置かれていたお地蔵さまで、百貨店の屋上にまで登りつめたことからいつしか出世地蔵と呼ばれるように。お堂の扉は普段は閉じられ、その姿が拝めるのは月例法要と4月、10月の例大祭のときのみ。左の大きなお地蔵様はその分身地蔵で、ニコニコ愛嬌のある表情に心和むはず。

子連れにも嬉しいレストスペースが充実

庭園のある9階フロアは、自由に休憩できるフリースペースやイベント会場などがゆったりと配された知る人ぞ知る憩いスペース。とくにベビー休憩室にオムツ交換室、プレイルーム付きの親子休憩室など、小さな子供連れのお母さんに嬉しい設備が充実。人混みに気を使う銀座でも、ここなら子供と一緒に羽を伸ばせそう。託児所「キッズスクウェア」もあり、10時30分から18時30分まで、ショッピング中などに子供を預けることもできる(有料)。

屋内のフリースペースにはふかふかのソファベンチが置かれているから、暑さや寒さが気になる日にはぜひこちらでくつろいで。ショッピングの合間のひと休みや、銀座でちょっと時間が空いた時にも重宝すること間違いなし。

銀座三越PRがおすすめ!屋上で食べたいお持ち帰りフード

B2F/サンドウィッチリー ジョアン「アボカドとエビ ブロッコリーサンド」454円

野菜たっぷりも嬉しいフォトジェニックなサンドウィッチ

銀座三越PRの明間祐生さんのおすすめは、人気ベーカリー「ジョアン」が銀座三越限定で展開するサンドウィッチ専門店「サンドウィッチリー ジョアン」の「アボカドとエビ ブロッコリーサンド」。クリーミーなアボカド×プリップリのエビという黄金コンビに、チーズ、ブロッコリー、レタス、パプリカの彩り鮮やかな野菜がぎっしり。

「まずは、思わず写真を撮りたくなる美しい断面を楽しんでいます。具材たっぷりのサンドウィッチが常時10種程度揃っていて、野菜がたっぷり取れるヘルシーさも嬉しいですよね」(明間さん)。

そのほかスモークサーモンとフロマージュ、たまごegg、タンドリーチキンとひよこ豆など魅惑のラインナップ。好みの1品をゲットして。

サンドウィッチリー ジョアン(B2F)

TEL.03-3562-1111(大代表)
営業時間/10:30~20:00

施設DATA

スポット名
銀座三越
電話番号
0335621111 0335621111 ※大代表
住所
東京都中央区銀座4-6-16
営業時間
ショップ:10:30~20:00
レストラン:9F・11F・12F店舗は11:00~23:00
※店舗により異なる
屋上庭園:10:30~23:00
※養生期間や雨天時などは芝生スペースの立ち入り禁止
定休日
不定休
交通アクセス
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」A7・A11出口よりすぐ

WRITING/EMIKO OKAZAKI

  • LINEで送る