東京ミッドタウン日比谷で競技・種目や選手の魅力が学べる「ふつうじゃない2020展 by 三井不動産」開催

重量挙げをリアルに再現した、立体顔ハメ人形

重量挙げをリアルに再現した、立体顔ハメ人形

2018年8月10日(金)から26日(日)までの17日間、東京2020オリンピック・パラリンピックの競技・種目や選手について楽しく遊んで学べる体感型展示イベント、「ふつうじゃない2020展 by 三井不動産」が、東京ミッドタウン日比谷にて開催される。残りわずかに迫った東京2020大会に向けて、いろいろと楽しむ準備をしている方も多いのでは。まだの方は、このイベントをぜひ体験しておこう。

更新日:2018/08/10

正拳突きによる威力で、ロウソクを消すことに挑戦する「カラテ・キャンドル」
正拳突きによる威力で、ロウソクを消すことに挑戦する「カラテ・キャンドル」

“ふつうじゃない”やり方で、競技や選手たちのすごさを体験して遊ぶ

オリンピック選手と言うと、すごいひと、別次元の存在、まさに“ふつうじゃない”ひと。だからこそ、そのすごさに感動し、声援を送りたくなる。“ふつうじゃない”からこそ、人々は興味を注いで夢中になるが、“ふつうじゃない体験”をしたときには、もっともっと感情が高まってくる。そんなエキサイティングな楽しさがつまった、計19種類(予定)もの競技・種目についての展示が用意されているイベントが「ふつうじゃない2020展 by 三井不動産」。

スポーツの価値を再発見する19日間として、これまでのスポーツイベントとは異なる“ふつうじゃない”やり方で、様々な競技・種目の面白い点や、アスリートの身体能力のすごさを五感を使って楽しむことができる。

アスリートの背筋力を体験「エクスカリバー背筋力測定」
アスリートの背筋力を体験「エクスカリバー背筋力測定」

ユニークな体験型展示で、知識が自然と身につく

たとえば、「エクスカリバー背筋力測定」は、勇者のみが引き抜ける伝説の剣・・・ではない。しかしこの剣は実は300kgもあり、アスリートのふつうじゃない背筋力を体験できる。「バレーボール自販機」は、バレーボール選手のジャンプ到達点(3m48cm)にあるボタンに手が届けば、コカ・コーラが出てくるというもの。

そのほか、正拳突きによる威力で、LEDロウソクを何本消すことができるか挑戦する「カラテ・キャンドル」、ラグビーのスクラムパワーを巨大分銅で体験する「ラガーマン分銅」など、名前からして遊び心満点な“ふつうじゃない” 19種類(予定)の展示で、競技の魅力や選手のすごさを自然と学ぶことができる。

東京オリンピックの雰囲気を味わえる、巨大モニュメント
東京オリンピックの雰囲気を味わえる、巨大モニュメント

ひと足先に東京オリンピックの雰囲気を味わえる、巨大モニュメントも

会場には、棒高飛びのバーを使用した出入り口ゲートや、アスリートの巨大バルーンを設置するほか、競技場の素材を使用した装飾などで、ひと足先に東京2020の雰囲気満点だ。

オリンピックをテレビで見るのもいいけれど、それよりもリアルに観戦したほうが、ぐんと競技を楽しめる。それ以上にその競技を知って観戦に臨めば、何倍も競技を楽しめることは間違いなし。一生に一度しかない2020年まで、あとわずか700日あまり。イベントに参加して、その一瞬の価値を最大にする下準備をしに、東京ミッドタウン日比谷に出かけよう。

イベントDATA

イベント名
ふつうじゃない2020展 by 三井不動産
開催場所
東京ミッドタウン日比谷(日比谷ステップ広場)
開催日程
2018/8/10(金)~ 8/26(日)
開催時間
11:00~19:00
※初日は12時オープン予定
※荒天時(雨天・強風の場合)は中止
※台風13号の影響により、8/8(水)・9(木)開催中止
住所
東京都千代田区有楽町1-1-2
ホームページ
ふつうじゃない2020展 by 三井不動産 特設サイト

WRITING/IKUMI ISHIKAWA

  • LINEで送る