初心者も大歓迎!東京の秋の風物詩「東京大茶会2018」で茶道体験をしてみよう

※東京大茶会2017の様子(浜離宮恩賜庭園)

東京の秋の風物詩として親しまれている大規模な茶会「東京大茶会2018」。第11回目となる今年は、10月13日(土)14日(日)に江戸東京たてもの園で、10月20日(土)21日(日)に浜離宮恩賜庭園で、計4日間かけて行われる。事前申し込み制の本格的な茶席のほか、気軽に当日参加できるプログラムが満載なので、この機会に茶道に挑戦してみるのはいかが。

更新日:2018/08/16

※東京大茶会2017の様子(江戸東京たてもの園)

初心者のお茶会デビューや子どもの学習にもおすすめ

日本の伝統文化や芸能を国内外へ発信することを目的とした大規模なお茶会。茶道を嗜む人だけでなく、初心者や外国人、子どもたちまで、誰もが気軽に参加できる。

少し難しいイメージがある茶道だけど、「東京大茶会2018」は流派を超えて純粋にお茶の世界を楽しめるのが魅力。お茶菓子に敷く懐紙(かいし)や、黒文字と呼ばれる菓子切りなどを持参しなくても参加できるから、はじめてのお茶会デビューにぴったり。

作法や流派にまつわる知識がなくてもイベントを通して学べるので、興味がある人は当日参加する席のお点前をする亭主からいろんな話を聞いてみよう。また、公式サイトでは茶室への入り方やお茶のいただき方などが詳しく説明されているから、事前に予習しておくのもおすすめ。

本格的な茶席へ参加するには、公式サイトの「茶席お申し込みフォーム」または往復はがきでの事前申し込みが必要。8月末まで受け付けているので今すぐ詳細をチェックして。

※東京大茶会2017の様子(江戸東京たてもの園)

「江戸東京たてもの園」で子供のための茶道教室を開催

江戸時代から昭和中期までの歴史的建造物30棟を展示している野外博物館「江戸東京たてもの園」では、事前申し込み制の本格的な茶席のほか、当日参加で楽しめるプログラムも。

外国の方にも楽しんでもらえる英語解説付きの茶道体験や、秋空の下で気軽にお茶を楽しめる野点(のだて)、子供のための茶道教室などを開催。いずれも定員制で、各200~700円の参加料で体験できる。

江戸東京たてもの園

開催場所:江戸東京たてもの園(東京都小金井市桜町3-7-1 都立小金井公園内)
開催日:2018/10/13(土)・14(日)※雨天決行、荒天中止
開催時間:9:50~16:10
※受付時間9:30~15:30/江戸東京たてもの園 開園時間9:30~16:30(入園は16:00まで)
入園料:東京大茶会2018開催中は入園無料

※東京大茶会2017の様子(浜離宮恩賜庭園)

「浜離宮恩賜庭園」では茶道部の高校生が野点でおもてなし

都内屈指の歴史ある庭園「浜離宮恩賜庭園」でも、江戸東京たてもの園と同様に、本格的な茶席(事前申し込み制)のほか、ペアになってパートナーのお茶を点てたり、当日参加でも気軽に茶道体験ができる。また野点では、外国の方々と一緒に英語解説付きで茶道を楽しんだり、都内高等学校の茶道部に所属する学生たちがお茶をふるまう。

ここで紹介した茶席や茶道体験のほかにもイベントの開催が予定されているので、秋の散歩がてら庭園へ出向き、気軽に日本の伝統文化に触れてみて。

浜離宮恩賜庭園

開催場所:浜離宮恩賜庭園(東京都中央区浜離宮庭園1-1)
開催日:2018/10/20(土)・21(日)※雨天決行、荒天中止
開催時間:9:30~16:10
※受付時間9:00~15:40/浜離宮恩賜庭園 開園時間9:00~17:00(入園は16:30まで)
入園料:一般300円、65歳以上150円、小学生以下および都内在住・在学中学生は無料

東京大茶会2018

東京大茶会2018

※事前申し込み制の茶席については、下記より詳細をご確認ください

電話番号
0364260558 0364260558 東京大茶会事務局(平日10:00~17:00)
申し込み締め切り
2018/8/31(金)当日消印(受信)有効
申し込み方法
ウェブサイトまたは往復はがきにて応募
※応募者多数の場合は抽選
※お申し込みはお1人様1会場につき1回限り
ホームページ
東京大茶会2018 HP

WRITING/YUKI HORIE

  • LINEで送る