ワインのように味わう、パリ発の注目サードウェーブコーヒーが二子玉川に登場|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. ワインのように味わう、パリ発の注目サードウェーブコーヒーが二子玉川に登場|ニュース
OZニュース

【グルメ】 ニューオープン

ワインのように味わう、パリ発の注目サードウェーブコーヒーが二子玉川に登場

2015年2月17日(火)時計アイコン22:00コメント 100

ワインのように味わう、パリ発の注目サードウェーブコーヒーが二子玉川に登場

今注目の“サードウェーブコーヒー”は、豆の産地や品質にこだわり、それぞれの個性を引き出すスタイルのコーヒーのこと。そんなスペシャリティコーヒーを提供するカフェ「COUTUME(クチューム)玉川高島屋店」が2015年2月11日(水)にグランドオープン。そのプレオープン体験会をOZの読者限定で開催し、こだわりのコーヒーやフードを試食させてもらった。

「COUTUME」は、オーストラリア出身のトムとフランス出身のアントワンの2人が4年前にパリで始めたカフェ。パリにおけるサードウェーブコーヒーの先駆者と呼ばれており、フランス国内のレストランや5つ星ホテルでも採用されている。

体験会当日は、創設者2人も来日。直接お話を聞きながら、まずはハンドドリップで淹れた数種類のコーヒーを試飲した。特徴的なのは、その飲み方だ。まるでワインのようにグラスをまわし、空気に触れさせることでアロマの香りを引き立たせるのだそう。例えば、ブラジル・サンパウロの豆を使用した「FAF #516」は、胡桃の香りにほのかな酸味とブラックチョコレートがアクセントになった、風味豊かな1杯。「冷めると少しずつフレーバーが変化するので、ゆっくりと楽しんで」とトム。全体的に浅煎りで、豆本来の味や香りを楽しむことができ、参加者からは「ミルクや砂糖を入れずにブラックで飲みたいおいしさ」という声も。

次に、フードの試食。3種のパンメニューのうちの1つ、「仏産キノコとブラウンマッシュルーム・ゴルゴンゾーラのタルティーヌ」は、ハーブでマリネした5種のキノコとゴルゴンゾーラチーズを、そば粉入りのカンパーニュに載せたオープンサンド。野菜もたっぷり摂ることができ、女性には嬉しい1品。

スイーツはパティシエメイドのエクレアやタルトなど、コーヒーにマッチするメニューが10種以上揃う。しっかりと味わい深いフードが味わえるのもこのカフェの魅力。

ショッピングの合間にひと息つくなら、気軽にエスプレッソやラテを。希少なコーヒーを味わってみたい人は、最高級コーヒー豆「ゲイシャ」を使った1杯1600円のコーヒーにチャレンジしてみて。豆を育てる土づくりから、ドリッパーにまでこだわり抜いた「COUTUME」のコーヒーを体験したら、新しい発見や驚きがきっとあるはず。

そのほかの「OZネタ」を見る

PR

ページTOP

TOP