GINZA SIXに世界で活躍する吉岡徳仁氏の新作アートが登場!銀座の春を楽しむピンクスイーツも展開中

GINZA SIX アート+ピンクスイーツ  PC

銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」。これまで国際的アーティストの作品を展示してきた中央の吹き抜け空間に、2020年2月27日(木)から10月下旬(予定)まで、ガラスの茶室「光庵」などを手がけた世界的に活躍するアーティスト・吉岡徳仁氏による新作アートを展示。また、施設内では春らしいピンクのスイーツも期間限定で展開中。アートやスイーツで、銀座の春を楽しんで。

更新日:2020/03/03

GINZA SIX アート+ピンクスイーツ 吹き抜け空間「Prismatic Cloud」
「Prismatic Cloud」

新作は巨大な雲をイメージした光の彫刻「Prismatic Cloud」

世界から注目が集まる2020年に、GINZA SIXの顔となる新作アートを手がけるのは、世界的に活躍するアーティスト・吉岡徳仁氏。

今回の作品「Prismatic Cloud(プリズマティック・クラウド)」は、巨大な雲をイメージした全長10mの光の彫刻。こちらは、アメリカ・ヒューストンの文化拠点「アレンセンター」で2017年に発表したものを、GINZA SIXのためにアレンジしたという日本初上陸の作品。

自然の原理にインスピレーションを受けたという作品は、光を屈折させるおよそ1万本の透明なプリズムロッドを積み重ねることで、光を透過するレイヤー(層)を無数に創り出し、約400㎡の吹き抜け空間に雲のような光の造形を生み出している。

GINZA SIX アート+ピンクスイーツ ガラスの茶室+吉岡氏
左/「ガラスの茶室 − 光庵」2011-「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」 2019-2021 年 国立新美術館 公開風景、右/吉岡徳仁氏

高さや角度によって変化する自然のエネルギーを感じ取って

自然の壮大なエネルギーをテーマにした、詩的な作品が世界的に評価されている吉岡氏は、デザイン、建築、現代美術の領域で幅広く活動を続けるアーティスト。

代表作には、パリのオルセー美術館に常設展示されているガラスのベンチ「Water Block(ウォーター・ブロック)」や、六本木の新国立美術館前で公開されているガラスの茶室「光庵」などがある。

今回の作品は、鑑賞する位置や目線の高さによって見え方が変わるので、フロアを移動し角度を変えながら、自然のエネルギーを感じ取って。

あわせて楽しみたい、春限定スイーツ

GINZA SIX アート+ピンクスイーツ パフェ+アフタヌーンティー
左/別製まるとパフェ「春雲」 (中村藤𠮷本店)2530円、右/「苺づくしのストロベリースイートアフタヌーンティー」(THE GRAND GINZA)4620円 ※いずれもGINZA SIX限定

桜にバラにイチゴも!春らしいピンクスイーツで心華やぐ

また、この時期のGINZA SIXでは、春の味覚をふんだんに使った限定スイーツも展開中。桜の花やバラ、イチゴなど、春らしい彩りの華やかなピンクスイーツも、GINZA SIX限定で提供される。

京都のお茶どころ・宇治発「中村藤吉本店」(4階)のカフェには、別製まるとパフェ「春雲」(2530円、提供期間:3月1日(日)から4月末までの予定) が登場。特製の桜餡に甘酸っぱいイチゴ、上質な抹茶のうま味が広がる贅沢なパフェが味わえる。

創作フレンチの「THE GRAND GINZA」(13階)で、4月1日(水)から6月30日(火)まで提供されるのは、「苺づくしのストロベリースイートアフタヌーンティー」(4620円)。さまざまなアプローチで姿を変えたイチゴや、バラの香りの紅茶など、五感で春が楽しめる。

自然の息吹が感じられる新作アートと、甘いピンクのスイーツで、銀座の春を華やかに満喫しよう。

GINZA SIX 外観

DATA

スポット名
GINZA SIX
電話番号
0368913390 0368913390 GINZA SIX 総合インフォメーション(10:30~20:30)※店舗休業日を除く
住所
東京都中央区銀座6-10-1 Map
営業時間
ショップ・カフェ(B2F~5F)10:30~20:30、レストラン(6F、13F)11:00~23:00 ※一部営業時間が異なる店舗あり
定休日
不定休
交通アクセス
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」より地下通路にて直結
駐車場
445台 300円/30分 ※お買い上げ優待あり
ホームページ
GINZA SIX 公式ホームページ

WRITING/NAOKO YOSHIDA (はちどり)

  • LINEで送る