永谷園の「中の人」が教えてくれる簡単・絶品和ごはんレシピ:待つだけで味がしみしみ鶏大根

永谷園の「中の人」が教えてくれる簡単・絶品和ごはんレシピ:待つだけで味がしみしみ鶏大根

おうちで料理をする機会が増えている中、簡単においしく作れるレシピのバリエーションを増やしたい! そこで、おうちごはんのことを誰よりもよく知っている食品メーカーの「中の人」が、自社の商品を使って簡単に作れるアレンジレシピを伝授。今回はレンチンして“待つだけ”で味がしみしみの煮物ができる「松茸の味お吸いもの」のアレンジレシピをご紹介。

更新日:2020/10/27

今回使用するのは、永谷園の「松茸の味お吸いもの」

松茸の香りとかつおのうまみが広がる「松茸の味お吸いもの」。1964年誕生とその歴史は古く、普段の食事にはもちろん、ひな祭りや土用の丑の日といったハレの日の食卓を彩ってきた1杯。秋に旬を迎えるキノコの最高峰・松茸の風味を手軽に味わえるから、まさに今の時期にぴったり。お餅を入れて雑煮風にして味わうのもおすすめ。

実はダシの素としてさまざまな料理に使える抜群の使い勝手で、現在では当たり前のアレンジレシピの先駆けとしても活躍。おすすめは「松茸の味お吸いもの」だけで味が決まる釜玉風うどん。そのほか炊き込みご飯の素にしたり、お湯の代わりに温めた牛乳を入れるとクリームスープ風になってまた違った味わいに!

永谷園「松茸の味お吸いもの」

容量・価格/4袋入138円 8袋入248円

待つだけで味しみ鶏大根

鶏もも肉と大根、「松茸の味お吸いもの」と酒、水を入れてレンチンするだけの超簡単時短レシピ。ポイントはレンチン後、10分ほど放置すること。冷める間に味がじんわりしみ込み、深いおいしさに。プリプリの鶏肉と松茸風味の大根がベストマッチで、メインのおかずになるので忙しい夜にぴったり。

作り方(調理時間 約16分)

1. 鶏肉はひと口大、大根は1cm幅のいちょう切りにする。少し深さのある耐熱皿に、鶏肉、大根、松茸の味お吸いもの、酒、水を入れて軽く混ぜる。
2. ふんわりとラップをし、電子レンジ(500W)で10分加熱する。

<材料(2人前)>
松茸の味お吸いもの 2袋
鶏もも肉 1枚(250g)
大根 220g
酒 大さじ1
水 40ml

<ポイント>
大根に火が通りにくいので、大根が肉の下にならないように並べて。火の通り具合を見ながら調理時間の調整を。

永谷園 アレンジレシピ

永谷園の商品を使ったバリエーション豊かなアレンジレシピが揃ったレシピ集。なかでも「松茸の味お吸いもの」を使ったレシピは常に人気ランキング上位で、炊き込みご飯などの殿堂入りレシピも。寒い季節の朝ごはんにぴったりなお茶漬けレシピもチェックして。

【特集】おうちで楽しむ、カンタン和ごはん

【特集】おうちで楽しむ、カンタン和ごはん

秋の味覚をおいしいご飯と一緒に楽しむヒントがたくさん! 食品メーカーの「中の人」が教えてくれる、簡単に作れる絶品和ごはんレシピをはじめ、プロや専門家による、和食をもっと手軽においしく楽しむ方法をお届け。GO TO EATでお得に予約できる和食レストラン情報も。

WRITING/EMIKO OKAZAKI

  • LINEで送る