専門店なカフェのあの1品「町いちばんのスコーンをめざす小さなカフェへ」|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 専門店なカフェのあの1品「町いちばんのスコーンをめざす小さなカフェへ」|ニュース
OZニュース

【グルメ】 グルメランキング

専門店なカフェのあの1品「町いちばんのスコーンをめざす小さなカフェへ」

2015年1月4日(日)時計アイコン22:00コメント 089

専門店なカフェのあの1品「町いちばんのスコーンをめざす小さなカフェへ」

わざわざ食べに行きたい、こだわりグルメを提供する専門店的カフェが続々とオープンしている。タベゴコチもイゴコチもいい専門店なカフェで食べたい「あの1品」を編集部がセレクト。今回紹介するのは、大塚「cafe collier」の「スコーンセット 550 円」。チョコチップ/抹茶の中から1種類と、プレーンを1皿に。お好みでクロテッドクリームとジャムをつけて味わって。

白木のぬくもりが心地いい空間で楽しめるのは、生地の配合にこだわりぬいた自慢のスコーンとイタリア製エスプレッソマシンで淹れるカプチーノ。長年バリスタ修行を積んだオーナーの伊藤さんとスタッフの米山さんは、思わず笑顔になるようなキュートなラテアートもお手のもの。おいしさはもちろん、心まで休まる時間を提案。

写真上)コーヒーやスコーンは通りに面した窓からテイクアウトもできる 写真左下)白が基調の爽やかな店内 写真右下)かわいいラテアートに心和むカプチーノ450円。近頃話題のエアロプレスで淹れるコーヒーも人気

とくべつな1品ができるまでのQ&A

Q:なぜスコーンを主役に?
A:好みの味や食感のスコーンを追求しようと何度も試作を重ねた結果、自分史上最高のものができてしまったから(笑)。コーヒーとの相性もいいことから、迷わず看板メニューにしました

Q:なかでもとくべつなこだわりは?
A:生地にヨーグルトを配合することでスコーンにありがちなパサつきを解消し、しっとりとした食感に。クリームやジャムがなくてもおいしく食べられるよう、甘めに仕上げているのも特徴

Q:このカフェをもっと楽しむには?
A:ホワイトチョコレートを混ぜ込んだ抹茶スコーンは、まるでケーキを食べているような満足感! ほろ苦いカプチーノと合わせると生地の甘みが引き立ち、さらにおいしく感じられます


※年末年始は、営業が不規則になる可能性があるためご注意ください

そのほかの「OZネタ」を見る

PR

ページTOP

TOP