秘伝ソースのハンバーグからホテル生まれのナポリタンまで。横浜が誇る老舗の洋食3選|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 秘伝ソースのハンバーグからホテル生まれのナポリタンまで。横浜が誇る老舗の洋食3選|ニュース
OZニュース

【グルメ】 トレンドトピックス

秘伝ソースのハンバーグからホテル生まれのナポリタンまで。横浜が誇る老舗の洋食3選

2015年3月28日(土)時計アイコン22:00コメント 080

秘伝ソースのハンバーグからホテル生まれのナポリタンまで。横浜が誇る老舗の洋食3選

みなとみらいの美しい景観や中華街、歴史的な名所がたくさんある横浜。開港で栄えた港町でもあるこの街には、永く愛されてきた洋食レストランがそこここに。そこで、昔ながらの味を楽しめる老舗店を3軒セレクト。レトロな雰囲気もたっぷりの店内でランチを楽しんで。

写真)「ホフブロウ」の「ハンバーグ茸入りデミグラスソース」1400円。平日ランチのみスープとサラダ、ライスorパン付きで1000円

牛脂を加えたハンバーグは、秘伝のソースでめしあがれ

1947年に創業し、半世紀近く通い続ける常連客も多い老舗レストラン「ホフブロウ」。ノルウェー人デザイナーが手がけた内装は、天井が高くて落ち着いた雰囲気で、インポートのステンドグラスも上品。

定番のハンバーグは牛肉を100%使用し、牛脂を加えてふっくらとジューシーな焼き具合に。オリジナルレシピで手作りしているデミグラスソースは約1週間かけてじっくり煮込んでいるため、マイルドな味わいでハンバーグとの相性抜群!

世代を超えて愛される完璧な味わいのナポリタン

「洋食 横浜髙島屋 ル グラン」は、1927(昭和2)年に開業した横浜の名門ホテル「ホテルニューグランド」の味が気軽に楽しめる洋食レストラン。上質なインテリアに囲まれて伝統的な料理を味わうことができる。

当時の総料理長が考案した伝説のナポリタンは、トマトケチャップを使用せず、香り付けのニンニク、甘みを出すタマネギ、フレッシュトマトを合わせたこだわりのソースが魅力。ぜひ堪能したい逸品だ。

写真)「ナポリタン」1944円。具は生のマッシュルームと特製ボンレスハムがたっぷり。まろやかなトマトソースは甘みと酸味のバランスが絶妙で、一度食べたら忘れられない味

レトロな空間でいただくボリューミーなオムライス

1946(昭和21)年創業の老舗洋食レストラン「洋食 センターグリル」。2階建ての店内は、大きな窓が印象的。天井も高く、くつろいで食事ができる。

看板メニューの浜ランチは卵を3個も使った大きなオムライスが目を引く。トロトロの半熟卵には、牛スジや香味野菜を1週間じっくり煮込んで作る特製デミグラスソースがたっぷりかかり至福の味わい。付け合わせのチキンカツもジューシーで食べ応え満点だ。

写真)「浜ランチ」1050円のオムライスの中身は白いごはん。プラス200円でチキンライスに変更可能。チキンカツとサラダ付きで、夜も注文できる

そのほかの「OZネタ」を見る

PR

ページTOP

TOP