ビールとアジフライの組み合わせって最高!編集部が選んだおすすめ3店舗【#のみぱく】

ビールとアジフライの組み合わせって最高!編集部が選んだおすすめ3店舗【#のみぱく】

写真:京ばし松輪

おいしいお酒と料理の最高の組み合わせをシェアする「#のみぱく」。毎月のテーマに合わせて、編集部もおすすめの#のみぱくを紹介します。今回のテーマは「夏ビール×○○」ということで、編集部が選んだのは絶対にハズさない組み合わせ「夏ビール×アジフライ」。行列も納得の人気メニューから、ちょっと変わったバーガーまで、最高の夏ビール×アジフライを紹介します。

更新日:2019/08/01

京ばし松輪のアジフライ定食(1300円)、アサヒ スーパードライ(600円)

限定70食のランチは完売必至!肉厚なのにフワッフワッの絶品アジフライ

開店前からアジフライ定食を求めて行列ができる、東京・京橋の「京ばし松輪」。こちらのアジフライの特徴は、なんといってもその肉厚さ。
こんなに肉厚にもかかわらず、ひと口食べるとそのフワッフワッの食感にさらに驚かされること間違いなし。

おいしさの秘密は、三浦半島の松輪漁港を中心に、東京湾で水揚げされた新鮮なアジを生きたまま開き、一晩寝かせることなんだそう。
ソースではなくたっぷりの大根おろしとワサビをのせ、醬油をたらしていただくスタイルなので、さっぱりとして女性でもペロリと食べられそう。

軽やかな絶品アジフライと、キレのよいスーパードライとの相性はもちろん抜群。ランチの定食かディナーのコースでいただけるから、ぜひこの組み合わせを体験してみて。

京ばし松輪

住所:東京都中央区京橋3-6-1 秋葉ビルB1F
TEL:03-5524-1280
営業時間:11:30~売り切れ次第終了、17:00~21:00
定休日:日曜・祝日
※ランチは定食のみ、ディナーはコースのみとなり、アジフライの単品注文は不可

アジフライバーガー+南蛮ソース(1188円)、キリンハートランド生(648円)

アジフライがハンバーガーに!?唯一無二のアジフライバーガー

中目黒のフィッシュバーガー専門店「deli fu cious」。そこでいただけるのが、ちょっと珍しい「アジフライバーガー」。アジは開いた段階で塩で締めて臭みをとり、注文が入ってから衣をつけ、揚げているそう。

味の想像がつかないバーガーに恐る恐るかぶりついてみると、特注だという甘みのあるバンズ、カラッと揚がったアジフライ、3種類のソースの中からビールに合うと選んでくれた、酸味のある南蛮ソースの相性が抜群! 炒めたキャベツに隠れて入っている、たくあんの食感や風味もいいアクセントに。

そんなアジフライバーガーは、スッキリと飲みやすいハートランドとも相性ぴったり。ここでしか味わえない組み合わせをぜひ試してみよう。

deli fu cious(デリファシャス)

住所:東京都目黒区東山1-9-13
TEL:03-6874-0412
営業時間:12:00~21:00
定休日:水
※2019年11月にオープンする渋谷パルコに移転予定

本気の鰺フライ(850円)、ザ・プレミアム・モルツ(499円)

頭の先からしっぽの先まで丸ごとペロリ!“本気の”アジフライ

新潟県長岡市栃尾地方の名物料理「栃尾揚げ」。揚げたての栃尾揚げを多くの人に食べてもらいたいという想いから始まったという「あげ屋」。そんな揚げ物にこだわるお店で食べられるのが「本気の鰺フライ」。

当日仕入れた刺身でも食べられるという新鮮なアジをフライに。たった40秒しか火を入れないという身の部分は、ホクホク・フワフワの食感が楽しめる。アジの頭や骨はじっくりと火を通しカリッカリに揚げて提供されるのも嬉しい。

アジの旨味をダイレクトに感じられるアジフライは、深いコクを楽しめるザ・プレミアム・モルツとぴったり! カラシ、塩、醤油、ソース、タルタルなどお好みの味付けで楽しめるから、自分なりのビールとの最高の組み合わせを見つけてみるのもおすすめ。

全国唯一揚立て栃尾揚げ あげ屋

住所:東京都新宿区高田馬場4-2-31 1F
TEL:050-5868-4538
営業時間:火~土18:00~23:30、日・祝17:00~22:00
定休日:月※他に月1、2回メンテナンス店休あり

「#のみぱく」で投稿!あなたのお気に入りの組み合わせは?

あなたのおすすめ「夏ビール×○○」は?「メトロミニッツ」への掲載も

おいしいお酒と料理の最高の組み合わせを、写真で撮ってシェアする「#のみぱく Instagramキャンペーン」。このお店のビールと餃子が最高!赤ワインとラム肉の組み合わせははずせないなど、あなたのお気に入りのお酒&ごはんの写真を大募集中!
みなさんの応募から集まった素敵な写真は、スターツ出版発行のフリーマガジン「メトロミニッツ」8月20日発行号の紙面でも紹介予定です。

今月のテーマは「夏ビール×○○」。編集部は「夏ビール×アジフライ」の組み合わせを紹介しましたが、あなただけの最高の「#のみぱく」はなんですか? ぜひ投稿してください。

【特集】飲んだら幸せ!OSAKE JIKAN

今日は誰となにを飲む? 気の合う仲間と盛り上がったり、料理との組み合わせに感動したり、旅先で現地のお酒を試してみたり・・・。編集部が楽しい“OSAKE JIKAN”を紹介します。

PHOTO/AYUMI OSAKI、AYA MORIMKOTO WRITING/AYAKA WAKE(OZmall)

  • LINEで送る