ピエール・エルメのマカロンと和素材リキュールが夢のコラボ【編集部OSAKE JIKANレポートVol.3】

ピエール・エルメのマカロンと和素材リキュールが夢のコラボ【編集部OSAKE JIKANレポートVol.3】

ジャパニーズクラフトリキュール「奏 Kanade」と、ピエール・エルメのスペシャルなマカロンとのマリアージュが楽しめるバーが期間限定で登場。丁寧な手仕事をイメージする「クラフト」という言葉は、ビールやジンをはじめ、お酒の世界にも広がっています。そんな匠の技が体現されたお酒とスイーツのペアリングを楽しむOSAKE JIKANを、編集部が体験してきました。

更新日:2019/10/02

丁寧に作られたリキュールは日本ならではの匠の技

丁寧に作られたリキュールは日本ならではの匠の技

今回紹介されたのは、10月1日(火)から一般発売されたサントリーのジャパニーズクラフトリキュール「奏 Kanade」。抹茶・柚子・白桃の3種類があり、和の素材を伝統的な手法で抽出して作ったお酒です。
最初にいただいたのは、奏の抹茶のソーダ割にレモンを絞ったもの。ひと口飲むと最初は爽やかなレモンの酸味が引き立ち、抹茶の香りとほんのりとした甘さがやさしく追いかけてきて、心地よい余韻を残します。正直、今まで居酒屋で飲んでいた緑茶ハイなどとは別次元の上品な味わいに驚きを隠せません。

ほかのカクテルもいくつかいただきました。「白桃スクリュードライバー」は、奏の白桃とジャパニーズクラフトウオツカ「HAKU」、オレンジジュースが互いに甘さと香りを最適な状態で高めあい、お酒が苦手な人でもおいしく飲めそう。また、ショートカクテルの「抹茶シェカラート」は、奏の抹茶とHAKUをシェイクすることで、茶筅で立てた濃茶をお酒バージョンでいただいたような濃厚な香りと高級感が味わえます。奏の柚子はストレートで飲んでみましたが、爽やかでビターな香りと味わいはまさに柚子そのもの。

ピエール・エルメが手掛けるスペシャルなマカロン

ピエール・エルメが手掛けるスペシャルなマカロン

この奏のために、レシピを考案したマカロンがピエール・エルメ・パリ 青山で限定発売。通常ピエール・エルメではマカロンにお酒を入れないのですが、今回は特別に3種それぞれの奏を味のアクセントとして使用しているそう。
「抹茶」はマロングラッセ入りのクリームと抹茶入りガナッシュが入っていて、香り高い抹茶とまろやかな栗が秋を感じさせる一品。「柚子」はゆず風味のホワイトチョコレートガナッシュにゆずの皮も入った、爽やかな中にもほんのりビター感のある大人の味。「白桃」がいちばん意外性のある味わいで、ガナッシュに入ったサフランの香りと桃のマカロン生地の組み合わせがユニーク。ドライアプリコットの食感もアクセントになっています。
どのマカロンも複雑な味と香りが絡み合い、一緒に奏のカクテルをいただくと、さらに口の中でハーモニーを奏でて味わいが広がっていきます。小さなマカロンなのに、3つ食べるとフルコースをいただいたかのような満足感があるのが不思議。

カクテルのトレンドも自然派・クラフト志向へ

奏に共通して感じられるのは、上品で奥行きのある味わいと自然かつ芳醇な香り、そしてほんのりとした甘み。天然の果実やお茶の葉をぎゅっと閉じ込めたようなお酒を造るには、大変な技術があるんだなーと感じます。ほかのリキュールをロックやストレートで飲むのは少し抵抗があるけれど、これだったらおいしく飲めます。これからの季節はホットミルクで割ってもおいしそう。

ひと昔前までは、鮮やかな色で甘~いカクテルが常識だったのが、近年は自然派ブームにのって、ロンドンから流行した「ミクソロジー」など生のフルーツやハーブなどを使ったカクテルがトレンド。この奏はまさにそのトレンドを象徴するようなお酒です。

海外からも注目されるジャパニーズクラフトのお酒

日本の職人によるクラフトワークは海外からも高く評価されているので、インバウンドや海外に向けての展開も大いに期待できるところ。今年から来年にかけてスポーツの祭典が目白押しの日本では、訪日外国人からブームの火が付く予感がします。
なかでも、海外から見ると白桃は日本ならではの希少な高級品というイメージがあり、空港の免税品店などではダントツ白桃が売れているのだとか。特に中国ではおめでたいフルーツとして人気があり、芳醇な香りと上品な甘さ、カクテルとしてアレンジがしやすいことなどで、ますます注目を浴びそう。

ピエール・エルメ・パリ 青山で奏とマカロンのマリアージュ

ピエール・エルメ・パリ 青山2F「Heaven」では、10月14日(月・祝)までの期間限定で、「ジャパニーズクラフトカクテルバー」として、奏のソーダ割やアレンジカクテルをはじめ、マリアージュマカロンとのセットなどが楽しめます。また、1階のブティックでは数量限定で「奏 Kanade マカロン」3個セットの販売も。

お酒の世界とスイーツの世界、それぞれの職人による伝統と技が生み出した味を、青山のスペシャルな空間で楽しめるのは貴重な体験。大人にしかできない極上のお酒時間を過ごしてみはいかがでしょうか。

イベントDATA

イベント名
ピエール・エルメ・パリ 青山×奏 ジャパニーズクラフトカクテルバー
開催場所
ピエール・エルメ・パリ 青山「Heaven」
東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山2F
アクセス/東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅B2出口から徒歩3分
開催日程
2019年9月27日(金)~10月14日(月・祝)
開催時間
17:00~21:00(LO20:00)、土・日・祝~20:00(LO19:00)
※Heavenの通常営業時間とは異なります。
MENU
<2階Heavenにて提供>
奏 Kanade マリアージュセット (柚子/抹茶/白桃) 1650円
奏 Kanade with Soda (柚子/抹茶/白桃) 550円
HAKU × 奏 Kanade 抹茶シェカラート 550円
ROKU × 奏 Kanade 柚子ジントニック 550円
HAKU × 奏 Kanade 白桃 スクリュードライバー 550円
※以上、サービス料(12%)別、メニューは変更となる場合があります

<1階ブティックにて販売>
奏 Kanade マカロン(3個セット) 1512円
電話番号
0354857766 0354857766
ホームページ
ピエール・エルメ・パリ 青山×奏 ジャパニーズクラフトカクテルバー

【特集】飲んだら幸せ!OSAKE JIKAN

今日は誰となにを飲む? 気の合う仲間と盛り上がったり、料理との組み合わせに感動したり、旅先で現地のお酒を試してみたり・・・。編集部が楽しい“OSAKE JIKAN”を紹介します。

WRITING/YUKO MUKAI(OZmall)

  • LINEで送る