星空を身近に感じるデートはいかが?「GW2018☆コスモプラネタリウム渋谷フェス」でロマンティックな時間を

忙しい毎日の中で、夜、ふと空を見上げると都会でも意外ときれいな星空に出会える。とはいえ、実際にはもっとたくさんの星がまたたき、私たちが見ることができない美しい光を放っている。そんな宇宙の神秘ともいえる星の世界を身近に感じられるのがプラネタリウム。「コスモプラネタリウム渋谷」では4月29日(日・祝)~5月6日(日)に「GW2018☆コスモプラネタリウム渋谷フェス」を開催し、スペシャルなプログラムを行う。

更新日:2018/04/24

6名の星空解説員が異なるテーマで行う「星空解説」で、新たな星の魅力に気が付く

4月29日(日・祝)、30日(月・祝)と5月3日(木・祝)~6日(日)の19時から行われる「星空解説」は、解説員それぞれの持ち味を生かした内容。4月29日(日・祝)は「くつろぎの星空」と題し、満天の星空を見上げ、ゆったりとした音楽を聴きながら過ごす。5月3日(木・祝)の「首都圏に残る北斗七星の謎」では、東京やその周辺に今も残る「北斗七星」に関するミステリーについて紹介。約40分のプログラムで、日によって異なる内容が楽しめる。

星空の下で楽しむスペシャルライブや、天体観望会でロマンティックな夜を過ごす

美しい星空と素敵な音楽の組み合わせは最高の時間。5月1日(火)、2日(水)の夜には、「プラネタリウムスペシャルライブ~星にねがいを」と題し、ボーカリストのKengoさんを迎え、プラネタリウムを鑑賞した後に星空の下でライブが楽しめる。ほかにも1日(火)16時からの「星空解説とインスタ映え画像を撮ろう」では、普段は写真撮影を禁止されることが多いプラネタリウムの中で、存分に星空の写真が撮れる。星空や星座、惑星などと自撮りすれば、インスタ映えすること間違いなし。4月29日(日・祝)、5月1日(火)、3(木)は屋上を開放し、天体望遠鏡で星空を観察できる「天体観望会」(無料・雨天中止)もあり、いろいろな形で星に親しむことができる。

ワークショップでは「星むすびのカード」と一緒に思い出を作ろう

GWの後半、5月4日(金・祝)、6日(日)はワークショップを開催。自分の手で星と星を糸でつないで「星むすびのカード」を作る。また、4~6日は星にまつわるグッズの販売もあり、アクセサリーやトートバッグなど、ここでしか手に入らないアイテムがずらり。星空を眺めるだけではない、音楽を聴いたり渋谷の街中から宇宙を感じたりするプラネタリウムデートで、ロマンティックな思い出ができそう。

【イベント情報】GW2018☆コスモプラネタリウム渋谷フェス

イベント名
GW2018☆コスモプラネタリウム渋谷フェス
開催場所
コスモプラネタリウム渋谷(東京都渋谷区桜丘町23-21)
開催日程
2018年4月29日(日・祝)~5月6日(日) ※5月1日(火)の休館日は特別開館
開催時間
「星空解説」4月29日(日・祝)、30日(月・祝)と5月3日(木・祝)~6日(日)19:00~(各回約40分)
「星空解説とインスタ映え画像を撮ろう」5月1日(火)16:00~(約40分)
「プラネタリウムスペシャルライブ」5月1日(火)、2日(水)19:00~(約40分)
「天体観望会」4月29日(日・祝)、5月1日(火)、3日(木)19:00~20:00
「星むすびのカードワークショップ」5月4日(金・祝)、6日(日)12:05~、13:05~、14:05~、15:05~、16:05~、17:05~、18:05~ ※各回定員6名。当日11:30より整理券配布、無くなり次第終了
料金
「星空解説」および「スペシャルライブ」大人600円、小中学生300円
「天体観望会」無料
「ワークショップ」200円
ホームページ
「GW2018☆コスモプラネタリウム渋谷フェス」公式HPを見る

【特集】2018年のゴールデンウィークは東京の青空の下で

5月1日(火)、2日(水)に休みをとれば、最大9連休になる今年のゴールデンウィークだけれど、国内旅行や海外旅行に行かずに、都内近郊でのんびり過ごす人も少なくないはず。せっかくのお休みなのに家にいるのはなんだかもったいない。東京の青空の下でいい1日を過ごせるおでかけをしてみませんか? そこで今回は、フォトジェニックなピクニックや手ぶらBBQスポット、花まつりほか、GWのイベントやおでかけスポットを紹介します。

WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る