ネモフィラ、チューリップなどが次々見頃に!国営ひたち海浜公園の「Flowering 2019」で、青い花と空と海のコラボにうっとり

ネモフィラ、チューリップなどが次々見頃に!国営ひたち海浜公園の「Flowering 2019」で、青い花と空と海のコラボにうっとり

あちこちで花の便りが聞かれる春。この時期だけの絶景を見たくて旅に出かけるなら、茨城県の国営ひたち海浜公園に注目を。

3月23日(土)から5月12日(日)まで春のイベント「Flowering 2019」を開催。期間中、園内では、チューリップやネモフィラの咲き誇る風景が楽しめる。なかでも、GW頃に咲きそろう青い花“ネモフィラ”が空と海の青と溶け合う絶景が楽しめるのは今だけ!

更新日:2019/04/11

茨城県・国営ひたち海浜公園「Flowering 2019」の魅力1

黄色のスイセンに、カラフルなチューリップ・・・国営ひたち海浜公園は春真っ盛り!

茨城県ひたちなか市の太平洋岸にある「国営ひたち海浜公園」は、四季折々の花が咲き誇る花の名所。春はいちばんにぎやかな季節で、3月下旬よりスイセン、チューリップ、そしてネモフィラなどが次々に満開となる。そんな春の花々を愛でるイベント「Flowering 2019」が3月23日(土)から5月12日(日)まで開催中。

なかでも、4月中旬から5月中旬に見られる真っ青なネモフィラの花畑は、一生に一度は見たい絶景といわれるほど有名。青空のもと、「みはらしの丘」の一面を青一色に染め上げる約450万本のネモフィラ、奥には太平洋のブルーが輝いて・・・。3つの青が溶け合う風景は圧巻。いつまでも記憶に残る旅になりそう。

茨城県・国営ひたち海浜公園「Flowering 2019」の魅力2

フォトジェニックなネモフィラカラーのソフトやラテも

ティータイムには、ネモフィラをモチーフにしたスイーツやドリンクはいかが?

園内の売店で購入できる「ネモフィラブルーソフト」(400円)は、さっぱりしたラムネ味。ジェラート感覚でいただけるから、ちょっと暑いこれからの季節にぴったり。

記念の森レストハウスには、「ネモフィラブルーラテ」(550円)も。青い花を咲かせるハーブ「バタフライピー」で淡い青色に色づけしたバナナミルク味のラテ。あっさりとした柔らかい甘味がネモフィラらしい爽やかさ。フィトジェニックなスイーツは、思わずパチリと撮影したくなる。

茨城県・国営ひたち海浜公園「Flowering 2019」の魅力3

ネモフィラの絶景を素敵に撮る!フォトセミナーも開催

幻想的なネモフィラの絶景を写真に残したい・・・。そんな人は、5月5日(日・祝)の10時から11時半に開催される「FLOWERフォトレッスン」に参加してみては!?

公園の風景を知り尽くしたフォトパートナーが、一緒に園内を歩き回りながら、撮影の構図やおすすめポイントなどを教えてくれる。

参加費は無料、定員20名なので早めに申し込みを。

イベント情報

イベント名
Flowering 2019
開催日程
2019/3/23(土)〜5/12(日)
開催時間
9:30~17:00
※4/27(土)〜5/6(月・祝)は7:30開園
料金
大人450円、中学生以下無料、65歳以上210円
ホームページ
「Flowering 2019」公式HP

国営ひたち海浜公園

スポット名
国営ひたち海浜公園
電話番号
0292659001 0292659001
住所
茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
営業時間
9:30〜17:00
※季節により異なる
定休日
毎週月(月曜日が祝日の場合、翌日の火曜)、12/31、1/1、2月の第1火曜からその週の金曜日
交通アクセス
品川駅より勝田駅までJR常磐線特急で約85分、勝田駅よりタクシーで約15分
駐車場
4350台、510円/1日
ホームページ
公式HP

【特集】カモン、新時代。ゴールデンウィーク2019

ゴールデンウィークのイベント・おでかけ2019

暦通り休めれば、2019年のゴールデンウィークは10連休。平成から新しい元号に変わる大きな節目のタイミングだからこそ、少しだけ時間を有意義に使って、“自分を高める時間”を過ごしてみてはいかがですか? 最大3日間で実現できる体験をはじめ、編集部注目のイベントやシーン別の過ごし方ガイド、話題のBBQやグルメ情報など、新しい時代が楽しみになるゴールデンウィークの過ごし方を一挙ご紹介します。

WRITING/KANO NUMATA

  • LINEで送る