人気ベーカリーのメロンパンが一堂に。東京・神田で日本最大級のメロンパンの祭典「メロンパンフェス2019」が開催

東京・神田「メロンパンフェス2019」

パン屋で見かけると、つい手が伸びるメロンパン。外はカリッ、中はふんわり・・・ほおばると幸せな気持ちになれる。

そんなメロンパン好きにうれしいお知らせ。5月4日(土)・5日(日)の2日間に渡り、東京・神田のアートスペース“3331 Arts Chiyoda”で日本最大級のメロンパンの祭典「メロンパンフェス2019」が開催される。全国より約20種のメロンパンが集結。ワークショップや展示もあり、メロンパン愛が一層深まりそう。

更新日:2019/04/25

プレーンタイプから変わり種まで。人気ベーカリーのメロンパンが一堂に

プレーンタイプから変わり種まで。人気ベーカリーのメロンパンが一堂に

第5回目、2年ぶりの開催となる今回のメロンパンフェスでは、プレーンのものから、メロンパンベーグルやキャベツメロンパンといった変わり種まで、バラエティーに富んだ約20種のメロンパンが揃う。

お店も、地方の有名なベーカリーを始め、東京からも世田谷の「サリュー」のリキュールが入った大人な味わいのメロンパンや、田園都市線江田駅からすぐの「ブーランジュリー ラ・ウフ」の自家製カスタードが入った上品な味わいのメロンパン、地元で長く愛される中野の「ボンジュール・ボン」のケーキのようなメロンパンなど、人気ベーカリーの自慢の逸品がずらり。メープル味にピーナッツ、いちご、チョコと、バリエーションも豊富で、ついあれこれ買い込んでしまういそう。

ところで、メロンパンフェスには毎回テーマが設けられていて、今回は「よりみち消費」とのこと。“よりみち消費”とは、一見最短ルートではなさそうだったり、「ただしさ」よりも「たのしさ」が基準になっているような道を選ぶことだそうで、当日会場内でも「よりみち」したくなるような、メロンパンに関する展示やコンテンツのあれこれが。ぜひ“心地のよい消費”を意識しつつ、メロンパンの奥深い魅力に触れてみて。

人気店より、店頭未発売のイベント先行発売メロンパンも登場

人気店より、店頭未発売のイベント先行発売メロンパンも登場

メイプルメロンパンでお馴染みの都内人気店「ボンジュール・ボン」が、会場にて、店頭未発売のメロンパンフェス×ボンジュール・ボンのコラボメロンパン「角煮チャーシューメロンパン」(イベント価格)を販売。

チーズを混ぜたメロン皮の中に、山椒と味噌で味付けした豚の角煮を入れたもの。甘じょっぱい味わいがクセになりそう。店頭未販売の味をいち早く味わえるというから、見逃せない!

モチモチふんわり。メロンパンの刺繍ブローチのワークショップも

モチモチふんわり。メロンパンの刺繍ブローチのワークショップも

コロンと丸くて、小さな格子模様と形がかわいいメロンパン。アクセサリーにしてもきっとかわいいはず! ということで催されるのが、刺繍作家のkana先生を迎えたメロンパンの刺繍ブローチ作りのワークショップ(2800円、約60分。要予約)。

羊毛を使い、まあるく仕上げたパンに、お好みのステッチでチクチク。いちごメロンパン、チョコメロンパン・・・チョコチップを入れてみたり、焦げ目をつけたり。おもしろくて、夢中になって、時間が経つのを忘れてしまうかも。

ちなみに、フェスに入場するには公式HPより事前チケットの購入が必要。チケットは2種類あって、自分の好きなメロンパンを買いたい人は1000円の入場料のみを、事前に性格診断フォームに回答すると性格の特性に合ったメロンパンが2個ついてくるユニークな方を選ぶなら、「処方メロンパン(2個)付き入場券」(2000円)をチョイスして。メロンパンのバリエーションに心踊り、ますます好きになってしまうかも。

イベント情報

イベント名
メロンパンフェス2019
開催日程
2019/5/4(土)~5/5(日)
開催時間
13:00~18:00会場(最終入場17:00)
※パンは各種数量限定で、なくなり次第終了
入場料
処方メロンパン2個付き2000円、コンテンツ体験のみ1000円(要事前申し込み)
ホームページ
「メロンパンフェス2019」公式HP

3331 Arts Chiyoda

スポット名
3331 Arts Chiyoda
電話番号
0368032441 0368032441
住所
東京都千代田区外神田6丁目11-14 2F体育館
営業時間
10:00~21:00
定休日
無休※お盆・年末年始を除く
交通アクセス
東京メトロ「末広町駅」4番出口より徒歩1分、東京メトロ「湯島駅」6番出口より徒歩3分
ホームページ
公式HP

【特集】カモン、新時代。ゴールデンウィーク2019

ゴールデンウィークのイベント・おでかけ2019

暦通り休めれば、2019年のゴールデンウィークは10連休。平成から新しい元号に変わる大きな節目のタイミングだからこそ、少しだけ時間を有意義に使って、“自分のためになる時間”を過ごしてみてはいかがですか? 最大3日間で実現できる “没頭体験”をはじめ、編集部注目のイベントやシーン別の過ごし方ガイド、話題のBBQやグルメ情報など、新しい時代が楽しみになるゴールデンウィークの過ごし方を一挙ご紹介します。

WRITING/KANO NUMATA

  • LINEで送る