さくら色のあぶらとり紙と母の日セットが丸の内限定で登場!よーじやショップ&カフェが期間限定オープン

今年のGWは、元号が平成から令和に変わり、皇居近辺ではさまざまな儀式や一般参賀、イベントも行われてお祝いムード満載。京都で生まれたあぶらとり紙の老舗「よーじや」も新元号を祝って、東京駅・丸の内仲通りにある「Marunouhi Happ.Stand&Gallery」に、5月7日(火)までの期間限定ショップ&カフェがオープン。お出かけついでに立ち寄ってみよう。

更新日:2019/04/24

さくら色の「あぶらとり紙」と「母の日セット」が限定販売
あぶらとり紙 さくら(3冊組)1155円

さくら色の「あぶらとり紙」と「母の日セット」が限定販売

京都の定番土産としても親しまれているよーじやの「あぶらとり紙」。潤いを残しながら余分な皮脂を取ってくれて肌あたりも優しいから、リピートするファンも多いのだとか。丸の内のショップ限定で、新元号のお祝いにもぴったりな日本の国花・さくらをあしらったあぶらとり紙が登場。ほのかなピンク色がかわいくて、使うのをためらっちゃうかも・・・。期間中各日300冊限定販売だから、ほしい人はお早目に!

【Marunouchi Happ.限定】母の日セット 4039円

他にも、日本の伝統色“深紅(ふかべに)”などを用いた口紅や、紅花と水のみを原料にして水溶きの量で色の変化を楽しめる「よーじや 京紅」など、よーじやおすすめのアイテムがラインナップ。また、あぶらとり紙、手鏡、ハンドクリームなどがセットになった丸の内店限定の「母の日セット」も登場。日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントしてみては。

左/よーじや特製カプチーノ 670円 右/わらびもちパフェ 810円

よーじや特製カプチーノでほっとひと休みしよう


ショッピングを楽しんだら、よーじやカフェでほっとひと休み。よーじやの顔として広く知られている手鏡に写る京女性の顔がラテアートになった「よーじや特製カプチーノ」をテイクアウトで提供。

また、もちもちのわらびもちとアイスに、京都の人気土産である八ッ橋をのせた「わらびもちパフェ」も登場。バニラ味または丸の内店限定の抹茶味のどちらかを選んで。

現在、関東エリアでは羽田空港と成田空港(免税コーナー)にしか店舗がないので、ぜひこの機会に丸の内限定ショップ&カフェに行って、京都の和を楽しんでみて。

イベントDATA

イベント名
よーじや 美粧品コレクション&カフェ in Marunouchi Happ.
開催場所
東京・丸の内仲通り Marunouchi Happ. Stand&Gallery
開催日程
2019年4月25日(木)~5月7日(火)
開催時間
物販10:00~20:00 ※4/27(土)~5/6(月)は11:00~
カフェ8:00~22:00 ※4/27(土)~28日(日)は11:00~、4/29(月)~5/6(月)は11:00~20:00
問い合わせ
03-6206-3343
ホームページ
よーじや公式ホームページ

会場DATA

スポット名
Marunouhi Happ.Stand&Gallery
電話番号
0362063343 0362063343
住所
東京都千代田区丸の内2丁目5番地1 丸の内2丁目ビル1F(仲通り側) Map
交通アクセス
東京駅から徒歩3分(皇居・東京駅丸の内南口すぐそば)

WRITING/AMI OYAMA(OZmall)

  • LINEで送る