2021年夏のトレンドヘアカラー20選!涼しげな透明感カラーからモテ色までご紹介

2021年夏のトレンドヘアカラー20選!涼しげな透明感カラーからモテ色までご紹介

PHOTO:HONEY omotesando

トレンドヘアに定評のあるヘアサロン「HONEY omotesando」の美容師・山下さんが、この夏注目のトレンドヘアカラーをご紹介! 透明感をかなえるカラーや愛されカラー、遊び心をプラスするインナーカラーなど、季節の変わり目のヘアチェンジにおすすめのスタイルが満載。流行のシアーなファッションにも映える理想の髪色で、旬度アップをかなえて。

更新日:2021/06/24

美容師注目!2021年夏のトレンドヘアカラーは?

「これまでは赤みを消すカラーが主流でしたが、今季はあえて赤みや黄みを引き出した“ハニーベージュ”や“オレンジブラウン”が流行の兆しです。
ファッションでは、透け感が魅力のシアー素材がトレンドとなっているので、淡いカラーのコーディネートと色みのあるヘアカラーの調和を楽しんで。
また、夏の涼しさを感じられるような透け感カラーの“オリーブグレージュ”や、遊び心をプラスした“インナーカラー”も注目です!」(山下さん)

【2021年夏】最旬トレンドカラーヘアカタログ20選

PHOTO:HONEY omotesando(表参道)

夏にぴったり!透明感のある「ベージュ」

■ハニーベージュ×ショートヘア
今季のトレンドヘアカラーとして注目の“ハニーベージュ”は、まろやかなイエローが髪の質感をやわらかく見せてくれるので、ふんわりとしたショートヘアにぴったり。透け感たっぷりの前髪&耳かけスタイルで、すっきりとした今年らしいシルエットに。

PHOTO:ALICe by afloat(自由が丘)

■ピンクベージュ×クアンクヘア
ベージュに赤みをほどよく加えたピンクベージュは、フェミニンな印象をアップ。肌の血色感も引き上げてくれるほか、小顔効果も抜群! 韓国スタイル“クアンクヘア”と合わせて、とことん大人かわいくキメよう。

PHOTO:loki(明治神宮前)

■オレンジベージュ×波ウェーブ
元気でヘルシーな雰囲気たっぷりで、顔まわりを明るく見せてくれるオレンジベージュ。ヘアアイロンで毛先を逃がしながら横巻きにすることで、ゆるやかなウェーブが完成。気張り過ぎないニュアンスヘアで今年らしくまとめて。

PHOTO:Harmonia 恵比寿(恵比寿)

■ミルクティーベージュ
ミルクティーのようなまろやかなカラーのミルクティーベージュは、透明感があり、やわらかな雰囲気を演出。ロブベースのふんわりとしたパーマスタイルを組み合わせることで、エアリーでやさしげなスタイルに。

PHOTO:Soleil(表参道)

■ブルージュ
ブルーとベージュを組み合わせたブルージュは、透明感あふれる色みが髪のツヤ感をアップし、肌の色もキレイに見せてくれるので、質感重視のロングとも相性抜群。美シルエットなくびれヘアと合わせて大人キレイにまとめて。

PHOTO:HONEY omotesando(表参道)

垢抜けスタイルがかなう「グレージュ」

■オリーブグレージュ×ウルフミディ
暗めの色みを好む人にぴったりなのが、オリーブグレージュ。透明感のあるオリーブをグレージュに混ぜることでマットな質感に。ビジネスでもOKな大人の暗髪はウルフミディとも相性抜群。ワンカールで動きをつけよう。

PHOTO:EMMA GINZA(東銀座)

■ナチュラルなグレージュ×くびれボブ
根強い人気を誇るグレージュカラーは、ベージュをやや強めに入れることでやわらかなニュアンスヘアに。透け感のある前髪と女性らしさを引き上げてくれる軽やかな外ハネスタイリングで、好印象な愛されヘアをかなえて。

PHOTO:Letit(代官山)

■グレージュ×ハンサムショート
透明感のあるグレージュにツヤ感のあるブルージュがプラスされることで、思わず触れたくなるような質感の髪に。落ち着いたカラーは大人のムードたっぷりのハンサムショートと合わせて、クールにキメよう。

PHOTO:Ari・gate daikanyama(代官山)

■ハイトーンのグレージュ×外ハネロブヘア
グレージュはシルバーのようなハイト―ンカラーに仕上げることで、ミステリアスな雰囲気を演出。ダメージが目立ちにくく、肌なじみがいいところも嬉しいポイント。自然な質感のくびれレイヤースタイルと合わせてラフな印象に。

PHOTO:ELEANOAH TOKYO(恵比寿)

■グレージュ×ブラウン
色みのしっかり入ったブラウンを加えることで、グレージュが大人かわいい印象に。顔まわりに入れたレイヤーと外巻きのサイドバングに、顔をぐっと小さく見せてくれる韓国スタイルのヨシンモリヘアを合わせて、いい女度をアップ。

PHOTO:HONEY omotesando(表参道)

美人ナチュラルな王道モテの「ブラウン」

■オレンジブラウン
ポジティブな印象で明るい雰囲気に見せてくれるオレンジブラウンは、オン眉前髪のミディアムヘアと合わせてポップに仕上げよう。きゅっとしたくびれシルエットで、キュートな雰囲気をプラス。

PHOTO:Michio Nozawa HAIR SALON Ginza(銀座一丁目)

■ナチュラルブラウン
ピュアであどけない雰囲気が魅力のナチュラルブラウンは、丸みを引き出すショートと合わせて清楚なイメージに仕上げて。グラデーションカットのひし形フォルムが顔まわりをキレイな形に見せてくれる。

PHOTO:CANAAN(明治神宮前)

■ベージュブラウン
ブラウンよりやわらかな質感が魅力のシアーなベージュブラウンは、ウルフカットと軽やかなパーマをプラスすることで外国人風のヘアスタイルに。ニュアンス感あふれるヘアでアンニュイな空気をまとって。

PHOTO:hair + resort valentine(池袋)

■ダークブラウン
光が当たる度、ほんのりブラウンを感じさせる赤み系のダークブラウンは、女性らしさをアップさせ、肌のトーンをキレイに見せてくれる。オイルで仕上げたウェットな質感のスタイリングで、今っぽさをプラス。

PHOTO:LallYou(錦糸町)

■ピンクブラウン
通常のブラウンより髪のツヤ感を引き出してくれるピンクブラウンは、パサつきや傷みをカバーしてくれる救世主カラー。女神のような巻き髪のヨシンモリヘアと組み合わせれば、大人の魅力たっぷりのスタイルに。

PHOTO:HONEY omotesando(表参道)

遊び心をプラスする「インナーカラー」

■ピンク×インナーカラー
甘めのピンクは、大人かわいいくびれレイヤースタイルと合わせて。ゆるやかなカーブから覗かせるインナーカラーで遊び心もプラス。上品なくびれシルエットにカジュアルなヘアカラーとオン眉前髪を合わせることで、流行のくびれヘアも周りと差のつくスタイルに。

PHOTO:HAIR STUDIO Reia(表参道)

■3Dカラー×インナーカラー
コンサバ感あふれる大人のタンバルモリにアクセントを加えるなら、3Dカラーを。ハイライトを入れることによって髪が立体的に見え、ボリューム感がアップ。王道の愛されスタイルに自分らしさをプラスしよう。

PHOTO:Maria by afloat(自由が丘)

■ハイトーン×インナーカラー
髪に思い切り遊びを取り入れたいならハイトーンのインナーカラーに挑戦するのがおすすめ。全体をブリーチするのは抵抗があるという人も、髪の内側に明るい色を取り入れるだけでグッとおしゃれな印象に。

PHOTO:ALICe by afloat(自由が丘)

■グレージュ×インナーカラー
チャレンジにちょっぴり勇気がいるインナーカラーも、ナチュラルなグレージュなら安心。ストレートな質感のロングヘアからちらりと見えるさりげないアクセントカラーで、周りと差をつけよう。

PHOTO:Lila by afloat(吉祥寺)

■バイオレット×インナーカラー
透明感のあるグレージュに赤みのあるバイオレットのインナーカラーをプラスすれば、ちょっぴり小悪魔感漂うトレンドのヘアスタイルに。ふんわりとした質感の内巻きミディアムヘアでほどよいやわらかさもキープ。

教えてくれたのは「HONEY omotesando」山下さん

リラックスムード漂うカフェのようなヘアサロン「HONEY omotesando」のスタイリスト。ナチュラルな中にも、程よく流行を取り入れたヘルシーなヘアスタイルが得意。女性目線の視点を活かしつつ、親身にカウンセリングしてくれる。

WRITING/TOMOMI NAKAMURA

  • LINEで送る
※記事は2021年6月24日(木)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP