若白髪の原因や対処法、予防法を徹底解説【美容皮膚科医監修】

若白髪の原因や対処法、予防法を徹底解説【美容皮膚科医監修】

10代、20代でも人によっては生えてくる白髪。若いときから生える白髪は“若白髪”と呼ばれており、年齢より老けて見られるだけでなく、仕事で苦労している、生活習慣が乱れているなど、ネガティブな印象を与えてしまう。そんな若白髪に悩む人へ、美容皮膚科「サマンサクリニック」の貞政裕子先生に聞いた、若白髪の原因や対処法、予防法をご紹介。

更新日:2020/12/10

若白髪とは?

若白髪の状態・できる仕組み

まだ若いのになぜ私だけ・・・と悩む人が多い“若白髪”。通常、髪は頭皮内での成長の過程でメラノサイト(色素細胞)で生成されたメラニン色素を取り込み、黒~褐色に色づき生える仕組みとなっている。ところが、細胞機能の低下によってメラニン色素が生成されなくなると、灰白色化が進み、白髪となっていく。
この灰白色化は30代後半から50歳前半に始まるのが一般的だけれど、体質や遺伝、生活習慣などによっては20歳前後から白髪が出現してしまう人もいる。

若白髪の原因

■ストレス
若白髪の原因として多いのがストレス。ストレスを抱えすぎると交感神経系が過剰に活性化し、神経伝達物質として働くノルアドレナリンが大量に放出。すると、色素幹細胞が過度に活性化され、急速に枯渇し、一気に白髪化することも。

■遺伝
若白髪は遺伝的要素も大きい。早老症と言われるいくつかの病気では、遺伝子の異常によってメラノサイトを生み出す色素幹細胞が早く枯渇するため、早くから白髪になってしまう。

■栄養不足
若白髪が生えにくい健やかな髪の成長には、栄養をしっかり摂ることが大切。最近では加工食品の普及によって十分な栄養を確保できなかったり、ダイエットによって栄養の偏りがあったりと、“隠れ栄養失調”の人が増えている。

■紫外線
紫外線によって頭皮で活性酸素が発生し、メラニン色素を作りだすメラノサイトを老化させたり、細胞内のDNAを損傷させてしまう可能性も。紫外線の種類にはUV-A、UV-B、UV-Cがあり、皮膚の真皮層まで浸透するUV-Aは若白髪が発生する原因のもとに。アウトドアの際は帽子を被って紫外線から頭皮を守ろう。

■ヘアカラー
若白髪の原因のひとつに、ヘアカラーも挙げられる。一般的なヘアカラーは、酸化染料とアルカリ剤が成分となる一剤と、酸化剤が成分となるニ剤を混ぜることで酸化反応を起こし、髪を染めている。その際に白髪の原因となる活性酸素が発生。若い頃から頻繁にカラーリングをしていると、頭皮に活性酸素が溜まり、若白髪に繋がってしまう。

若白髪の対処法

ヘアサロンでグレイカラー(白髪染め)をする

ファッションカラーは、鮮やかなカラーが楽しめるようにブラウンが少なく配合されているため、白髪を染めるには不向きのヘアカラー。対してグレイカラーは白髪を染めるためにブラウンが多く配合されたヘアカラーで、薬剤のパワーが強く、髪と頭皮のダメージは強いが、一度のカラーリングで白髪をしっかり染めることができ、色持ちが良いことがポイント。グレイカラーには明るい色もあるため、分け目や表面などに白髪がチラホラ出没し始めた人は、細かくハイライトを入れたり、ハイトーンカラーで全体の髪を明るく染めて、白髪自体を目立ちにくくさせるという方法も。

グレイカラーがおすすめのヘアサロン

ヘアサロンでイルミナカラーをする

白髪をカバーしつつ、クリアな発色やダメージを抑えたツヤ髪をめざしたい人におすすめなのが、イルミナカラー。髪への負担が少なく、ツヤと透明感が出るイルミナカラーは、グレイヘアをなじませながらおしゃれな仕上がりに。グレイカラーと比べると退色を早く感じやすいが、退色の仕方は自然なので色落ちも楽しめる。柔らかく淡い色味を出すのが得意で、明るめの印象に染めたい人にもおすすめ。

イルミナカラーがおすすめのヘアサロン

自宅でセルフカラーをする

白髪を染めたいけど、サロンに行くのは面倒。そんな人は、自宅でヘアカラーをするという選択も。現在は、ドラッグストアやネットショッピングで手軽にカラー剤を購入することができ、カラー剤の種類もさまざま。白髪をしっかりカバーしたい、ダメージを抑えたいなど目的に合ったものをチョイスして。

【セルフカラーの仕方】
1、くしで髪をとかす
2、ゴムやダッカールで髪をブロッキングする。耳前右、耳前左、後頭部上、後頭部下の4つに分けよう
3、フェイスライン、耳周り、首に保護クリームを塗る
4、後頭部下、後頭部上、耳前のブロックの順に髪の根もとにカラー剤を塗る。根もと全体に塗り終えたら、先ほどのブロックの順に髪の毛先までカラー剤を染布
5、キッチンラップを頭を覆うように巻いて、説明書に記載してある時間通りに放置する
6、キッチンラップを外してシャンプーでカラー剤をしっかり落とす。トリートメントなどアフターケアも忘れずに

自宅で白髪染めシャンプー、トリートメントをする

髪のダメージが気になる人や、白髪を自然にカバーしたい人は、手頃な価格で手に入って扱いやすい白髪染めシャンプーやトリートメントがおすすめ。カラー剤のように一度染めれば数日持つというものではなく、毎日使って徐々に染めていき、カラーの退色具合に合わせて使うことができる。染毛力は強くないため、白髪をしっかり染めたいという人はカラー剤を選択しよう。

若白髪の予防法

ストレスの解消

大きなストレスが加わると交感神経系が過剰に活性化され、神経伝達物質として働くノルアドレナリンが大量に放出。この物質は、色素幹細胞を過度に活性化させ急速に枯渇させるため、白髪になるのを促してしまう。自分にぴったりなストレス解消法を見つけて、ストレスフリーな生活を送ろう。

食生活の改善

1日3食、栄養バランスの良い食事を心がけることも大切。髪に良いとされる栄養素も積極的に摂取しよう。

■亜鉛
髪の毛の原料となるタンパク質の合成に必要
多く含まれる食品:牡蠣、レバー、高野豆腐など

■ビオチン
皮膚や粘膜の新陳代謝を改善し、頭皮の健康状態を維持する
多く含まれる食品:レバー、卵黄、玄米、キノコ類、豆類、貝類など

■パントテン酸
糖質や脂質、タンパク質の代謝とエネルギー酸性に不可欠な酵素を補助する
多く含まれる食品:卵、牛乳、レバー、納豆、きな粉、ピーナッツ、干し椎茸、鮭、鰯など

■L-シスチン
髪を構成するタンパク質の主要なアミノ酸
多く含まれる食品:牛肉、羊肉、牛乳、鮭、オートミール、小麦粉など

■ビタミンE
血流を良くする
多く含まれる食品:ウナギ、アーモンド、アボカドなど

早寝早起きをする

朝は太陽の光を浴び、夜は早く寝るというのも白髪予防に効果的。睡眠ホルモンである“メラトニン”は朝目覚めて光を目に受けて14~16時間後に分泌される。髪の毛のダメージを修復したり、新陳代謝の正常化を促す成長ホルモンは夜の深い睡眠となった頃に多く分泌されるが、この分泌量は“メラトニン”による影響が大きい。朝しっかり光を浴びなかったり、深夜まで起きていると成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうので早めの就寝を心がけて。

頭皮マッサージをする

若白髪を増やさないためには、頭皮環境の保持を徹底することが大事。いちばん簡単な方法は頭皮マッサージ。特に頭皮の硬い部分は指でよく揉みほぐし、血流の良い状態を保ってあげるだけでも、頭皮に栄養が巡りやすくなり、若白髪予防に効果的。

【頭皮マッサージの仕方】
1、首を大きくゆっくり動かして首のリンパの流れを良くする。肩も大きく前から後ろ、後ろから前へ動かして
2、指の腹で生え際から頭頂部にかけてゆっくりと引き上げて2~3秒キープ。5回ほど繰り返す
3、指の腹を耳の上あたりに置いて、円を描くようにもみほぐす
4、左右から頭を包みこむように両手の指の腹を置いて、頭頂部にかけてゆっくり引き上げて2~3秒キープ。5回ほど繰り返す
5、頭全体を指先で軽くトントンとタップする

白髪予防のヘアケアアイテムを使う

ストレスが原因の若白髪の場合は、アロマの香りなど癒される香りのシャンプー、トリートメントを使用しよう。若白髪予防に良いとされる成分は、メラニンの生成を活性化する作用がある「ヘマチン」や、髪の毛根部にあるメラノサイトを増加させメラニンの合成を促す「メリタン」、髪の成長期を伸ばす作用がある「アデノシン」、血行の促進や細胞分裂の活性化作用がある「センブリエキス」などさまざまある。シャンプーやトリートメントに含まれているか成分表を確認して、自分にぴったりのヘアケアアイテムを習慣的に使おう。

クリニックでケアする

クリニックでは、若白髪にも効果が期待されている「育毛用ペプチドの注射(ヘアフィラー)」や、頭皮の血流を良くしたり、毛乳頭や細胞の活性化を図る「医療用LED照射」など、若白髪ケアに効果的な施術がたくさん。医師の診断のもと、自分にあった治療を取り入れよう。

若白髪のQ&A

若白髪と白髪の違いはなんですか?

髪の状態は同じですが、原因が異なります。若白髪は遺伝やストレス、栄養不足、睡眠不足などが原因となりますが、白髪は老化による現象。ストレスや生活習慣の乱れなども関係して、白髪が生え始める年齢や増えるスピードが変わってきます。

若白髪は黒髪に戻ることはありますか?

遺伝的な若白髪の場合は難しいですが、栄養不足や睡眠不足、ストレスなどの影響でメラノサイトの働きが鈍っている場合で発生する若白髪は、働きを取り戻せば黒髪に戻る可能性があります。加齢による白髪に比べて改善しやすいため、希望を捨てずにケアしましょう。

白髪を抜くと増えるのは本当ですか?

抜いたことが原因で増えることはありませんが、抜くことで毛根が痛み、再生した白髪が波状にうねるなど変形してしまい、黒髪の中で目立つようになることは多いです。頻繁に抜き続けていると薄毛に繋がるので注意が必要です。

アルコールが白髪の原因になるというのは本当ですか?

アルコールを頻繁に大量摂取すると、肝障害を起こし、タンパク質の生成がうまくできず、薄毛や白髪になりやすくなることがあります。お酒は適度に休肝日を設けましょう。また、飲酒は睡眠の質を悪化させ、睡眠中に分泌される成長ホルモンが減り、白髪に繋がります。

教えてくれたのは「サマンサクリニック」貞政裕子先生

サマンサクリニック院長。医学博士、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。大学病院での長年の勤務の後、有名美容皮膚科クリニックにて勤務。サマンサクリニックでは、練馬高野台、富士見台など地域に密着した「お肌のかかりつけ医」として、親身でやさしい診療を行う。

WRITING/KANO NUMATA

  • LINEで送る

TOP