頭皮の臭いを消す・抑えることはできる?皮膚科の先生に聞いた頭皮の臭いの原因と対策

ちゃんとシャンプーをしているのに、頭皮の臭いが気になる・・・と悩んでいる人も多いのでは。頭皮の臭いのケア方法を「はなふさ皮膚科」の理事長・花房火月先生に教えていただきました。頭皮の臭いの原因や対策方法を紹介するので、頭皮の臭いが気になっている人はチェックしてみて。

更新日:2021/02/12

今回お話を聞いたのは・・・はなふさ皮膚科 花房火月さん

医療法人社団 清優会 理事長 東京大学医学部卒業後、癌研究会有明病院、東京大学医学部附属病院皮膚科、NTT東日本関東病院皮膚科を経てはなふさ皮膚科を開設。The Japan Times紙の『アジアの次世代を担うリーダー100人(100 Next-Era Leaders in Asia 2015-2016)』に選出。
はなふさ皮膚科 三鷹院、新座院、国分寺院、久我山院、志木院の5院を開設し、皮膚腫瘍を中心に皮膚疾患を幅広く受け入れているクリニック。皮膚腫瘍の治療のため全国から患者が訪れており、保険診療だけでなく美容診療も行っている。

1.頭皮の臭いの原因とは

1-1.加齢

頭皮の臭いが気になる原因として、加齢臭があげられる。年齢を重ねていくと、脂肪酸の組成が変化し、皮脂に9ヘキサデンという脂肪酸が多く含まれるように。その脂肪酸が酸化することで、加齢臭の原因である「ノネナール」という物質が発生する。

人によって異なるが、20代~30代よりも、40代以降になると加齢臭が発生する可能性が高くなる。

1-2.不適切な頭皮ケア

不適切な頭皮ケアが習慣になっていると、頭皮から臭いが発生する可能性も考えられる。頭皮の皮脂分泌や雑菌が付くことは誰にでもあるため、悪臭になるかそうではないかはケアによる差が大きい。

例えば、毎日のシャンプーは特に大切で、皮脂を適切に洗い落とせていなかったり、頭皮を傷付けるような洗い方をしたら、雑菌が繁殖してしまい臭いが出てしまう。

また、頭皮には汗腺が多くその分汗も出やすい。汗の中にも脂肪酸、タンパク質、アミノ酸が含まれているため、比較的臭いが発生しやすい箇所ともいえる。

1-3.頭皮の病気

頭皮が病気にかかって荒れている場合は、細菌の量が多いことが多い。湿疹やかぶれや脂漏性皮膚炎など、皮膚の表面の雑菌の量が増えれば、その分脂肪酸が分解されて臭いが発生しやすくなる可能性も。

(よくある頭皮の病気)
■脂漏性皮膚炎:頭皮や顔面など、皮脂分泌が多い箇所にでやすい湿疹
■湿疹・かぶれ:皮膚に炎症がおこり、赤みや腫れ、かゆみを伴う症状
■尋常性乾癬:赤い斑点ができてかさぶたのようなものに覆われる症状

かゆみや赤み、かさぶたなど、頭皮にトラブルがある人は、早めのケアを検討してみて。

2.1000人以上の読者にアンケート。頭皮の臭いの実態は?

読者のリアルなお悩み事情を大調査。頭皮の臭いについてどんな悩みを抱えている?取り入れている対策方法は?みんなの頭皮の臭いの実態をチェックしよう。(n=1380 2021/1/26~2021/2/16 オズモール調べ)

Q.自他を問わず、頭皮や髪の毛の臭いが気になったことはある?

半数以上が気にしている!

本アンケートでは、半数以上が臭いを気にしたことがあるという結果に。生活の中で食事やたばこなどの臭いが移ってしまうこともあるため、気になると感じるシーンは意外と多いのかも。

Q.どんなときに頭皮や髪の毛の臭いが気になる?

時間の経過が大きな要因

洗髪してから時間が経過してしまうと汚れや臭いが残りやすいため、「お風呂に入れなかったとき」や「夕方以降」に気になる人が多いよう。3位の「電車に乗っているとき」では、人との距離が近くなってしまう場面でも気になる人が多いことがわかる。

Q.頭皮や髪の毛の臭いを抑えるための対策があれば教えて

シャンプーを替えている人多数!

臭い対策は人によっても異なるためか、対策をしていない人も多いよう。3位には「シャンプーの回数を増やす」との回答もあったが、人によって皮脂の分泌量や汗の量は異なるため、間違った認識のまま対策しないよう注意が必要。

3.家庭でできる頭皮の臭いを防ぐための対策

3-1.自分に合ったシャンプーを使う

シャンプー選びは、頭皮の臭い対策において大切なポイント。合わないシャンプーを使っていると、頭皮トラブルを招き、間接的に臭いの発生につながることも考えられる。

なおシャンプーの洗浄剤は、アミノ酸系や石けん系、高級アルコールといった洗浄成分に違いがあるが、一概にどれがいいというものではない。

(シャンプーの種類)
・アミノ酸系:洗浄力が低い
・高級アルコール系:洗浄力が高い
・石けん系:洗浄力が高い

シャンプーは、洗浄力と肌への負担がトレードオフの関係のため、自分にあったタイプを使うのがおすすめとのこと。例えば、肌がデリケートな人ならアミノ酸系、汗をかく機会が多い人なら石けん系などを使うのもよい。

特に脂性肌で皮脂が多い人は、シャンプーの回数を増やすことで臭いの原因をカットできる場合もある。自分にあったシャンプーの頻度を探してみて。

レコメンドアイテム

頭皮が気になる男性へ。「サクセス薬用シャンプー」でフケ、かゆみ、汗臭をケア

サクセス独自の「直(ジカ)シャン」ノズルを採用し、洗浄液を直接頭皮につけて洗い上げ、毛穴につまったアブラやベタつくワックス、汗臭もスッキリ落とす。新開発のミクロ分解テクノロジーによって、3秒での泡立ちも実現ちも実現。30代以降の頭皮が気になる男性にぴったりなアイテム。

3-2.正しい方法でシャンプーする

特に大切なのは、頭皮の毛穴まできれいに洗うこと。毎日ちゃんとシャンプーしているつもりでも、やり方を間違えてしまうと、雑菌などが残り臭いの原因になる可能性も。

おすすめの洗い方は、毛穴の汚れを絞り出すようなイメージで、頭皮をマッサージして洗い上げるようなやり方。指の腹でわさわさとこするだけだと、毛穴の汚れや皮脂までは洗えていないので、臭いが発生する場合もある。

髪の毛だけをさらっと洗っている人や、ゴシゴシ雑に洗ってしまう人は多いので、正しい染髪で頭皮の毛穴まできれいにしよう。

3-3.頭皮と髪の毛をしっかり乾かす

シャンプーした後に、濡れた状態で放置してしまうと、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまう。繁殖した雑菌がにおいの原因となる物質を出してしまうので、きちんとドライヤーで乾かすことが大切になる。

また、生乾きの状態で放置してしまうと、頭皮が痛みやすい傾向に。それが習慣になってしまうと、かゆみや赤みなど、頭皮トラブルを招く恐れもあるので、シャンプー後はドライヤーで乾かす習慣を付けよう。

3-4.生活習慣を整える

例えば、動物性たんぱく質を多く摂取していると、皮脂の分泌量が多くなり、雑菌の餌が増えてしまう。その結果、脂肪酸が発生してすえた臭いの原因になる。

一般的に皮脂分泌量のコントロールによいとされているのは、ほうれん草や豚肉などに含まれるビタミンB群とされている。バランスのよい食事を心がけて、健康的な食生活を送ることが大切。

また、慢性的なストレス下におかれると、皮脂分泌量が増加する傾向にある。そのため、ストレスに直結する睡眠の質も大切で、一般的には7時間程度がよいとされている。人によって睡眠の適正量が異なるので、自分にあった睡眠時間を見つけよう。

3-5.運動やお風呂で汗をかく

汗をかく習慣は、体臭を防ぐ上でとても大切。習慣的に汗をかいていると、汗から排出される脂肪酸、たんぱく質、アミノ酸などの量が減る。汗は血液がろ過されたものであり、日ごろから汗をかくことによって、どんどんろ過性能が上がる。そして、しだいに不純物がなくなり、サラッとした汗に代わっていく。

例えば、普段からスポーツをしている人の汗は、不純物が少なく臭いにくい傾向がある。一方で、日頃から運動をしていない人は、ろ過の性能が悪く、体臭がきつくなりやすいとのこと。

一般的な目安としては、週3回以上、30分以上の有酸素運動が望ましい。湯船につかる習慣や運動する習慣をつけて、普段から積極的に汗をかこう。

4.編集部おすすめアイテム

花王

サクセス 薬用シャンプーレギュラー

400ml 712(Amazon)円

おすすめポイント

・頭皮に直接塗布する“直シャン”タイプ
・有効成分がフケやかゆみを防ぐ
・臭いまですっきり落として健やかな頭皮環境へ

フケやかゆみなどの頭皮トラブルを予防するシャンプー。有効成分「ピロクトン オラミン」が、汗臭を防ぐ。

地肌にノズルを直接あてて使う“直シャン”タイプ。さらさらな液体が頭皮全体に行き渡ったら、指の腹で優しくマッサージするようにして泡立てるのがポイント。

濃密な泡が毛穴の奥の皮脂汚れや、ワックスまでしっかりと洗い落とす。天然ユーカリエキス(保湿剤)を配合しているのも嬉しい。

バルクオム

THE SHAMPOO

200g 3300円

おすすめポイント

・頑固な頭皮汚れを落とす
・少量で素早く泡立つ
・頭皮や毛髪に潤いを与える

スキンケアの視点で開発されたアミノ酸系シャンプー。植物性のクレンジング成分が、整髪料や皮脂汚れをすっきり洗浄する。

また、重く粘りのある濃密泡がシャンプー時の摩擦を軽減。少量で素早く泡立ち、臭いの元になりやすい頑固な油性汚れを効率よく絡め取る。

フローラルフルーティー香りで、さわやかな気分に。洗浄力と保湿力に優れ、健やかな頭皮環境に導く。

クワトロボタニコ

ボタニカル スカルプ&ヘアシャンプー

250ml 2035円

おすすめポイント

・96%以上天然由来成分で構成されたアミノ酸系シャンプー
・ボリュームのある印象に導く
・エキゾチックで爽やかな香り

96%以上が天然由来の成分で作られた、植物由来のスカルプシャンプー。頭皮へのストレスを抑えたアミノ酸系洗浄成分「ココイルグリシンK」を配合。豊かな泡立ちと優れた洗浄力があり、整髪料や汚れを洗浄する。

「オタネニンジン根エキス」「チョウジエキス」など4種類の植物エキスを配合し、フケやかゆみ、乾燥やベタつきを抑える。頭皮を健やかに整え、ハリのある毛髪に。

レモングラスの天然精油をベースに、ブラックペッパーのアクセントをきかせたエキゾチックな香り。いい匂いが長続きし、頭皮の臭いを抑制する。

5.頭皮の臭いにまつわるQ&A

すぐに頭皮の臭いをケアする方法はある?

臭いを消すためには頭皮を洗うべきです。髪の毛が短い人であれば、濡れたタオルで頭皮を拭うことで臭いの軽減につながる可能性もあります。毎日のケアを大切にして、なるべく臭いが発生しない状態をキープしましょう。

加齢臭の場合はどうしたらいい?

加齢臭についても、脂肪酸が分解されることによって臭いにつながるため、臭い発生の原理は同じです。そのため、毎日のシャンプーや、自分にあった食生活、適切な睡眠量などが大切になります。普段からできるケアを心がけて、臭いが発生しにくい頭皮環境をキープしましょう。

体質による場合も多いの?

脂性肌で皮脂分泌が多い場合には、その分臭いが発生しやすい可能性も考えられます。そういった場合には、シャンプーの回数を増やすなどして、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

また体臭の原因として多い「ワキガ」に関しては、頭皮にはワキガ臭の原因となるアポクリン腺が少ないため考えにくいです。頭皮の臭いは、脂肪酸を雑菌が分解して、すえたような臭いを発生するケースが大半となります。

女性よりも男性の方が皮脂分泌が多く、その分臭い発生につながる可能性も考えられるので、適切なケアをするのが大切です。

今回お話を聞いたのは・・・はなふさ皮膚科 花房火月さん

医療法人社団 清優会 理事長 東京大学医学部卒業後、癌研究会有明病院、東京大学医学部附属病院皮膚科、NTT東日本関東病院皮膚科を経てはなふさ皮膚科を開設。The Japan Times紙の『アジアの次世代を担うリーダー100人(100 Next-Era Leaders in Asia 2015-2016)』に選出。
はなふさ皮膚科 三鷹院、新座院、国分寺院、久我山院、志木院の5院を開設し、皮膚腫瘍を中心に皮膚疾患を幅広く受け入れているクリニック。皮膚腫瘍の治療のため全国から患者が訪れており、保険診療だけでなく美容診療も行っている。

  • LINEで送る

TOP