【8月1日(水)花火】荒川の台船から打ち上がるスターマイン!夜空&水面に約4000発が咲き乱れる「江東花火大会」

提供:江東区広報広聴課

芝生の広場や護岸などにシートを敷き、ゆったり見物できるのが特徴の「江東花火大会」。打ち上げ数は約4000発、荒川に浮かべた台船から次々と上がるスターマインは見もので、メイン会場の河川敷までは150mという近さだから臨場感たっぷり。川面に映える花火も情緒があり、豪華さと雄大さが堪能できる。

更新日:2018/06/27

台船から次々と打ち上がるスターマインに感動!納涼感と臨場感が一体となった下町の花火

砂町に住む人々から愛され育てられ、大きくなった花火大会。打ち上げ数は約4000発と、他の花火大会と比べると決して多くはないけれど、荒川に浮かぶ台船からスターマインが連続で打ち上がる光景は圧倒的。

屋形船が川に浮かぶ情緒あふれる光景と、電車や道路などが照らしだす都会の明るさとの融合も見物で、水面に映しだされる花火の光も美しい。

都内ではめずらしい最大4号玉の大玉が上がり、これらの打ち上げを担当するのは江戸時代より続く“かぎや”の掛け声でおなじみの老舗「宗家花火鍵屋」。下町の風情を感じながらのんびり夜空を眺めてみて。

【花火をキレイに観るベストスポットは?】シートを持参して荒川・砂町水辺公園からのんびりと見物しよう

南砂町駅から荒川・砂町水辺公園までは徒歩15分。打ち上げ場所からわずか150mという至近距離で、花火を近くで感じながら大迫力の光景が楽しめる。

有料席の設定はないけれど広大な敷地のためスペースが確保しやすく、また平日開催ということもあり、東京都内で開催される花火大会の中では比較的ゆるやかに過ごせそう。

芝生や護岸などに持参したシートを広げて鑑賞したり、屋形船から優雅に眺めるのもおすすめ。

【東京・南砂町】第36回江東花火大会

イベント名
第36回江東花火大会
開催場所
荒川・砂町水辺公園
開催日程
2018/8/1(水) ※小雨決行、荒天(風速7メートル以上)等の場合は中止
開催時間
19:30~20:30(打ち上げは19:40から)
交通アクセス
東京メトロ東西線「南砂町駅」より徒歩15分
打ち上げ数
約4000発
昨年の来場者数
約30万人
電話番号
0336474963 0336474963 江東区地域振興課区民交流担当
ホームページ
第36回江東花火大会の詳細はこちら

夏だけの特別な夜を楽しもう。東京&関東の花火大会2018

2018年の夏に開催される、東京・関東の花火大会情報をお届け。開催日カレンダーや人気ランキングのほか、花火をゆったり鑑賞できるおすすめのレストラン情報も。今年は、彼や家族、仲間と一緒に、感動的な夏の風物詩を体験しよう。

WRITING/YUKI HORIE

  • LINEで送る