【8月4日(土)花火】対岸ではもうひとつの花火大会が同時開催!競うように咲き誇る「戸田橋花火大会」

荒川対岸の「いたばし花火大会」と同時開催される「戸田橋花火大会」。都や県の垣根を越えてタッグを組み、両岸合わせて約1万2000発の花火が次々と打ち上げられる。なかでも荒川河川敷の広いスペースだから上げられる特大の尺玉と、色鮮やかなウルトラスターマインは見もの。打上げ場所と観覧場所との一体感が高いので、頭上で花火を鑑賞しているかのようが臨場感が味わえる。

更新日:2018/06/27

2大会が同時開催!伝統を守りながら現代的な要素も取り入れた質の高いプログラム

荒川を挟んで対岸の「いたばし花火大会」と連携した迫力あるプログラムが魅力。同時開催の歴史も今年で65回目と長く、夏の風物詩として地元の人々に世代を超えて語り継がれている。

都内でも数少ない大迫力の尺玉と、現代的なスターマインを組み合わせることでメリハリが生まれ、フィナーレを飾るウルトラスターマインでは会場中から自然に歓声と拍手が沸きおこる。

打ち上げ場所と観覧場所との一体感があり、体の芯で音を感じながら頭上で大輪の華が咲くかのような臨場感が楽しめる。

【花火をキレイに観るベストスポットは?】荒川河川敷の土手に腰をおろしてゆっくり花火鑑賞

戸田橋上流の荒川河川敷までは戸田公園駅から徒歩約20分ほどで、混雑時には徒歩約40分。

特に打ち上げ場所の東側は毎年混雑するため、比較的余裕をもって楽しめる西側(ボートレース戸田方面)に回るのがおすすめ。また、板橋側荒川上流の野草広場や芝生広場からも鑑賞OK。

いずれも会場となる土手は座りやすい階段状に整備されているので、腰をおろしてゆっくりと花火鑑賞を楽しんで。

人気大会だからこそ有料指定席を活用しよう!人数に合わせて芝生or土手の階段席をリザーブ

毎年混雑がまぬがれない人気の大会だからこそ、場所取りの心配がなくのんびりと鑑賞できる有料指定席はおすすめ。

シングル席、ペア席、4人席、グループ席がそれぞれ芝生や土手の階段に用意される。市内所定の販売所や公式サイトをチェックして、早めにチケットを確保しておくのが安心。

【埼玉・戸田橋公園】第65回戸田橋花火大会

イベント名
第65回戸田橋花火大会
開催場所
国道17号戸田橋上流戸田市側荒川河川敷
開催日程
2018/8/4(土)※荒天の場合は翌5日(日)に順延、両日とも実施できない場合は中止
開催時間
19:00~20:30
交通アクセス
JR埼京線「戸田公園駅」より徒歩約20分(混雑時約40分)
打ち上げ数
両岸合計約1万2000発(戸田市側約6000発)
昨年の来場者数
約45万人
電話番号
0484310206 0484310206 第65回戸田橋花火大会実行委員会事務局
ホームページ
第65回戸田橋花火大会の詳細はこちら

夏だけの特別な夜を楽しもう。東京&関東の花火大会2018

2018年の夏に開催される、東京・関東の花火大会情報をお届け。開催日カレンダーや人気ランキングのほか、花火をゆったり鑑賞できるおすすめのレストラン情報も。今年は、彼や家族、仲間と一緒に、感動的な夏の風物詩を体験しよう。

【2018年夏】東京・関東近郊の花火大会リスト

WRITING/YUKI HORIE

  • LINEで送る