【8月4日(土)花火】“黄金の空中ナイアガラ”が横須賀の夜空を彩る!水中花火も豪華な「よこすか開国祭 開国花火大会2018」

ペリーが浦賀沖に来航し、久里浜に上陸してから150周年の節目にあたる2003年よりスタートした「よこすか開国祭」。イベントを盛り上げるのに欠かせない花火大会では、スターマインや水中花火、日本花火の伝統的な尺玉、バラエティ豊かなキャラクター花火など約5000発が打ち上げられる。横須賀港の静かな海を前に、三笠公園やうみかぜ公園からのんびりと夜空を見上げる癒しのひとときを満喫して。

更新日:2018/07/11

水中花火から空中ナイアガラまで、夏の横須賀港を美しく彩る約5000発の花火ショー

30分間で約5000発を連続して打ち上げる濃密なプログラム。三浦半島最大級の大きさを誇る尺玉や、夜空が華やぐスターマイン、海の上で大きく花開く水中花火などが見どころ。

なかでもフィナーレを飾る「黄金の空中ナイアガラ」は圧巻。落差450mの空中から枝垂れ花火が一斉に点火され、よこすか開国祭を締めくくるにふさわしい美しい光景が夜空を彩っていく。

【花火をキレイに観るベストスポットは?】お祭りムード満点のうみかぜ公園または芝生でくつろぐ三笠公園へ

横須賀中央駅より徒歩25分ほどの各公園からのんびり鑑賞。もっとも多くの人でにぎわううみかぜ公園周辺には、屋台が多く出店されるためお祭り気分を楽しみたい人におすすめ。

比較的ゆっくり過ごせることが多い三笠公園からは芝生に座ってまったりと見物できる。また、場所取りの心配なく視界良好なエリアを確保したいなら市民協賛観覧席を利用するのも◎。

チケットサイトのほか、会場付近の取り扱い店でも販売されているので早めにチェックしておこう。

【神奈川・横須賀】開国花火大会2018

イベント名
開国花火大会2018
開催場所
三笠公園、うみかぜ公園など
開催日程
2018/8/4(土)※荒天中止
開催時間
19:15~19:45
交通アクセス
京急本線「横須賀中央駅」より徒歩20分
打ち上げ数
約5000発(尺玉30発)
昨年の来場者数
20万1000人
電話番号
0468228301 0468228301 横須賀観光インフォメーションスカナビi(10:00~18:00)
ホームページ
開国花火大会2018の詳細はこちら

夏だけの特別な夜を楽しもう。東京&関東の花火大会2018

2018年の夏に開催される、東京・関東の花火大会情報をお届け。開催日カレンダーや人気ランキングのほか、花火をゆったり鑑賞できるおすすめのレストラン情報も。今年は、彼や家族、仲間と一緒に、感動的な夏の風物詩を体験しよう。

WRITING/YUKI HORIE

  • LINEで送る